2017年9月29日 更新

低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで燃費がよくなると言われていますが、本当によくなるのでしょうか。低燃費タイヤにはどのような効果があるのか、そのメリット、デメリットとあわせて調べてみました。

20,297 views

低燃費タイヤを履くことで、本当に燃費が変わるのか?

最近、低燃費タイヤのCMを目にすることが多くなりました。燃費を少しでもよくしたいと思うのは、全てのドライバーの願いですが、そもそも低燃費タイヤとは、どんなタイヤなのか。そして、実際に燃費性能の向上に効果があるのか、正しく理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。そこで今回は、低燃費タイヤの効果についてリサーチしてみました。
thinkstock (66252)
低燃費タイヤとは、低燃費性(転がり抵抗性能)と安全性(ウエットグリップ性能)が、それぞれの基準値をクリアしているタイヤのことです。この基準は、JATMA(一般社団法人日本自動車タイヤ協会)が策定している等級制度によります。また、「エコタイヤ」という呼び方もあるようです。

低燃費タイヤは、転がり抵抗を少なくしたタイヤで、普通のタイヤよりも少ないパワー(エネルギー)でタイヤが回るということです。実際に低燃費タイヤを履かせると、燃費がどれくらい向上するのかを計測したデータがあるので、ご紹介しましょう。計測環境は、高速周回路を80km/hで50kmの走行。スポーツタイヤ、標準的なタイヤ、低燃費タイヤそれぞれの燃費を計測したところ、スポーツタイヤが14.5km/L、標準的なタイヤが16.7km/L、低燃費タイヤが17.6km/Lという結果が出ました。やはり、低燃費タイヤは、燃費向上に効果があると言ってよいようです。
低燃費タイヤは、普通のタイヤに比べてよく転がるように設計されているので、同じ量のガソリンで比較しても、より移動距離が進むように作られています。そこで気になるのが、「よく転がるということは、低燃費タイヤはブレーキが効きにくいのでは?」という点でしょう。しかしご安心下さい。標準のタイヤと同じくらい、ブレーキはしっかりと効きます。それを可能にしたのが、ウエットグリップ性能です。ウエットグリップ性能とは、雨などで路面が濡れている時、タイヤの溝などで滑りにくくする性能のこと。グリップ力があると滑りにくい=転がりにくくなるので、転がり抵抗が増えるというわけです。

低燃費タイヤのメリット・デメリットとは?

低燃費タイヤの導入を考えている人にとって気になる、低燃費タイヤのメリットとデメリットについて、まとめてみました。

〈低燃費タイヤのメリット〉

・燃費性能が向上する

低燃費タイヤというぐらいですから、これは当然のメリットですね。いわゆるノーマルタイヤと比較した場合、5%ほどの燃費向上が期待できます。この数値、少ないように感じるかもしれませんが、例えば平均燃費が10km/Lのスポーツセダンに乗っているとしたら、さらに500m走行できるということです。また、フィットやアクアなど平均20km/L以上の車種なら、1km以上走れる計算になります。新品の低燃費タイヤを装着してから、交換するまで3万〜4万km走ると考えると、大きな差になります。

・ウエット時のグリップがよくなる

ウエットグリップ性能が高い低燃費タイヤを選べば、濡れた路面でのグリップ力もアップします。タイヤにウエットグリップ力があると、滑りやすい路面でも、タイヤがしっかりと地面に食いつくので、横滑りなどによる事故も防ぐことができるというわけです。
gettyimages (66253)

〈低燃費タイヤのデメリット〉

・価格が高い

低燃費タイヤは、ノーマルタイヤに比べて販売価格が高いです。ノーマルタイヤが4本セット4万円で販売されているとすると、低燃費タイヤは4本セットで5万円になることもしばしばです。価格が高い分、燃費向上で元を取ると考えればよいと思います。

・低燃費タイヤは万能ではない

低燃費タイヤの特長でもある、「転がり抵抗係数」と「ウエットグリップ性能」は、両立することはできません。転がり抵抗係数が少なければ、タイヤと路面の摩擦が少なくなるので燃費は向上しますが、路面への食いつきをよくするグリップ力は低下します。同様に、ウエットグリップ性能が高いほど摩擦力が大きくなり、燃費に悪影響が出やすいというデメリットも。転がり抵抗係数の最高値「AAA」と、ウエットグリップ性能の最高値「a」は、両立できません。つまり、燃費とグリップのどちらを重視するかで、タイヤ選びも変わってくるということです。

普通のタイヤでも正しいマネジメントで燃費が変わる

とはいえ、低燃費タイヤさえ履けば、燃費が向上するというわけでもなく、ノーマルタイヤであっても、正しい走り方やメンテナンスによって、十分燃費はよくなるものです。例えば、急発進は燃費を悪化させるので、発進時は優しくアクセルを踏み、徐々に加速することが大切です。また、平坦な道を走る時は加速や減速を繰り返さないこと。余計な燃料を消費するので、燃費によくありません。また、タイヤはすり減る前に新しいものに交換しましょう。適切な空気圧で効率のよい運転を心がけると、燃費も走行性能も向上します。低燃費タイヤでなく普通タイヤでも、転がり抵抗の少ないタイヤを選べば、燃費もよくなりますね。ただ、前述の通りグリップ性能とも比較し、ご自身の運転のタイプに合わせたタイヤを選ぶのが良いかと思います。
istockphoto (66254)

まとめ

燃費をよくするためには、タイヤだけではなく、エンジンオイルやバッテリーなども新しいものに交換するとよいでしょう。その上で、低燃費タイヤを導入すれば、さらに燃費の向上が期待できると思います。
(赤木はるな)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

種類もいろいろ!自分に合ったタイヤ選びをしてみよう!

種類もいろいろ!自分に合ったタイヤ選びをしてみよう!

「ラジアルタイヤ」「スタッドレスタイヤ」などタイヤには数多くの種類があり、それぞれでタイヤの構造や素材が異なるため、車の性格を大きく変えることができます。さて今現在販売されているタイヤにはどういったタイプがあるのか、またそれらのタイヤを履くとどういった効果があるのかについてご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 1,045 views
タイヤ空気圧が燃費に影響?初心者でも分かる点検方法

タイヤ空気圧が燃費に影響?初心者でも分かる点検方法

タイヤの空気圧は適正ですか?実は、タイヤの空気圧が低すぎたり高すぎたりすると思わぬトラブルにつながることもあります。簡単な点検方法で、タイヤトラブルから車を守り、快適に走行しましょう。
goo自動車&バイク | 1,439 views
憧れの最高級ミニバン、トヨタヴェルファイアの燃費は?ハイブリッドや4WD、グレード別にリサーチ!

憧れの最高級ミニバン、トヨタヴェルファイアの燃費は?ハイブリッドや4WD、グレード別にリサーチ!

トヨタヴェルファイアの燃費をご紹介します。ハイブリッド車や4WD車、2.4、2.5、3.5等グレード別の実燃費情報も細かくリサーチしました。燃費を取るか、走りを取るか、あなたはどっち?
goo自動車&バイク | 1,748 views
日産エクストレイルのガソリン車とディーゼル車ほか、グレード別燃費を徹底調査!

日産エクストレイルのガソリン車とディーゼル車ほか、グレード別燃費を徹底調査!

日産新型エクストレイルの気になる燃費情報を調べました。ハイブリッド車、ディーゼル車はもちろん、T31、T32、20X、等グレード別の実燃費も詳しく紹介します。
goo自動車&バイク | 1,858 views
人気車種、トヨタハリアーのグレード別燃費は?ハイブリッド車から4WDまであわせて紹介!

人気車種、トヨタハリアーのグレード別燃費は?ハイブリッド車から4WDまであわせて紹介!

トヨタ新型ハリアーの気になる燃費をグレード別に紹介します。ハイブリッドはもちろん、G'S、4WD、30系、240G等グレード別の実燃費はいったいどの程度差があるのでしょうか。
goo自動車&バイク | 2,292 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク