2016年2月5日 更新

どれがお得?おすすめガソリンカード教えます

自動車を運転するなら切っても切れないガソリン代ですが、皆さんはガソリンカードを利用していますか?一回あたり金額は少額でも、積み重なるとガソリン代は想像以上に家計を圧迫するものです。ガソリン代がお得になるガソリンカードをぜひ活用しましょう。

667 views

ガソリンカードとは

ガソリンカードとは、ガソリンの元売りの会社が扱っているクレジットカードのことを指します。ガソリンスタンドなどで給油の際に支払いで使用すれば、ガソリン代を値引きしてくれます。もちろんクレジットカードとしても使用することができるので普段の買い物にも使えます。ガソリン代の値引き以外にも給油量に応じてポイントが付与されたり、高速道路の料金がキャッシュバックされたり、ロードサービスが受けられるものもあります。注意点としては、発行元の会社のガソリンスタンド等でしか値引きが受けられないということです。そのため、どこの会社でガソリンカードを作るかが重要になってきます。
thinkstock (17873)

おすすめのガソリンカード1「ENEOSカード」

ENEOSが発行しているENEOSカードはガソリンカードの中では有名です。ガソリンスタンド数も多いので使える機会も多くなっています。ENEOSカードにはC、P、Sの3種類があり、自らのライフスタイルに合わせて最適なものを選ぶことができます。Cが最上級クラスで年会費は1250円、給油量が1Lごとに7円値引きされます。PはCと同様に年会費が1250円でこちらはガソリン代の値引きではなく、給油量に応じてポイントが付与される形式となっています。ガソリンスタンド以外の加盟店でもポイントを貯めることができ、1000ポイントごとに1ポイント1円で買い物に使うことができます。Sは年間1度以上の使用で年会費が無料になり、ガソリンの値引きとポイント付与がそれぞれ還元率は低いものの両方受けられます。
gettyimages (17876)

おすすめのガソリンカード2「出光カード」

出光が発行するガソリンカードの正式名称は「出光まいどカードプラス」です。年会費無料のプランではガソリン1Lあたり2円の割引を受けることができます。さらに、年会費を540円支払うことで「ねびきサービスプラス」というプランに変更できます。こちらのプランでは月間の出光カードによるお買い物が、3万円を超えると、4万円以下で1円、以下1万円ごとに最大1Lあたり6円安くなります。これは通常の2円武器をプラスすると最大で8円もガソリン代が安くなることになり、ガソリン代を大幅に節約できます。ただし、値引き対象の給油量は100Lまでなので注意してください。
gettyimages (17894)

おすすめのガソリンカード3「楽天カード」

こちらはガソリンを扱っている会社ではありませんが、ガソリンの給油の際にお得なサービスを受けられるという点でガソリンカードの1種となります。楽天カードは他のサービスとの提携が多いため、ガソリンカードとしても人気が高くなっています。入会金も年会費もなく、18歳以上であれば誰でも簡単に作ることができます。出光など多くのガソリンスタンドと提携しているため、利用ヵ所も多いです。ガソリン代の値引きでなく、ポイント付与という形の利用になりますが、ポイントの貯めやすい仕組みが多く導入されているので、複数枚カードを持ちたくない場合などはおすすめです。
thinkstock (17882)

ガソリンカードを選ぶ上でのポイント

まずは日常生活で利用頻度の高いガソリンスタンドを確認しましょう。ENEOSが多ければENEOSカードがお得ですし、出光なら出光カードや楽天カードを選ぶのが妥当です。同時に加盟店舗を利用するかどうかを確認し、ガソリンを値引きしてもらったほうがお得なのか、ポイントをもらうほうが利用価値が高いのかを判断します。最後にロードサービスや自動車保険などのサービスが付いているか、必要かどうかを元に選んでください。今回ご紹介したガソリンカード以外のカードも含めて検討しましょう。
thinkstock (17885)
車を持つまでは縁のないガソリンカードですが、いざ車を使ってみるとそのありがたみに気付きます。値段の上下が激しいガソリンですが、ガソリンカードを賢く使って快適なカーライフを送ってください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク