2018年2月12日 更新

トヨタタンクの燃費情報!車選びに欠かせない評価ポイントを公開

トヨタから発売されているタンクの燃費情報を徹底検証!2WDや4WDなどグレード別の燃費評価をはじめ、乗り心地、使い勝手など車選びに役立つおすすめポイントを併せて紹介します。

8,090 views

タンクの魅力はここ!

ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮したトール2BOX、タンク。ダイナミックさとアグレッシブさを表現したかっこいい車です。広々ゆったり空間「Living」と、余裕の走り「Driving」をかけ合わせた「1LD_CAR(ワンエルディカー)」をコンセプトに、幅広いユーザーの日常にフィットする新しいタイプのトール2BOXとして誕生しました。
ラインナップには、「X」「XS」「G」「GS」「G-T」「カスタムG」「カスタムGS」「カスタムG-T」を設定しています。「G-T」「カスタムG-T」には、1.5Lクラス相当のトルクを発揮する、新開発の直列3気筒1Lターボエンジン、その他のグレードでは直列3気筒1L DOHCエンジンを搭載しています。
エクステリアの特徴は、切れ長のヘッドランプと大開口アンダーグリルを組み合わせているところ。躍動感を強調し、カスタムグレードにはメッキ加飾や専用バンパーを採用しています。インテリアでは、水平に広がるインストルメントパネルで機能性の高さ、ワイドな印象を表現しながら、見晴らしのよさを実現。運転席前に配置されたメーターは、フードを低く抑えることで視認性を確保しています。
また、最小回転半径4.6mと非常に取り回しのよいコンパクトサイズでありながら、前後乗員間距離を最大1105mm確保することで、後席周りもゆったりしているのがタンクのメリットのひとつです。これは乗り心地のよさにもつながる高ポイントですね。さらに電動で開閉可能な両側パワースライドドアにより、乗り降りも極めてスムーズに。ワンタッチオープン機能、予約ロック機能もついて利便性は抜群です。
 (67811)

安全面では、街乗りの事故被害の軽減をコンセプトに5つの機能を備えた、衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を搭載しています。とくに子育てファミリーにとっては、安全装備の充実は見逃せません。ボディカラーも9色用意されている他、カスタム専用のツートーン仕様5色の全14色が用意されているので、車選びの楽しさもさらに倍増しそうですね。

気になるグレード別の燃費&実燃費を比較

タンクの燃費はどれくらいなのか、実燃費と併せてチェックしてみました。
グレード別の燃費は次の通りです。

◎トヨタタンク(X/G/カスタムG)

4WD/アイドリングストップ
22.0km/L(JC08モード)
実燃費 13.37km/L
 (67812)

◎トヨタタンク(X/G/カスタムG)

FF/アイドリングストップ
24.6km/L(JC08モード)
実燃費 14.93km/L

◎トヨタタンク(G-T/カスタムG-T)

FFターボ/アイドリングストップ
21.8km/L(JC08モード)
実燃費 13.32km/L
 (67813)

以上がタンクのカタログ燃費です。売れ筋の1000cc(2WD)で24.6km/L、ターボで21.8km/Lという数値が出ていますが、市街地での実燃費はというと、渋滞を含む一般道路では10.6km/Lという数値が報告されています。ターボで動力性能に余裕がありますが、1100kgのボディでストップ&ゴーを繰り返せば、当然燃費は悪くなるもの。それでも渋滞の中を走行していても10km/L以上の燃費を確保しているので、最低限の実燃費性能を備えているといってよいでしょう。
istockphoto (67744)
流れのよい一般道路や幹線道路では、市街地より実燃費が伸びており15.5km/Lとう数値が報告されています。停止からの発進時にターボの加給により燃料を必要とするため、停止が少なく一定速度で走れる距離が長くなる幹線道路ならば実燃費がよくなるのです。さらに高速道路の走行時には、17.8km/Lまで実燃費が伸びています。一定走行が続く高速道路では、アクセル開度が少ない状態で走れるので高速ではグッと実燃費がよくなるということですね。
タンクはボディの形状から見ると高速道路では抵抗が大きく、燃費には不利な条件なのですが、17.8km/L走れるのであれば、十分といえるのではないでしょうか。もっと実燃費を伸ばしたいなら、速度を抑えて走ることが大事。空気抵抗やエンジン回転、駆動系の抵抗を減らすことができるので、結果的に実燃費が伸びるはずです。平均時速80km/h程度で走れば、実燃費を20km/Lまで伸ばすことも不可能ではありません。また、走行時の転がり抵抗を減らすのも効果的。タイヤの空気圧を適正値より多めに入れるとよいでしょう。

まとめ

使い勝手や乗り心地のよさ、走行性能や安全性能を備えたタンク。実燃費も乗り方次第で十分に納得できるものですが、実際に購入するとなると、次に気になるのは価格ですね。タンクを少しでも安く購入するには、値引きも大事ですが下取り車の査定がポイントになります。損をしないように、車の買取・下取り相場を調べておきましょう。サイトで確認するなど準備をしっかりして、値段交渉をするとよいと思います。見て可愛い、乗って楽しいタンクをこの機会に選択肢に入れてみてはいかがですか?
(マジョリティ)
出典元:e燃費(2018年1月1日時点、直近90日間のデータ集計値)
https://e-nenpi.com/enenpi/carname/2153
 (67807)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタ ノアはヴォクシーの兄弟車としても知られるミニバンです。2017年7月にマイナーチェンジが行われ、これまでと違ったフォルムになったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。ただ、具体的にどのように変わったのかよくわからない方も多いと思います。そこで今回はマイナーチェンジの前と後の特徴にも触れながら、ノアの中古車情報を解説します。
goo自動車&バイク | 1,169 views
トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタのヴェルファイアはアルファードと並んで同社が提供するミニバンの最上級ランクに位置づけられている名車です。兄弟者として位置づけられているアルファードとはまた違ったデザインに魅力を覚えているユーザーも多いのではないでしょうか。ヴェルファイアはかっこいいだけではなく性能もしっかりしているため、極上のカーライフを演出してくれるでしょう。今回はヴェルファイアの中古車価格の特徴についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,300 views
高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

トヨタのミニバンの中でも最上ランクに位置する車両が2002年から販売されているアルファードです。アルファードは走行性能と静音性、独特の高級感が特徴です。加えて、定員が多いことからファミリーカーとしても人気が高く、万人に愛される親しみやすさも持っています。今日ではアルファードの人気は不動のものとなっており、憧れを抱いているユーザーの方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は2代目および3代目のアルファードの魅力と中古価格について解説します。
goo自動車&バイク | 1,970 views
根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

トヨタ ハイエースは積載能力の高さと使いやすさで大人気で、とにかく実用的な車が欲しい方におすすめです。さらに、ハイエースは耐久性が高く、数万kmでは全く走りに影響が出ません。今回はハイエースの魅力と性能、そして中古車市場での選び方などを紹介します。
goo自動車&バイク | 2,280 views
トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

大人数が乗れる車を買いたいとお考えの方には、高級ミニバンはいかがでしょうか?高級ミニバンなら8人乗れる車もありますし、日常の中で使える走行性能を備えています。何より高級と名前がついている通り、普通のミニバンとはラグジュアリー感が違います。今回は高級ミニバンの中から人気の高い4車種を選んで紹介します。どの車も高い人気に見合うだけの性能を持っているため、おすすめですよ。
goo自動車&バイク | 3,716 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク