2017年1月29日 更新

日産の新型「マイクラ」って何?パリモーターショーで発表

日産マイクラ。あまり聞きなれない名前ですが、世界戦略車である「マーチ」の欧州での販売名です。日産は去る2016年9月29日、5代目となるマーチ、「マイクラ」をパリモーターショーでデビューさせました。

10,627 views

マイクラのデビューは2017年を予定

現行マーチはタイで製造されていました。しかし、生産を簡素化するためか、装備や備品などを簡素化する傾向にありました。エンジンも3気筒とするなど、振動面でも4気筒と比較すると劣ってしまいます。同じくタイ生産の日本車では、三菱のミラージュがありますが、直接当たるクラスではないものの、比較対象として挙げられるヴィッツやフィットなどのライバルがひしめくコンパクトクラスでは、マーチはこれまでやや劣勢に立たされていました。
この弱点をカバーすべく、新型マイクラは親会社であるルノーのフラン工場で生産されます。ボディサイズを一気に全長3999、全幅1743、全高1455mmとし、全長は174mm、全幅は77mm拡大しています。全長はヴィッツなどと同等、幅は日本では3ナンバー規格となるボディサイズとなりました。マイクラのデビューは来年の3月に発売の予定ですが、日本への導入は未定のようです。
日経プレスリリース (61074)

エンジンは最新のダウンサイジングターボに

エンジンは3種類設定される予定。90PS、約14.3kgmを発生する900ccの3気筒ターボエンジン、73PS、約9.2kgmを発生させる同じく900ccのNA3気筒エンジンに加えて、90PS、21.5kgmものトルクを発生させる1500ccの4気筒ディーゼルターボエンジンの設定がされています。日本国内でもマツダデミオが、同じく3ナンバーサイズとなる全幅をもち、1500ccディーゼルを設定し低燃費で人気を博しています。日本にもディーゼルエンジンの導入が期待されるところですので、ぜひマイクラを国内販売してほしいものですね。

ボディデザインは一気に男前に

従来のマーチは、どちらかというと柔らかな曲面で構成された、かわいらしいコンパクトカーという印象でした。しかし、新型マイクラは一転して、力強さが前面に出るデザインとなっています。
マイクラのデザインは、2015年のジュネーブショーで発表されたコンセプトモデル「スウェイ」のデザインを強く反映させています。日産の新しい顔であるVモーショングリルを採用。グリルの「V」から連続するキャラクターラインは、ボンネットからAピラーを下へ、フロントドア中央あたりで下がった後は、リアテールランプに向け上がっていきます。また、リアドア後端でキックアップするラインと緩やかに下がるルーフライン、ブラックアウトされたCピラーがスタイリッシュさを強調します。ヘッドライトもVモーショングリルを受け、吊り上がった鋭いライトとなっており、男前な印象です。
日経プレスリリース (61076)

インテリアもスタイリッシュに

インテリアは、グライディングウィングと呼ばれるセンターから、左右へ翼を広げるようなデザインを意識。ボディカラーを受けた、2トーンのダッシュボードデザインで質感も高く、操作性もよさそうです。また、オプションで、BOSE社との共同開発を行ったBOSE Personal SOUND SYSTEMを用意しています。これは、ドライバーズシートのヘッドレストにスピーカーを装備しており、臨場感のあるサウンドを提供します。カーナビは、Apple CarPlayに対応し、音楽の再生他音声コントロールも可能です。
日経プレスリリース (61075)

装備面でも充実しているマイクラ

価格的な問題から、上級車に比較して簡素化されやすい安全装備ですが、マイクラは手を抜いていません。ハイビームアシスト、ブラインドスポットワーニング、インテリジェントアラウンドビューモニターのほかにも、マイクラが属している欧州Bセグメントでは初採用となる車線逸脱防止支援システム、歩行者認識機能付きインテリジェントエマージェンシーブレーキ、標識検知機能が装備されます。また、上質な乗り心地と運動性能を両立させるアクティブライドコントロールに、FF車の悪癖ともいうべきアンダーステアを軽減させるアクティブトレースコントロールなども装備。他にも電動パワーステアリングのモーターをブラシレスにし、反応とフィーリングの向上に余念がありません。
欧州では、フォルクスワーゲンポロ、アウディA1など競合がひしめくBセグメント。もし国内で販売される場合、ヴィッツやアクアなど毎回販売台数が上位に来る車と競わなければなりませんが、マイクラはクラストップをとるという日産の意気込みを感じる車になっています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

独特の雰囲気をまとい、今もなお人気がある80~90年代に発売されたパイクカーの紹介と、中古車価格等をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 3,363 views
日産リーフはどこの場所で充電できる?充電料金と距離の目安もチェック!

日産リーフはどこの場所で充電できる?充電料金と距離の目安もチェック!

日産リーフの充電場所や気になる料金、バッテリーの寿命などをご紹介します。「自宅で充電できるのか」という疑問や、電気自動車について初心者の方が中古で購入する際の注意点などもわかりやすく解説していきます。
goo自動車&バイク | 5,472 views
日産の自動運転技術は本当に安全? 事故の可能性は?

日産の自動運転技術は本当に安全? 事故の可能性は?

日産の最先端の自動運転技術をご紹介します。高性能センサーを搭載した自動運転システムのすごさが発揮される日産の最新技術とは?セレナだけでなく、エクストレイルや来年には新型リーフにも搭載予定の「プロパイロット」についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 6,260 views
日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

あらゆる方向からぶつからない車を目指した日産の「エマージェンシーブレーキ」とはどんな機能? 今回は日産の自動ブレーキシステムとおすすめ車種について解説します。
goo自動車&バイク | 5,001 views
憧れの日産高級車ランキング TOP5

憧れの日産高級車ランキング TOP5

シーマやフーガなどの高級セダンからミニバンまで、日産の最高級車をランキング形式でご紹介します。気になる燃費やスペックも解説。きっとお気に入りの1台が見つかるはず!
goo自動車&バイク | 38,213 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク