2016年7月8日 更新

アテンザ/パサート/ゴルフを比較 走行性能が高いのは?

マツダ アテンザ、フォルクスワーゲン パサート、フォルクスワーゲン ゴルフ。いずれもセダンとワゴンの2種類をボディ形状にラインアップするメーカーの主力車です。今回はそんな3車種の走行性能を比較していこうと思います。

2,275 views

【アテンザ】鼓動デザインを踏襲したマツダのフラッグシップカー

マツダのフラッグシップである現行アテンザは2012年にデビューしました。今やマツダ車のデザインテイストの核ともなる"鼓動"を取り入れた外観は高級感のある佇まいに一役買っています。エンジンラインアップは2.2Lのディーゼルと2L、2.5Lのガソリンの3種類が設定されており、ディーゼル車はFFと4WDモデルが、ガソリン車はFFモデルのみが購入可能です。燃費はディーゼル車がJC08モードで最高22.4km/Lを記録、2.5Lのガソリン車でさえ16km/Lと高水準な数字を誇っています。いずれのモデルもエコカー減税やクリーンディーゼルの補助金など、何らかの形で購入の際に負担が軽くなり、環境に配慮された車だといえます。
gettyimages (41555)

【フォルクスワーゲン パサート】高級化が進むフォルクスワーゲンの上位モデル

2015年の欧州カーオブザイヤーを受賞したフォルクスワーゲン パサートは高級感あふれる内外装とその乗り心地の良さが魅力的です。先代と比較してショートオーバーハング化とロングホイールべース化し、室内の広さもこのクラスの中で特筆すべきレベルとなりました。パワートレインは1.4L直列4気筒直噴ターボのエンジンに7速DSGが組み合わされる、まさに欧州の主流ともいえるパッケージングです。その他にもブレーキによるエネルギーの回生充電を行うことでエンジンの負荷を削減したり、エンジン負荷が少ない場合には4気筒のうち2気筒を休止させるアクティブシリンダーマネジメントを導入するなどした結果、燃費はJC08モードで20.4km/Lを記録しています。
gettyimages (41563)

【フォルクスワーゲン ゴルフ】長年愛され続けてきた世界の大衆車

1974年のデビュー以来、同社のビートルに変わって世界中で愛され続けてきた大衆車がフォルクスワーゲン ゴルフです。下級モデルのポロの登場などVW社内における立ち位置は以前とは違うものになってきましたが、それでもゴルフが世界中の車のスタンダードであり、各メーカーの車づくりの指標となっている点は変わりません。ゴルフはフォルクスワーゲン社の基幹車ともいえる車種のため、エンジン、ボディ形状などで様々なモデルがラインアップされています。そのため、一概に走行性能といってもモデル毎にかなりバラツキがあります。極端な例で言うと一番ベーシックなモデルである「TSI Trendline」は105psを発生する1.2Lエンジンを搭載しており前輪のみを駆動しますが、これが最も走りに振ったモデルである「R」では280psを発生する2Lエンジンとなり、駆動方法もこの力を効率良く路面に伝えるために4輪駆動となっています。
gettyimages (41566)

各車のメーカー内立ち位置

比較をする前にそれぞれの車両の立ち位置について振り返ってみる必要があります。というのもこの3台、メーカーが意図している購入層が車の立ち位置がそれぞれ微妙に違っているからです。

アテンザ

まずアテンザですが、こちらは主に車両価格が比較的近い日産スカイラインやトヨタマークXといったセダンを検討するような層をターゲットにしています。また、アテンザはマツダが自認しているようにメーカー内のフラッグシップ車です。そのため車格的にはもっと上に位置するクラウンやフーガを購入対象にするような層に向けてもアピールをしています。ただし、今挙げた車両のどれよりも価格は安いため、実際のところは30代を中心に比較的若めの層から支持されているようです。
gettyimages (41556)

パサート

パサートは今回のモデルチェンジで高級化が進みましたが、高級車としての役割は同じグループ内のアウディの上位モデルが担うため、あくまで気軽に乗り回せる中級クラスというスタンスをとっています。
gettyimages (41561)

ゴルフ

ゴルフは先ほども述べたように様々なモデルがあり、大衆車から元気に走り回れるスポーティセダンまで幅広い立ち位置を確立しています。

気になる走行性能比較

以上のことを踏まえて走行性能の比較をしていきたいと思います。まず、結論から言いますと一番走行性能が優れているのはこの3つの中ではゴルフとなります。と、いうのもフラッグシップや中級車という立ち位置上、車の味付けをコンフォートに振らなければならない2台に対して、ゴルフはそのような制約が圧倒的に少ないからです。スポーティモデルの主力となるGTIは220psの最高出力を誇っており、ドイツのアウトバーンを高速巡航することも全く問題のないレベルに仕上がっています。前出のゴルフRに至ってはサーキットも走れるガッチガチの足回り含め、まさに他の2台とは土俵の違う車となっています。とはいえ、同じフォルクスワーゲン内で上位モデルの看板を背負うパサートは1.4Lとは思えないほど元気にあの大きな車体を動かすだけの走行性能と驚きの静粛性を持っています。また、アテンザもディーゼルの低回転域でのトルクの太さや扱いやすさは素晴らしく、かつ高燃費であることから走行性能は紛れもなく高いと言えるでしょう。
gettyimages (41570)
今回はボディ形状としては共通点のある3車種のそれぞれの走行性能に関して比較してみましたがいかがでしたでしょうか。どれも特徴のあるいい車両ですので、車選びの際には自分の用途にあわせて最適な1台を選ぶのがいいかと思います。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

驚きと爆笑の連続!面白い車メーカーのCM9選【海外】

驚きと爆笑の連続!面白い車メーカーのCM9選【海外】

海外で流されている自動車メーカーのCMの中には、アッと驚くようなセンスの面白いCMもいくつかあります。CMによって自動車会社がもっと好きになるかも!見ておきたい面白いCMをピックアップしてみました。
goo自動車&バイク | 2,155 views
マツダCXシリーズ3兄弟!中古車価格と特徴は?

マツダCXシリーズ3兄弟!中古車価格と特徴は?

マツダの大人気クロスオーバーSUVのCXシリーズが、2018年5月に大幅改良されました。本記事では、今、日本で売られているCX-3、CX-5、CX-8の3車種の特徴と中古価格をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,356 views
マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

日本のライトウエイトオープンカーと言えば真っ先に名前が挙がる、マツダ「ロードスター」。当記事では30年にも及ぶ歴史を誇るロードスターの中古車情報を年代・モデル別に分け中古車価格の相場、選ぶ際の注意点等の情報をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,691 views
マツダ おすすめの中古マニュアル(MT)車4選!

マツダ おすすめの中古マニュアル(MT)車4選!

こちらの記事では、ロータリーエンジンやマツダコネクトなど、他社とは違いアグレッシブなクルマづくりで魅力的なクルマがたくさん存在するマツダのマニュアル(MT)車のおすすめ中古車情報を4車種選び掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,206 views
家族にもおすすめ!ボディタイプ別フォルクスワーゲン(VW)中古車

家族にもおすすめ!ボディタイプ別フォルクスワーゲン(VW)中古車

ファミリータイプの自家用車を探している方にはフォルクスワーゲンの車はいかがでしょうか。フォルクスワーゲンはドイツの有名メーカーで、日本車に勝るとも劣らない品質です。十分な車内容積に心地よい走り具合はファミリーカーにぴったりの使いやすさです。本稿ではそんなフォルクスワーゲンの魅力を車種別に紹介していきます。中古車選びの助けになれば幸いです。
goo自動車&バイク | 2,178 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク