2016年3月31日 更新

メーカー比較も!スタッドレスタイヤの選び方教えます

冬の朝、路面が凍結したとき車で出かけなければならないときに普通タイヤでは不安全です。しかし、スタッドレスタイヤを用意し冬の間普通タイヤと交換しておけば、思わぬ気象の変化で雪や凍結といった状況でも安心して出かけられます。

552 views

凍結した道路は危険

何で凍結した道ではタイヤが滑るの?

凍結した路面と車のタイヤの間には水膜ができるため滑ります。この水膜は車の重量が路面の氷に圧力をかけるため、表面が溶けだしてできるものです。

さらに、タイヤの材質であるゴムは低温になると硬くなるため、路面と密着する度合いが小さくなり滑りやすくなります。

このような理由で普通のタイヤは、雪道や凍結した路面では滑りやすくなるのです。
Lake SHIKOTSU. | Flickr - Photo Sharing! (19122)

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤはどうして滑らないの?

こうしたタイヤの滑りやすさを解消したのが、スタッドレスタイヤです。

タイヤの役割に氷の上でグリップ力をいかに高めるかという問題を解決しているのが、スタッドタイヤです。グリップ力とはタイヤが路面をしっかりと掴んでいる状態、すなわち密着している状態です。

凍結した路面でもグリップ力を向上させる工夫が、深い溝を持つブロックとブロックに刻まれた細かい溝の束、サイプです。ブロックとサイプで雪や凍った路面をしっかりつかむエッジ効果と水膜をサイプが吸込む吸引効果により、滑りをなくします。

さらに、タイヤの材料を構成する新成分の配合により、タイヤの素材を低温の環境でも柔らかく保つ粘着効果が、凍結した路面にタイヤをしっかり密着させます。
 (18226)

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤの注目点は何といっても氷上の制動性能で、いかに凍結路面でも安全に走行と停止ができるかということです。制動性能にはエッジ効果をどれだけ効かせられるかは、ブロックとサイプの構造に大きく左右されます。

次に、燃費への影響度です。凍結路面をしっかりつかみ込む密着度は、車の燃費に大きく影響します。

さらには、タイヤの寿命です。耐摩耗性といってもよいでしょう。スタッドタイヤは低温でも柔らかさを保つ特殊素材が配合されていますが、これは時間が経つと硬化し密着性能が低下し、タイヤとしての寿命となるわけです。

最後に最も気になるのが価格でしょう。スタッドレスタイヤの価格はメーカー、販売店、車種、サイズなどにより異なります。
スタッドレスタイヤ - Wikipedia (18230)

スタッドレスタイヤのメーカー比較

スタッドレスタイヤを国内5メーカーごとに比較します。ただし、タイヤを一様に比較した実験は公開されていません。そのため、2016年2月各社HP上で発表している最新モデルのカタログの比較です。

ブリジストン

アクティブ発泡ゴムにより水膜を吸着し路面に密着します。ブロックやサイプの形状が左右を非対称パタンとすることでしっかり止まるを実現しています。非対称サイド形状で燃費を向上させています。

ダンロップ

凍結した路面でエッジ効果を発揮する「MAXXシャープエッジ」の採用と、表面は柔らかいが剛性をしっかり保つ「ナノフィットゴム」の採用で、氷上ブレーキ性能が従来品に比べ11%アップ。ライフ性能が1.5倍に向上しています。

東洋ゴム工業

新素材「NEO吸着ナノゲルゴム」の採用により、吸水・密着・ひっかきの効果が増し、従来品に比べ制動性能10%アップ、コーナリング性能14%向上。さらに新吸着3Dサイプやコンビネーションブロックなどにより除水効果とエッジ効果が性能を安定化させています。

横浜ゴム工業

「スーパー吸水ゴム」の進化により氷の密着性と吸水効果を増し、氷上制動7%アップと寿命を向上させています。さらに「低発熱ベースゴム」を採用しころがり抵抗を低減することで、燃費性能を従来品より30%向上しています。

グッドイヤー

「アクアフィラー」素材により水膜除去と氷への密着性を高め、ブレーキ性能を14%向上。サイプ数を増やすなどエッジ成分を向上させることも性能アップの一要因です。さらに、ポリマー分子量をより多くするアドバンスコンパウンドで発熱を押さえライフ性能が35%向上しています。
このように各メーカーのスタッドレスタイヤを比較しても基本的な構造と性能はどこの従来品より向上しています。しかし、耐久性や燃費への影響そして価格にはそれぞれ差があるようです。さらに、ここでは紹介していない国内・海外メーカーの製品がまだ多くあり、性能や価格に差があります。タイヤは一度購入すれば数年は使いますので、気になる製品があればカタログをチェックし、店頭で確認するのが良いでしょう。
マツダ・デミオ - Wikipedia (18233)

スタッドレスタイヤで注意したいこと

スタッドレスタイヤだからといって安心してはいけません。寒冷地では「チェーン装着車以外通行止め」という規制が出るときがあり、場所によってはチェーンを携帯することも大事です。

また、凍結面での急ブレーキはタイヤをロックさせますので、スタッドレスタイヤといえど制動が効きません。スピードの出しすぎに注意し、急のつく運転は禁物です。さらに、スタッドレスタイヤは雨天での走行時、車の制動が効きにくくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こりやすくなります。この特性を良く知って運転することが大事です。

夏はタイヤが柔らかくなり摩耗が進むため、冬場を過ぎ凍結の心配がなくなれば、タイヤを切り替えましょう。また、乾いた路面の走行でも摩耗が促進し燃費も悪くなりますので、凍結路面を走る心配がなければ普通タイヤに切り替えたほうが経済的です。

タイヤ面は摩耗により50%減少すると使えなくなります。スタッドレスタイヤは一般のタイヤより摩耗が早いため、プッラトフォームの摩耗マークに気を配ることが大事です。
[車載]恐怖のブラックアイスバーン - YouTube (18236)

明日雨という予報でも、朝起きたら雪や路面凍結といったことはよく起こります。冬、起きる回数は少ない地域でも予想に反し起こるのが、雪や路面凍結です。無理に普通タイヤで出かけると思わぬ事故や故障に見舞われます。どんな気象状況でも慌てずに居られるのが、スタッドレスタイヤやチェーンの準備です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冬でも安心 スタッドレスタイヤの履き替え方法

冬でも安心 スタッドレスタイヤの履き替え方法

あまり雪が降らない地方ではいきなり雪が降って運転するのも大変、なんて話はよく耳にします。暖冬となれば大雪になる可能性も高まるので、備えは例年以上にしっかりとしなければなりません。そこで、ここでは自分でスタッドレスタイヤを交換する方法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,339 views
種類もいろいろ!自分に合ったタイヤ選びをしてみよう!

種類もいろいろ!自分に合ったタイヤ選びをしてみよう!

「ラジアルタイヤ」「スタッドレスタイヤ」などタイヤには数多くの種類があり、それぞれでタイヤの構造や素材が異なるため、車の性格を大きく変えることができます。さて今現在販売されているタイヤにはどういったタイプがあるのか、またそれらのタイヤを履くとどういった効果があるのかについてご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 1,105 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク