2019年4月11日 更新

日産マーチの中古価格・特徴紹介

日産のハッチバック型のコンパクトカー「マーチ」は発売後30年以上を数えるロングセラーモデルです。それだけ長い間売れるのもマーチが魅力あふれる車だからなのですが、マーチの魅力とは何なのでしょうか。今回はマーチの年式ごとの特徴や燃費、中古価格相場に触れながらその魅力に迫ります。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

502 views

日産のマーチ

日産マーチの中古価格・特徴紹介
マーチは日産を代表するモデルの1つで、初代モデル販売から累計240万台以上売り上げたロングセラー車でした。

マーチが誕生した1982年当時は小型のハッチバック車が売り上げを伸ばしており、日産もその流れに乗るべくマーチをリリースしました。
その後マーチは高い人気を獲得し、1992年には日本カー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞、2002年には経済産業省グッドデザイン賞を受賞しています。

時代に合わせてモデルチェンジを行ったマーチも今では4代目を数え、現在にいたるまで日産の一大カーブランドであり続けています。

マーチの大きな特徴として、安さ、そして乗りやすさがあります。

マーチは新車価格でも100万円を少し超えるくらいで、とても経済的な車です。
そして、十分な走行性能とクセの無い乗り味を持つため、人を選ばない車です。

これらの特徴から、マーチは若いユーザーや初心者にもおすすめできる車として有名です。

2019年を迎えてマーチにもそろそろフルモデルチェンジの噂がささやかれています。
これからもマーチは姿を変えながら、多くのカーユーザーに愛され続けていくことでしょう。

2019年に新型も誕生予定

現行モデルとなる4代目マーチは2010年に発表されたため、すでに発表から8年が経過しています。
そのため、そろそろフルモデルチェンジがされるのではないかと言われています。

実は、5代目マーチは国外仕様車が逆輸入されるのではないかという噂もあります。
マーチは海外では「マイクラ」という名称で販売されており、マイクラは2017年に5代目となる新型モデルが発売されていました。

この5代目マイクラは4代目マーチと比べて、0.9Lまたは1.0Lクラスエンジンの搭載、1.5Lディーゼルエンジン搭載クラスの設定、サイズの大型化(全長が170mm大きいなど)、車体重量の増加、外観が全体的にシャープという点で異なっています。

この5代目マイクラが5代目マーチとして日本に入ってくる可能性もあるのではないかと言われていました。

しかし、マイクラはマーチよりも大型であり、日本の都市事情に合わないかもしれません。
そのため、5代目マーチはマイクラを原型とせずにオリジナルの車体を設計する可能性もあります。

もしもマイクラが新型マーチとして国内販売されるようなら、その時期は早くて2019年後半ではないかとも言われています。

国内外で人気のマーチ、その魅力は?

日産マーチの中古価格・特徴紹介
マーチは発売されてから30年以上経ち、アジア圏から欧米まで世界中で愛されている車です。
マーチの魅力には様々なものがありますが、
①安い、②頑丈、③走りやすい、④視界がよいの4つの要素が主な魅力です。

まず、マーチの最大の利点は安いということです。

4代目マーチは新車価格でも1,151,280円(Sグレード)で、同じ日産から発売されているSUVであるエクストレイルの2,231,280円(20Sグレード) と比較するとほぼ半値です。

SUVを買うお金があればマーチが2台買えるため、非常に経済的な車と言えます。
生産台数も多いため中古車市場でも安値がつけられており、お得な値段で購入できます。

また、燃費も良く維持費も安いため、所持コストがそれほどかからない車です。

次に、頑丈である点もマーチの大きな利点です。
マーチはなかなか壊れにくく、少々古い車だったり、多少手荒な運転をしても問題なく走り続けます。

マーチユーザーの中には20年前のマーチに乗り続ける人もおり、そのような人も日常的に使っていて目立った故障は無いと述べています。
この頑丈さを評価する声は海外で高く、ヨーロッパなどでマーチが愛される一因になっています。

走りやすさもマーチの大きな特徴です。
マーチの乗り味はどちらかといえば固めで、安定感がある走りができます。

車に乗った経験が少ない方でもマーチは問題なく運転できるでしょう。
また、最小回転半径が4.4mほどと取り回しがきく事も運転のしやすさに一役買っています。

最後の利点として、視界が良いことがあげられます。
マーチはガラス部分の面積が広く、良好な視界を得られる車です。
事故防止に役立つことに加え、運転時のストレスもフェラしてくれるでしょう。

さらに、運転席からフェンダー部分が見えるため車両感覚がつかみやすく、乗り始めたばかりでも安心して運転ができます。

これらの魅力により、マーチは世界中で初心者から熟練ドライバーにいたるまで広く愛用されています。

初代モデル 1982年~

日産マーチの中古価格・特徴紹介
マーチの初代モデルは1982年に発売されました。

当時はダイハツのシャレードが1977年に発売されたことをきっかけに小型ハッチバック車の売り上げが伸びており、日産としても小型ハッチバック車市場に参入すべく作られた車でした。

発売されたマーチは好調な売り上げを見せ、初期モデルは1992年のフルモデルチェンジまで10年間も使われ続けました。
昔の車なので性能は現在の車と比べると劣りますが、少々ぶつけたくらいでも走る頑丈さはこの頃からあったようです。

注意すべきはその燃費性能で、実は初代および2代目マーチはAT車よりもMT車の方が燃費が良いという特徴があります。

初代モデルの「i・z」グレードではAT車の燃費は14.4km/LですがMT車では19.6km/Lと差が開いています。
もしもATとMTを選ぶ機会があれば、燃費性能の違いに注意しましょう。

初代マーチはそのモダンなエクステリアデザインが評価されています。
デザイナーは後に2代目ムーヴや5代目カローラを手がける ジョルジェット・ジウジアーロで、冗長なところが無いデザインはさすがと言う他ありません。

初代マーチは人気を博したため、1985年にはターボ機構を備えた「ターボ」、1989年には出力をパワーアップさせた「スーパーターボ」が発売されています。
また、日産は「パオ」や 「フィガロ」といった他車種にも初代マーチの部品を流用していました。

初代マーチの中古車価格は17万円~69万円です。
年式も古く走行距離が多い車が大半なため様々なパーツが限界に来ている可能性があります。

しかし、初代マーチに思い入れのある方にとっては購入できるというだけで朗報でしょう。
レトロな車を愛する方はぜひ乗りこなしてみてください。
「初代マーチ」(1989年1月発売モデル、i・zグレード)

ドア数:5ドア
乗員定員:5名
全長:3,735mm
全幅:1,560mm
全高:1,395mm
ホイールベース:2,300mm
トレッド前/後:1,345/1335mm
室内長:1,715mm
室内幅:1,305mm
室内高:1,145mm
車両重量:720kg

最高出力:52ps(58kW)/5,600rpm
最大トルク:7.6kg・m(106N・m)/3,600rpm
種類:水冷直列4気筒OHC
総排気量:987cc
燃料タンク容量:40リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:14.4km/リットル(10・15モード)
最小回転半径:4.4m
駆動方式:FF
トランスミッション:3速AT

二代目モデル 1992年~

日産マーチの中古価格・特徴紹介
1992年には、フルモデルチェンジを受けマーチも2代目になりました。

初代マーチとの違いは、エンジン出力や燃費が向上したこと、それと新しく1.3Lグレードが追加されたことです。

設定されたグレードでは3ドアタイプと5ドアタイプがそれぞれ選べるようになっており、さらにATとMTに分かれていました。
初代モデルに存在したAT車とMT車の間の燃費性能の違いは2代目にもあり、「i・z」グレードではAT車の燃費は14.8km、MT車では19.4km/Lとやはり大きな差があります。

2代目モデルの走行性能は特にとがったところはなく、加減速性能や旋回性能、乗り心地などに飛びぬけて良い所はありません。

人によっては物足りなさを覚えるかもしれませんが、その反面クセが少なく乗りやすいという特徴を持ちます。
その使いやすさから2代目マーチも多くの人に愛され、1992年には日本カー・オブ・ザ・イヤー賞などを受賞し、1996年には14万代以上を売り上げる大記録を樹立しました。

多くのバリエーション車両が作られたことも2代目マーチの特徴で、バリエーションの中には現行のマーチまで続いているシリーズもあります。

例えば、エクステリアデザインなどに変更を加えたモデルである「ボレロ」は1996年6月に追加され、歴代のマーチでも特別仕様車として設定されています。

その他のバリエーションでは、2代目だけに存在したオープンカー仕様車の「カブリオレ」がありました。

2代目マーチの中古車価格は3万円~59.9万円です。
ほとんどの車両は50万円以内に収まっており、急に車が必要になった時などには重宝します。

一部カスタムカーも売られており、それも50万円を超えるくらいの金額なので車道楽の一環として購入しても楽しいでしょう。
「2代目マーチ」(1992年1月発売モデル、i・zグレード)

ドア数:5ドア
乗員定員:5名
全長:3,695mm
全幅:1,585mm
全高:1,425mm
ホイールベース:2,360mm
トレッド前/後:1,365/1425mm
室内長:1,705mm
室内幅:1,290mm
室内高:1,180mm
車両重量:891kg

最高出力:58ps(58kW)/6,000rpm
最大トルク:8.1kg・m(106N・m)/4,000rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:997cc
燃料タンク容量:42リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:14.8km/リットル(10・15モード)
最小回転半径:4.6m
駆動方式:FF
トランスミッション:4速AT

三代目モデル 2002年~

日産マーチの中古価格・特徴紹介
2002年に再びフルモデルチェンジが行われ、3代目マーチが誕生します。

3代目マーチは2代目マーチと比べて全長こそ変わっていないものの、全幅と全高が拡大されておりどっしりとした印象を与えます。
燃費性能が大幅に強化され19.2km/Lとなっている点も、大きな変化として挙げられるでしょう。

3代目マーチの走行性能は全体的に2代目のそれを進化させたもので、飛び抜けた欠点を持たないオールラウンドな乗り味も引き継がれています。

ユーザーにとって好評である点は運転時の軽さで、2代目に比べて比べて30kgほど車重は増えているものも、エンジン出力が強化されているために車の軽さを感じられます。
そのため、もたつきを感じずストレスフリーで運転できるでしょう。

3代目マーチもその乗りやすさから高い人気を得た車で、発売後4年が経過しても月5000台以上を売り続けていました。
また、2002年には経済産業省グッドデザイン賞を受賞しています。

3代目マーチの中古車価格は1万円~ 109.8万円です。
大半の車両は50万円以内に収まっており、10万円以内という格安で買える車も多く存在します。

格安の車でも状態が良いものは多く存在するため、修復歴や車検の有無に注意して良品を探してみてください。
「3代目マーチ」(2002年3月発売モデル、10bグレード)

ドア数:5ドア
乗員定員:5名
全長:3,695mm
全幅:1,660mm
全高:1,525mm
ホイールベース:2,430mm
トレッド前/後:1,470/1455mm
室内長:1,875mm
室内幅:1,355mm
室内高:1,275mm
車両重量:920kg

最高出力:68ps(58kW)/5,600rpm
最大トルク:9.8kg・m(106N・m)/3,600rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:997cc
燃料タンク容量:41リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:19.2km/リットル(10・15モード)
最小回転半径:4.4m
駆動方式:FF
トランスミッション:4速AT

四代目モデル 2010年~

日産マーチの中古価格・特徴紹介
現行モデルとなる4代目マーチへのフルモデルチェンジは2010年に行われました。

4代目 マーチは全高こそ低くなったものの、全長と全幅が3代目より大きくなっています。
車体サイズの大型化があったためか、乗り味の軽さは3代目よりも感じにくいかもしれません。

ただ、全体的に欠点がないという点は変わらず、燃費が21.4km/Lまで向上したことも手伝って3代目とはまた異なる使いやすさのある車となっています。

4代目マーチのグレードは、スタンダードグレードである「12S」、装備をより充実させた「12X」、オートライトシステムなど最上級の装備を搭載した「12G」の3種類が設定されています。

また、2013年にはスポーティモデルである「NISMO」が発売され、このグレードは「NISMO」と「NISMO S」の2種類が設定されていました。「NISMO S」はよりパワフルなエンジンを搭載している点が大きな違いです。

4代目マーチの中古車価格は7.8万円~167万円です。
基本的に上級グレードほど高値がついており、NISMOなどの特別なモデルの値段が最も高くなっています。

スタンダードグレードの車両は格安で売られていてもナビやETCなどのオプションが付属している場合があり、お得です。
「4代目マーチ」(2010年7月発売モデル、S12グレード)

ドア数:5ドア
乗員定員:5名
全長:3,780mm
全幅:1,665mm
全高:1,515mm
ホイールベース:2,450mm
トレッド前/後:1,470/1475mm
室内長:1,905mm
室内幅:1,370mm
室内高:1,270mm
車両重量:940kg

最高出力:79ps(58kW)/6,000rpm
最大トルク:10.8kg・m(106N・m)/4,400rpm
種類:水冷直列3気筒DOHC
総排気量:1,198cc
燃料タンク容量:41リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:24.0km/リットル(10・15モード)
JC08モード燃費:21.4km/L
最小回転半径:4.5m
駆動方式:FF
トランスミッション:CVT(無段変速車)

まとめ

日産マーチの中古価格・特徴紹介
マーチは激しいパワーも息を飲む格好良さも無い車なので、カーマニアの方には物足りない車かもしれません。

しかし、性能は高くデザインにも温かみがあるので、日常生活の良きパートナーとなる車です。
オンロードなら場所を選ばず活躍してくれるため、とても頼りになります。

もしも乗りやすい車を探しているなら、ぜひマーチを検討してみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フルモデルチェンジ『日産デイズ』中古価格と相場・特徴を解説

フルモデルチェンジ『日産デイズ』中古価格と相場・特徴を解説

3月28日にフルモデルチェンジをした日産デイズ。軽の枠を超えた洗練された存在感を得たニューモデル、そのポイントをご紹介。併せて、今だから注目したい中古車情報をお届けします。
goo自動車&バイク | 4,759 views
日産ジュークの次期モデル発表される?気になるデザインは?

日産ジュークの次期モデル発表される?気になるデザインは?

日産の中でも人気クロスオーバーSUVの「ジューク」が、2010年に登場してから8年以上が経過し、いよいよ第二世代へと移行します。発売と同時に、斬新なフロントデザインが全世界で注目を集めたことは覚えている人も多いのではないでしょうか?その次期型となるため、既に発売前から多くの注目を集めています。気になるあの顔はどのようになる予定なのでしょうか?
goo自動車&バイク | 565 views
日産「ノート」|e-POWERやガソリンモデル 特徴 燃費 中古価格は?

日産「ノート」|e-POWERやガソリンモデル 特徴 燃費 中古価格は?

日産の人気軽自動車「ノート」の中古価格の相場や各世代ごとの特徴や燃費をまとめてみました。 e-POWERやガソリンモデルも紹介していきますので、購入を検討している方は是非参考にしていただきたいです。
goo自動車&バイク | 2,011 views
セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

日産のセレナは1991年から販売されたミニバンで、大きな室内空間と十分な走行性能を持つ名車として知られています。今では5代目となり、2018年に入って新たなハイブリッドモデル「e-POWER」が追加され、その新鋭モデルはこれまで以上の素晴らしい性能を持っています。では、新たなモデルが追加されたことで、セレナの中古車市場はどうなっているのでしょうか。今回は、これまでのセレナの性能と中古車価格について解説していきます。
goo自動車&バイク | 1,890 views
レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

独特の雰囲気をまとい、今もなお人気がある80~90年代に発売されたパイクカーの紹介と、中古車価格等をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 6,182 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク