2017年6月13日 更新

素人が知らない、中古車を安く買う方法とコツ

初心者でも安く中古車を購入する方法はあるのでしょうか。なかなか値引き交渉が難しい中古車ですが、それでも「ここを押さえれば値引きしてもらえる!」というポイントをご紹介します。

4,378 views

スバリ!安く買うコツは「高く売る」

thinkstock (64512)
中古車の購入は、特に初めての人にとっては、
・何を基準にすればいいのか
・値引き交渉はできるのか
など、不安材料も少なくないと思います。できるだけよい車を、できるだけ安く買いたい!というのは当然のことですが、そのためにはちょっとしたコツがあります。自分の目的に合った中古車を上手に、安く買うコツがあるのです。知らずに損をしないよう、しっかり押さえておきましょう。
まず、安い中古車は、主に以下のような条件に当てはまることが多いです。
・年式が古い
・走行距離が多い
・修復歴がある
・人気のないボディ色
・装備・グレードが低い
とらわれがちなのが、予算。予算内で、少しでも安い中古車を購入しようとあれこれ工夫する人もいると思いますが、購入価格にばかりとらわれすぎるのは考えもの。気に入った中古車に出合ったとしても、予算に合わないというだけで即候補から外さなければならなくなってしまいます。そんな時、注目してほしいのが、下取り価格。つまり、今乗っている車を高く買い取ってもらうことです。
予算を少々オーバーしても、諦めないでください。購入したい車の値引額が変わらないとしても、下取り価格が高くなれば、実質的な値引き額は大きくなるからです。
では、より高く売るには、どうしたらいいのでしょうか。ポイントは、ディーラーではなく、中古車買い取り店で下取りしてもらうこと。ディーラーの下取り価格と、中古車買い取り店のオンライン査定額で50万円以上の差がついた、という例もあるほどです。また、中古車業者間でも査定額に差が出ることがあるので、必ず複数の業者で査定してもらうことがポイントです。インターネットの査定サイトなどを利用すれば、一括査定ができてとても便利です。もし、ディーラーに下取りをしてもらうことになったとしても、買取価格の相場を知っておけば、交渉の際にも有利になるはずです。

本体代金に対して「諸費用」が高すぎないかをチェック

諸費用の違い

via autos.goo.ne.jp
諸費用の違い
中古車を購入する際、よくある失敗の1つに、諸費用というネックがあります。買おうとする中古車に表示されている価格が安くても、いざ購入する意思を伝えると、さまざまな諸費用が上乗せされます。最終的に、総額では、他の販売店の本体価格が高かった中古車よりも高くなってしまうケースもあるのです。販売店では、いろいろな値引きを提示してくる可能性もありますが、もともと【本体価格のみ】の表示がほとんど。最終的な総額である【諸費用込みの表示】をしている販売店は少ないのが現状です。大幅な値引きをアピールされたとしても、結果としてお得に中古車を買えなかったということにもなりかねませんので注意してください。ここは、ぜひ押さえておきたいポイントです。

同グレード、同条件で同一金額なら「きれいな車」を選ぼう

「ボディにキズやヘコミなどがあったら安いのではないか」、「シートの汚れを妥協すれば安いのではないか」…中古車の購入、もしくは買い替えを検討する際、こんなちょっとした誤解をしている人はいませんか。安ければ多少の汚れやキズには目をつぶるしかないと思っている人は、意外に多いようです。しかし実際には、これらは価格設定には反映されません。年式が低い、走行距離が多い中古車が必ずしも程度が悪い=安いとは限らないということです。同グレード、同条件で金額が同じであれば、「シートの汚れが少なく、パリッとしている」「シートベルトが汚れていない」「外装のキズやヘコミが少ない」「車内に気になる匂いがない」車を選んだほうが絶対にお得です。候補が複数台ある時は、ぜひ比較してみて下さい。
thinkstock (63959)

まとめ

とにかく安く中古車を手に入れたい。だからといって、安物買いの銭失いになっては、元も子もありません。車についている価格表示をパッと見て飛びついてしまい、あとで「しまった!」と思うようなことのないよう、まずは実車を見て、しっかりチェックしましょう。チェックポイントは、「年式」「ボディカラー」「装備・グレード」「燃費」「走行距離」「修復歴」、そして先ほどお話しした【価格には反映されない】内装、外装が気持ちの良い状態により近い車であるかどうかです。
例えば、修復歴がない車でも、履歴に残らなかっただけで、よく見ると歪みのある車もあります。できれば、ステアリングを握らずに真っ直ぐ進むか、急ブレーキをかけた時、不安なロールがないかなど、全ての車でチェックしましょう。そして、これは!という車が見つかったら、競合社の見積もりを取り、複数ディーラーからの見積もりで値引き相場を把握。最終的に購入希望の車を決めたら、一括査定で下取り価格をチェックし、少しでも高く買い取ってもらうことです。この流れをうまく乗り切れば、安くてよい中古車を買えるはずです。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

車の乗り換え・買い替え時期はいつ頃が得?

車の乗り換え・買い替え時期はいつ頃が得?

中古車を乗り換えるとしたら何年で買い替えるのがお得なのでしょうか。乗り換える時、ローンの残債をどうすればいいかというのも気になるポイントですね。車の乗り換え・買い替え時期やお得な乗り換え方法を伝授します。
goo自動車&バイク | 8,564 views
車は乗り潰しと買い替え、どっちがお得?

車は乗り潰しと買い替え、どっちがお得?

車の市場価値の目安と言われる5年5万km・10年10万kmが見えてきた時や大きな事故を起こした時など、車の乗り換えを考えるタイミングは様々あります。そんな時に思うのが、この車を限界まで乗り潰すのと新しい車に買い替えるのでは、どちらがお得なのかということではないでしょうか。今回はそんな疑問に答えるべく、それぞれのメリットデメリットを調査しました。判断の目安も紹介するので参考にしてみて下さい。
goo自動車&バイク | 3,538 views
激安中古車は買っても大丈夫? 注意したいポイントは

激安中古車は買っても大丈夫? 注意したいポイントは

激安・格安の中古車情報を探したいと思っても、すぐ壊れる車では困りますよね。特に激安の外車(輸入車)には要注意。買った直後にトラブルに見舞われることも……。納車後に泣き寝入りしないために、購入前に押さえておきたいチェックポイントをお伝えします。
goo自動車&バイク | 3,923 views
業者オークションで中古車を購入するには?カーオークションのメリット・デメリット

業者オークションで中古車を購入するには?カーオークションのメリット・デメリット

中古車販売店で購入するより安く買えることで人気のカーオークション。代行業者に依頼してオークション会場で車を探す人も増えています。業者向けのカーオークションを利用するメリット・デメリットをまとめました。
goo自動車&バイク | 2,379 views
知らないと損する中古車ローンの注意点 低金利は?審査が通らない場合は?

知らないと損する中古車ローンの注意点 低金利は?審査が通らない場合は?

ローンで中古車の購入を考えているなら、できるだけ低金利のローンを選びたいですよね。中古車販売店に言われるがままにローンを組むと、実は損をしていることも。毎月の支払い額が分かるローンシミュレーションも活用して、自分にあった中古車ローンを選びましょう。審査が通るか不安という方向けに、ローン審査を通りやすくするコツもお伝えします。
goo自動車&バイク | 1,016 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク