2016年9月8日 更新

運転中の「ながらスマホ」事故やトラブルが多発 ポケモンGOも危険?

ついついやってしまいがちな「ながらスマホ」は思わぬトラブルに遭遇する原因ともなっていますが、それが運転中ともなれば危険度は倍増。昨今流行りのポケモンGOで起きたトラブルも話題となりましたが、今回はそんな「ながらスマホ」とトラブルについてまとめました。

779 views

スマホを見ながら他の作業をする「ながらスマホ」

gettyimages (51771)
スマートフォンはパソコンに比べて小さなデバイスですが、驚くほどにお手軽に世界と繋がることができるために四六時中触っているという方も多いです。それが自宅でくつろいでいる時など、危険性がない時ならばどんなにスマホを操作しても問題ありませんが、あまりにも便利なために外出時に歩きながら、他の作業をしながら……といった感じの「ながらスマホ」をしている方もまた多いようです。もちろん、この「ながらスマホ」はスマホ画面に集中してしまうがために注意力が散漫になり、思わぬトラブルを招きかねないために推奨される使い方ではありません。取り返しのつかない事故が多発する現代ですが、それでもなお、何かしながらスマホをいじってしまう方は後を絶ちません。

ほとんどのスマホユーザーが経験する「ながらスマホ」

thinkstock (51775)
とあるアンケート調査で「歩きスマホをしたことがある」と答えた方は全体の約8割にものぼり、もはや「ながらスマホ」はやったことがない人を見つけるほうが難しいくらいに普遍的なものとなっているようです。歩きながらの使用というだけでも大変危険ですが、それに輪をかけて危険となっているのが運転中の「ながらスマホ」。赤信号待ちなど、一端停車している状態でスマホを操作する方は少なくないようですが、中には走行中にも関わらずスマホを操作して事故を起こす、なんて驚きのパターンもあるようです。

運転中のスマホ使用はもちろん違反!……だが?

thinkstock (51779)
携帯電話やスマートフォンを自動車の運転中に使用すれば道路交通法違反となり、反則金9000円(2点減点)か、または反則金6000円(1点減点)となります。ここで注目したいのは、条文には「自動車等が停止しているときを除き」と表記されている点です。停止しているとき、つまり駐車中や赤信号待ちで車が完全に停車している状態での使用はOKなのです。注意力がスマホに取られてしまうというデメリットはありますが、車の停止状態でのスマホ使用は法的には問題はありません。ただし、車が少しでも動いている状態で通話、またはスマホを見ていた場合はそれだけでアウトです。運転中のスマホ使用はもちろんダメですが、どうしても必要な時は車を一端停車させてから使用するようにしましょう。

トラブル多発! おそろしすぎる「ながらスマホ」

gettyimages (51783)
「ながらスマホ」で自分がつまづいて転んでしまった、電柱にぶつかった……なんてケースはまだマシな方です。それで自分が怪我をしようがスマホを落として壊そうが自業自得ですが、あくまでも自分だけが被害に遭うのですからある意味では幸運とも言えます。今までに日本で起きた事故では、歩きスマホ中に他人とぶつかってケンカになった、歩きスマホを注意されて逆上した男が暴行をした、というトラブルも報告されています。それどころか、2013年には歩きスマホをしていたがために踏切に気づかず、そのまま直進して電車にはねられるという最悪の事故まで起きています。自分だけでなく他人を巻き込んだ場合、思わぬトラブルに発展して賠償問題にまでなるパターンもあるようです。

ポケモンGOで「ながらスマホ」はさらに加速した?

thinkstock (51786)
2016年夏にリリースされたアプリ「ポケモンGO」は、まずアメリカで大人気アプリとなり、次いで日本でもリリースされ同じように大ブームを巻き起こしました。特徴は、実際の地図上に現れるポケモンを歩きながら見つけて、ゲームのようにモンスターボールを投げて捕獲するという、リアルな「ポケットモンスター」体験ができる点にあります。しかし、歩きながらポケモンを見つけるということは、それすなわち「歩きスマホ」になるということ。
ゲームにはポケモンの出現を振動で教えてくれるバッテリーセーバー機能がありますが、それでも画面を見ながら歩くという人は多いようです。この「ポケモンGO」のリリースで「歩きスマホ」、ならびにそれに関連するトラブルはさらに増えたと報道されましたが、そのトラブルには「歩きスマホ」だけでなく私有地への無断侵入や、夜遅くまで公園などで騒ぐというケースもありました。海外では運転中に「ポケモンGO」を起動していたがために交通事故を起こしたケースが報告されるなど、ブームと同時に世界規模の社会問題ともなりつつあるようです。
「注意一秒、怪我一生」とよく言います。歩きスマホは周囲への注意力が全くなくなってしまいますから、ただのよそ見よりもさらに危険な行為です。どんなに面白いコンテンツがあったとしても、歩く時はスマホをしまって周りをよく見て歩くようにしましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

センターライン、破線はどう違う?センターラインの種類と意味

センターライン、破線はどう違う?センターラインの種類と意味

道路に描かれたセンターラインには、いろいろな種類があります。このセンターラインの種類と意味、運転上の注意事項をまとめましたので、安全運転に役立ててみてくださいね。
goo自動車&バイク | 5,722 views
デキる男は絶対知ってる運転マナーおさらい講座

デキる男は絶対知ってる運転マナーおさらい講座

車を運転して気になるのが運転マナーの悪い車です。しかし、他人の悪さは見えても自分の運転マナーについては良く見えません。知らず知らずのうちにマナー違反を犯しているかも?そこで運転マナーを一度見直してみましょう。
goo自動車&バイク | 1,990 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク