2016年2月27日 更新

憧れの高級車を比較!BMW3シリーズ対メルセデス・ベンツ

宿命の対決ともいえるこの2車の比較です。2014年に販売が開始されたW205型Cクラスと、それよりも3年前2011年に販売されたF30型BMW3シリーズの比較です。最も売れ線となる4ドアセダンで比較をしてみます。

1,307 views

[BMW 3シリーズ]どこからどう見てもBMW

幅広になったキドニーグリルから、往年のBMWの丸目4灯を彷彿させるライトのデザインが、一目でBMWのファミリーであることを主張するデザイン。2015年に行われたマイナーチェンジで、LEDライトをオプションで選択可能になりました。ボディサイズは、セダンで全長4,625mm × 全幅1,800mm × 全高1,440mmと、ひと昔前の5シリーズ並の大きさです。ドイツ本国仕様と日本仕様では、アウタードアハンドルの形状が異なり、本国での全幅は1811mmとなります(ベンツCクラスと1mm差)。

日本導入モデルのエンジンは、2リッター直四ツインターボ(320・328)、2リッターディーゼルの320D、3リッターツインターボとハイブリッドのアクティブハイブリッド3、同じく3リッターツインターボのM3があります。トランスミッションは、6速のMTを選択できるところがBMWらしいですが、基本は8速ATです。この8速AT(ZF製)、非常に伝達効率、変速タイミングなど評価の高いトランスミッションです。
 (17799)

[メルセデス・ベンツ Cクラス]後出しの分だけ魅力アップ?

対するCクラス。2014年フルモデルチェンジとBMWより3年後出ししてきているだけに、対象を研究しつくしている感を受けます。LEDライトは標準で装備され、エンジンもBMWのそれよりも幅広いです。

ボディサイズは、セダンで全長4,686mm×全幅1,810mm×全高 1,445mmと、若干3シリーズよりも大きいです。ただ居住スペースに関しては、先代型W204と大きく変わりません。ボンネットとホイールベースを伸ばすことによって、衝突安全性を高めている為です。エンジンは、1.6リッター直四ツインターボ(180)、2リッター直四ツインターボ(200,250)、2リッター直四+ハイブリッド(350e)、3リッターV6ツインターボ(450)、4リッターV8ツインターボ(AMG C63)と、2.2リッターディーゼルターボ(220D)がラインアップしています。

このディーゼルには、9速のオートマチックが組み合わされており、ガソリンエンジン車の7速ATも今後9速に置き換えられていく予定です。また、このクラスとしては初めてエアサスペンションをオプションで選択できるのもトピックの一つです。
 (17801)

環境性能の高さではベンツか?

欧州では、盛んにCO2の低減が叫ばれており、メーカーによってCO2の排出量の総量が決められています。

3シリーズとCクラスに限定して比較すると、1.6リッターから用意されているベンツの方が環境に良いといえそうです。また2.2リッターディーゼルに組み合わされた9速ATも燃費良いとといえます。
gettyimages (17805)

走行性能は?

ベンツは、今回アジリティ(機敏性・俊敏性)の向上を掲げてきました。もともとベンツは、「シャーシはエンジンよりも速く」という哲学の下、エンジンの性能以上にシャーシの性能は高くなければならないと考えており、どちらかというと安定志向の強い車でした。BMWは「駆け抜ける喜び」という商標を掲げるくらい、ドライバーが運転をする意識を強く訴えるメーカーです。このアジリティ向上の為に徹底した軽量化、サスペンションの見直しなどを行いました。

特にBMWは、駆け抜ける喜びの為に、サスペンションは堅めのセッティングとなっていますが、駆け抜ける喜びは、快適な乗り心地とトレードオフの関係となっています。ベンツはその両立が目指せるエアサスペンションを採用してきたのも優位点のひとつです。また、フロントに新開発のダブルウィッシュボーンという凝ったサスペンションを採用してきました。従来モデルやBMWが採用しているストラットに比べ、コーナーリング中の遠心力を伸縮部分が受けず、スムーズに稼働する為、ストラットよりも乗り心地、操縦安定性に長けます。
thinkstock (17808)

インテリアの質感は?

いずれも質感は高く、甲乙つけがたいですが、新しさではベンツが優るといったところでしょうか。いずれも前車に追走するクルーズコントロールなど快適装備も同じようにつけられています。完全に好みの問題ですが、BMWはどちらかというと無機質な感じがあるので、ベンツの方が華やかな印象はあります。

BMWは伝統的にオレンジ色のバックライトを使用していますが、昨今の鮮やかなLEDバックライトや、ベンツがSクラスやアウディにもA4に採用してきたフル液晶のメーターに比べると少々地味な印象があります。これには意味があります。第二次世界大戦中、圧倒的性能BMW製エンジンを積むドイツ戦闘機フォッケウルフが、圧倒的に性能が劣る英国戦闘機スピットファイアに夜戦では劣っていました。その理由を探ったところ、計器照明がオレンジ色だった為、取り入れたところ、夜戦成績が改善したというところに由来します。
gettyimages (17811)
BMWの方が3年早くデビューしただけに、モデルチェンジも早くきます。その分ベンツが有利でしょうか。以前と比べて定価設定も低くなってきていますし、購入しやすいローンなども用意されています。メーカーによって、こんなに運転感覚が違うのだと感じていただくには、試乗してみるのが最も良いと思います。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

BMW5シリーズ VS メルセデス・ベンツ Eクラス[人気車種比較]

BMW5シリーズ VS メルセデス・ベンツ Eクラス[人気車種比較]

ドイツで長くライバル関係のBMWとメルセデス・ベンツ。どのセグメントでも熾烈な争いをしていますが、Eセグメントで争う、Eクラスと5シリーズのセダンで比較してみます。
goo自動車&バイク | 1,899 views
一度は運転してみたい!高級車が借りられるレンタカー屋5選

一度は運転してみたい!高級車が借りられるレンタカー屋5選

自動車を運転するのならば、一度は乗ってみたいのが高級車!ただ、高級車は買うのにも、車種によっては維持するだけでも、かなりの出費となるのでなかなか手が出せません。そこで、ご紹介するのが高級車を借りることができるレンタカー屋。ここでは、高級車を扱うおすすめのレンタカー屋をまとめました。
goo自動車&バイク | 7,064 views
クリーンディーゼル車のおすすめ9選

クリーンディーゼル車のおすすめ9選

CO2の排出量を意識している欧州では、ガソリンに比較してCO2排出量が少なく熱効率の良いディーゼルは以前から注目されていました。PM2.5といった粒子状物質の排出など課題も多く、欧州の一部では再びディーゼルを規制する動きも出始めています。現在日本で買えるクリーンディーゼル車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 85,257 views
【面白い】笑える自動車メーカーのCM5選

【面白い】笑える自動車メーカーのCM5選

自動車のCMには、その性能や特徴を伝えるために様々な工夫がされています。製品だけでなく企業としてのアピールにも繋がるので、話題性の高いCMが多い傾向にあると言えるでしょう。今回は思わず笑ってしまうような自動車メーカーのCM5選をご紹介します!
goo自動車&バイク | 676 views
BMW1シリーズ VS メルセデス・ベンツAクラス[人気車種比較]

BMW1シリーズ VS メルセデス・ベンツAクラス[人気車種比較]

BMW・メルセデスベンツともにブランド内では最小のクラスとなるのが1シリーズとAクラスです。VWゴルフやアウディA3などと競合する欧州Cセグメント車です。この二台を比較してみます。
goo自動車&バイク | 3,392 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク