2019年3月24日 更新

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】

ドライブレコーダーは最近流行りの弁護士系のドラマで見かけることがありますが、実際に車の事故や非常事態で映像の記録に残り、現実でも非常に役立つ機械です。 いざという時の為に、自分の車にも取り付けておきたい方のために、取り付けの方法、かかる時間、取り付ける位置、費用をご紹介していきます。

8,888 views

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】
ニュースで危険運転や追突事故などの報道にドライブレコーターの映像が使われることが増え、なにかあった時のために実際にドライブレコーダーをつけた方や、今後自分の身を守るためにも搭載を検討している方も多いのではないでしょうか。

実際、2018年1月から煽り運転を始めとして、危険運転防止のために法が強化されたりと、事故が起こることへの対策としてドライブレコーダーの必要性がますます上がっています。

そもそも、ドライブレコーダーとは「車載カメラ」のことで、事故にあった時などにその映像を確認して詳細を検証できるので、客観的な判断材料となり、いざという時にはとても役立ちます。

また、ドライブレコーダーは単に事故やトラブルの為だけではなく、録画時に音声も録音できるタイプやパソコンなどに映像を取り込めるレコーダーもあるので、映像を編集して思い出を保存する素敵な使い方もできます。

今回は、以前に比べるとだいぶ普及が進み、身近なものになったドライブレコーダーについてご紹介していきます。

二つの種類を見極めて自分に合うドライブレコーダーを選ぼう

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】
ドライブレコーダーには、
「衝撃に反応して録画するタイプ」と「常時録画するタイプ」
の2種類があります。

「衝撃に反応して録画するタイプ」の特徴は、
車がぶつかった衝撃などに反応して録画されることです。

常時録画する必要性を感じない方にとっては、このタイプで問題ないように思えますが、小さい衝撃の場合うまく反応しない可能性もあり得るため、できれば常時録画するタイプの方がいざという時に役立つ可能性が高いといえます。

ドライブレコーダーを選ぶ際に、最も重要なのが画質です。せっかく事故の瞬間が撮れたとしても肝心な車のナンバーや車種、状況がわからなければ、証拠とならない可能性があり、その場合は意味がありません。
そのため、できるだけ画質のいいレコーダーを購入するようにしましょう。

また、夜間に運転することが多い方には、暗くても映像をきちんと撮れる性能も重要です。
音声も録画できる機能が必要かについては悩ましいところですが、音によって判断できることもあるかもしれませんし、思い出も録画したいなと思っている方にはあったほうがよい機能ではないでしょうか。

ドライブレコーダーは数千円から購入できるようになりましたが、最低限の性能はもちろん、ご自身のスタイルや予算に合ったドライブレコーダーを選びましょう。

ドライブレコーダーの取り付け方

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】
ドライブレコーダーの取り付け自体は説明書通りに行えば意外と簡単ですが、それだけだと配線が見えたままだったり、シガーソケットが電源を取るためにふさがってしまい、他のことに使えなくなったりと、不便がでてきます。

プロにお任せして手早くすっきりとした配線・電源処理をしてもらうか、自分の好きなように設置してオリジナル性を出していくか、検討してみてください。

お店で取り付けしてもらう場合

お店での取り付けは、工賃がけっこうかかりそうなイメージが強いと思います。
実際は具体的にどれくらいかかるのか調べてみましたので、ご参考ください。

取り付けには店舗によっては予約が必須です。所要時間は約1~2時間程度かかるようです。


<オートバックス>
シガライター接続・・・軽/3,240円 小型~1500cc/3,780円 普通~2000cc/3,780円 大型2000cc/4,320円
電源直接接続・・・軽/4,320円 小型~1500cc/5,400円 普通~2000cc/5,940円 大型2000cc/5,940円
前後2カメラ・・・軽/9,720円 小型~1500cc/10,800円 普通~2000cc/10,800円 大型2000cc/12,960円
※輸入車は上記料金の1.5倍。ドライブデコーダーも店舗で購入した場合。

ドライブレコーダー持ち込みの場合・・・軽/9,720円 小型~1500cc/9,720円 普通~2000cc/10,800円 大型2000cc/12,960円

店舗で買うよりもネットで買うほうが商品自体は安く購入できるのですが、持ち込みで取り付けてもらうと工賃が倍くらい高くなります。
また、フロントへの取り付けが前提となるので、リアに取り付ける場合は金額が異なる場合があるようです。


<イエローハット>
※店舗ごとに料金が異なる場合があるとのことなので、参考程度にお考え下さい。

シガライター接続・・・フロントのみ/5,400円 フロント+リア/+10,800円 リアのみ/5,400円
電源裏取り配線・・・フロントのみ/8,640円 フロント+リア/+13,500円 リアのみ/8,640円
※ドライブレコーダーを店舗で購入した場合。持ち込みの場合は工賃が倍になるとのこと。


<カーディーラー>
持ち込みの場合12,000円~15,000円程度

少々負担額がお高めと感じるかもしれませんが、取り付け方に不安を感じる方や絶対に失敗したくないという方は、自分で取り付けるよりも費用はかかりますが、プロにお願いしてみるのはいかがでしょうか。

自分で取り付けする場合

両面テープもしくは吸盤で運転の妨げにならないフロントガラスの上部から5分の1(20%)以内のルームミラーに隠れる(ドライバーの視界の妨げにならない場所)ところに設置しなければならないと法令(保安基準)で定められているので、基本はルームミラー裏に設置します。
電源はシガーソケットから取るタイプが一般的です。

配線をきれい隠したい・・、など何も考えなければ30分もあれば取り付けられます。


<取り付け方>
(1)フロントガラス上部(取り付け場所は前述の通り)にドライブレコーダーを設置する
(2)コードを伸ばしてきてシガーソケットに差し込む
(3)確認して、不備がなければ完成


工具なども不要で、この方法がもっとも簡単です。

配線が気になる方は、内装の隙間などに棒状のもので配線を押し込みながらシガーソケットから引っ張ってくると、配線が視界に入ることも少なくすっきりします。
この時、結束バンドがあると便利です。

ドライブレコーダーの配線は、足りないことがないように長めに作られているため、余った配線をスマートに隠すには配線をダッシュボードの小物入れの奥などに隠してしまうことをおすすめします。
ヒューズボックスがある車種は、ドライブレコーダーの配線も結束バンドでまとめてヒューズボックスに入れておくとよいでしょう。

シガーソケット増設の仕方や配線処理の方法など、詳しく説明している動画サイトもあるので、スマホで見ながら設置するとスムーズに作業が進むでしょう。

ドライブレコーダーを用いた新しい保険も存在する

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】
ドライブレコーダーの普及にともない、2019年1月からドライブレコーダーを用いた新しい自動車保険が登場しました。

通信型ドライブレコーダーとテレマティクス技術を活用し、保険会社が事故発生時の状況把握、そして顧客へのアドバイスをより迅速かつ的確に行える自動車保険のようです。

さらに、事故発生時以外にも前方接近や車線逸脱等の事故に繋がりかねない運転を検知し、アラートを行うなどの安全運転サポート機能も存在。
安全運転サポートとしては、高速道路逆走注意アラートや毎月の運転傾向を分析したレポート提供など、高齢ドライバーのいらっしゃるご家族にも喜ばれる自動車保険といえそうです。

事故以外にもドライブレコーダーは使える

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】
前述しましたが、事故などの録画以外にも、ドライブレコーダーは思い出作りにも使用することができます。
映像がそのままスマホに転送され録画可能なドライブレコーダーもあり、より手軽に思い出として残せますね。

車での旅行の際にはドライブレコーダーであればビデオカメラを向けられるよりも自然体の家族や恋人を思い出に残すことができるのではないでしょうか。

まとめ

ドライブレコーダーの取り付け方法解説【初めての方必見】
ドライブレコーダーは、事故だけでなく交通トラブルに巻き込まれてしまった際にも非常に有効な装備といえます。

必ず必要なものではないかもしれませんが、あった方がいざという時の助けになってくれます。

もしもの時に自分の身を守るためにも、搭載を検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ETC取り付けについて【設置時間・工賃の検証】

ETC取り付けについて【設置時間・工賃の検証】

高速道路を走る時に必須となるETC。 今回はそのETCの特徴や、取り付ける場合の時間や費用面も紹介していきます。 これからETCの取り付けを検討している方は是非参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 9,310 views
あなたはどれにする?失敗しないドライブレコーダーの選び方

あなたはどれにする?失敗しないドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーをつけるべきかお悩みの方必見!ドライブレコーダーの選び方を伝授します。ドライブレコーダーを選ぶ上でのメリット、デメリット等の注意点まで触れてみました。
goo自動車&バイク | 7,170 views
ドライブレコーダーとは? ドラレコおすすめ比較ランキング

ドライブレコーダーとは? ドラレコおすすめ比較ランキング

交通事故にあった時、確かな映像記録として有効に機能するのがドライブレコーダーです。その有効性が注目されだし、最近では普及率も高まってきたドライブレコーダーですが、ここではそんなドライブレコーダーの特性についてまとめました。
goo自動車&バイク | 3,747 views
イタズラ対策に!防犯カメラのすすめ

イタズラ対策に!防犯カメラのすすめ

自宅の敷地内に駐車できるスペースがあっても愛車にいたずらされてしまうケースはあり、共同駐車場などでは更にその数は多いです。そこで頼りになるのが犯行現場を撮影できる防犯カメラ。ここでは、防犯カメラを利用した防犯方法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,551 views
サスペンション交換のメリットは?【交換目安と費用も解説】

サスペンション交換のメリットは?【交換目安と費用も解説】

車のサスペンションは乗り心地や操作性を左右する重要な部品です。そのサスペンションを交換する時期や費用感、交換することによって生まれるメリットなどを解説します。また、サスペンションを交換することにより車高を低くしたり高くしたりするカスタマイズについても解説しています。
goo自動車&バイク | 10,029 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク