2017年9月26日 更新

人気ハッチバックのおすすめ5選を徹底比較!

今人気のおすすめハッチバックを徹底調査。かっこいい4WDやお手軽な軽自動車、お買い得な中古車など色々なハッチバック車をラインアップしました。

24,927 views

大人気!ミドルサイズから4WDまで、魅力いっぱいのハッチバック

thinkstock (66017)
ハッチバックとは、車の後ろ(バック)部分がドア(ハッチ)になっており、上に向かって開くタイプの車です。
ハッチバックの魅力をご紹介します。まず1つ目の魅力は運転のしやすさ。ハッチバックは全長が短いので、運転がしやすく、狭い道や路地などが多いエリアでも安心です。また、車のトランク部分がないので後ろの見切りがよく、バックで駐車する時なども後方確認がしやすいというメリットもあります。
2つ目は荷物の積みやすさ。人が乗る空間と荷室が分かれていないので、後部座席を倒すとラゲッジスペースを広げることも可能です。荷室と室内がつながっているので、トランクが独立している車では積みにくい長さのある荷物も積めてしまうのも魅力です。また、ドアが後ろに大きく開くので荷物の積み下ろしもしやすくなっています。
さらにハッチバックならではのうれしいポイントは経済性。コンパクトからミドルサイズの大きさとなるので、低排気量で車体重量も軽いものが多いです。ガソリン代や税金も他の車に比べて安く、維持費も比較的かかりません。
デイリーユースはもちろん、アウトドアレジャーなどでも大活躍のハッチバック。今回は、人気のハッチバックを徹底調査しました。カッコいい4WDやお手頃な軽自動車、お買い得な中古車など、おすすめのハッチバック車をご紹介します。

おすすめハッチバック車5選

①ノート/日産

日産が力を入れて開発しているコンパクトカーのひとつ。幅広い年齢層に支持されています。親しみやすいデザインや豊富なカラーバリエーション、そして、広い室内空間も魅力です。JC08モード燃費は、「S DIG-S」で最高値の25.2㎞/L。「X DIG-S」「メダリスト」は24.0㎞/L、「X FOUR」が18.2㎞/Lとなっています。なお、新型ノート、e-POWERに搭載されるハイブリッドシステムは、「Power Drive e-POWER」というもの。これは「シリーズ方式(直列方式)」というハイブリッド方式をとるシステムです。この新型ノートe-POWERの燃費は37.2㎞/L(JC08モード)となっています。エクステリアの特長のひとつ、ボディサイドの「スカッシュライン」は、スカッシュのプレイヤーがスマッシュした時のボールの動きを表現しているそうですが、ダイナミックに見せる大胆なデザインが目を引きますね。
 (65983)

②アクア/トヨタ

トヨタが、17年に及ぶ量産ハイブリッドカー開発のノウハウを結集して誕生したのが、コンパクトクラスのハイブリッドカー、アクアです。最新の1.5Lハイブリッドシステムを搭載し、走行燃費35.4㎞/L(JC08モード)を実現。ノートのライバル車として、人気を二分しています。走行状態に応じた適切な制動力を前後輪に配分するEBD機能付のABSや、ブレーキの踏み込み速度から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシスト機能を搭載しており、ブレーキ性能を最大限に発揮してくれます。力強く精悍なフロントフェイスが印象的。ラゲッジスペースは、ハイブリッドバッテリーを小型化し、リヤシート下に配置することにより、305Lの容量を持つ、広い荷室空間を確保しています。
 (65985)

③ヴィッツ/トヨタ

スターレットの後継として登場したヴィッツは、トヨタの世界戦略車であり、コンパクトカーの基幹モデルでもあります。3代目となる新型ヴィッツは、軽快さと上質感をデザインコンセプトとし、スタイルを一新。キビキビした走りを感じさせるダイナミズムと、優雅さや存在感をも際立たせ、上質さを表現しています。海外では、「Yaris(ヤリス)」の車名で有名。さまざまな派生車種やバリエーションも登場しています。気になる燃費は、18.0㎞/L(JC08モード)。ハイブリッドモデルでは、34.4㎞/Lという驚異的な燃費となっています。走行性では、新構造のショックアブソーバーを採用すると共に、ボディ剛性の強化も行い、操縦安定性と乗り心地が改善されています。
 (65987)

④ワゴンR/スズキ

スズキの最量販軽自動車といえば、ワゴンRです。親しみやすさのあるレギュラーモデルと、個性的な「ワゴンRスティングレー」の2タイプのスタイリッシュなデザインが魅力。今一番売れている軽自動車と言っても過言ではない、ハイトワゴンの先駆け的存在です。モーターのみで走行できるマイルドハイブリッドは、モーターによるクリープ走行と、幅広い速度域でエンジンをアシストするモーターにより燃料消費を抑制し、33.4㎞/L(JC08モード)という低燃費を達成しています。広い室内空間はもちろんですが、高速でも負荷を感じにくい乗り心地のよさや、スズキ独自の技術であるエネチャージも魅力です。
 (65989)

⑤スイフト/スズキ

高い走行性能と取り回ししやすさ、しっかりとしたハンドリングなど魅力がいっぱいのスズキのコンパクトカー、スイフト。マイルドハイブリッドや、軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT (ハーテクト)」と、低燃費を追求した1.2L自然吸気デュアルジェットエンジンにより、優れた走行性能と燃費性能を確立しています。20.0〜32.0㎞/L(JC08モード)という低燃費は、スイフトの人気の理由のひとつと言ってもよいでしょう。
 (65991)

まとめ

機能的で便利、しかも経済的なハッチバックは選択肢も多彩です。お手頃価格の軽自動車、ハイブリッドなコンパクトカー、力強い走りが魅力の4WDなど、さまざまなニーズに応えてくれる車種が豊富に揃っています。中古車市場でも、ハッチバックが多く出回っているので、ぜひお気に入りの1台を見つけて下さい!
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年上期に最も売れた車は?運転に自信のない人が買うべき&乗るべき売れ筋10選

2017年上期に最も売れた車は?運転に自信のない人が買うべき&乗るべき売れ筋10選

2017年上半期に最も売れた車は何だと思いますか?そして、ランクインした中で初心者でも安心して乗れる車って?自動運転や衝突防止機能で人気の車は?運転に自信がない人に注目してほしい車、買うべき車を厳選してご紹介します!
goo自動車&バイク | 3,871 views
車の人気色ってあるの?下取りにも影響?買うならこの色がおすすめ!

車の人気色ってあるの?下取りにも影響?買うならこの色がおすすめ!

車を買うなら何色がいい?ボディの色で事故率も変わってしまうって本当?性能やデザインも大事だけど、色選びで迷っている人におすすめのカラーをアドバイスします!
goo自動車&バイク | 3,945 views
ホットハッチのおすすめ人気車種10選

ホットハッチのおすすめ人気車種10選

ホットハッチ、明確な定義はありませんが、欧州で人気のあるハッチバックボディをもち、比較的コンパクトな車体にハイパワーエンジンを搭載する、走りのよい車の総称となります。日本に導入されたものに限らず、ホットハッチを10台ピックアップしてみます。
goo自動車&バイク | 27,380 views
ホンダフィットVS日産ノート 人気のハッチバックを徹底比較

ホンダフィットVS日産ノート 人気のハッチバックを徹底比較

流麗なスタイルの2ドアのクーペや、大人の風格漂う4ドアセダンはデザインや走行性能の高さで人気があります。でも、実用性を考えた場合は少々物足りなかったり...。ハッチバックスタイルの車は、それらの車に使い勝手の良さを加えています。今回は人気のコンパクトハッチバック、フィットとノートを徹底比較します!
goo自動車&バイク | 3,456 views
人気のチャイルドシートはこれ!定番チャイルドシート3選

人気のチャイルドシートはこれ!定番チャイルドシート3選

子供を車に乗せる時に必須のチャイルドシートのおすすめ商品を紹介します。新しい家族が増えてチャイルドシートが必要だけど一体どんなものを選んだらいいんだろう?とお悩みの方は、記事を参考にしてチャイルドシートを選んでみてくださいね。
goo自動車&バイク | 1,207 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク