2016年4月1日 更新

ハイブリッドSUV車のおすすめ8選

SUVの中でも燃費性能の良いハイブリッドSUVをピックアップしてみます。SUVの定義として、必須項目ではないのですが、今回は4WD車に限定して選んでおります。

3,638 views

スポーツ走行もできる欧州SUV BMW X5

 (24031)

BMWはSUVと呼ばずにSAVと呼び、メルセデスベンツMLの発売後、5シリーズ(E39)の乗用車シャシーをベースとして、X5を発売しました。(MLはフレームシャシー)現状SAVのトップレンジに収まるX5 40e。BMW2.5tに迫る重量ボディながらも2L直4ターボ+ハイブリッドという組み合わせです。8速ATに組み込まれたモーターで、システム出力313PSと名前の通り4L級の走りができるSUVです。ボディサイズは、全長4910全幅1940全高1760(mm)。

13年ぶりのフルモデルチェンジで新しいパワーを得たボルボ XC90

 (24034)

2003年にボルボ初のSUVとしてデビューしたXC90。今年フルモデルチェンジし2代目となりました。ボディは、BMW X5を凌ぐ巨体で、全長4950全幅1960全高1775(mm)となり、全て3列7人乗りです。エンジンはBMW X5同様に2L直4を基本とし、過給機の有無でグレードを分けています。最上級は、「T8 ツインエンジン」。エンジンはターボとスーパーチャージャの二段過給と後輪モーターによるハイブリッドです。エンジン単体でもBMW X5のシステム出力を上まわる320PSの出力があり、システム出力は376PSにも達します。

ハイパフォーマンスSUV・ポルシェ カイエンSハイブリッド

 (24038)

フォルクスワーゲントゥアレグとシャシー、コンポーネントなどを共有しながらもポルシェらしいチューニングをしているカイエン。カイエン「S」Eハイブリッドと名乗るだけあって、走行性能も高いハイブリッドです。高速など惰性で動いているときにクラッチを切断し、エンジンを停止してしまうコースティングモードを備えています。エンジンは3LV6で333PSを発生。システム出力は380PSです。ボディサイズは、全長4855全幅1939全高1705(mm)

SUVの新しい可能性を提案したハリアー

 (24041)

アメリカで、乗用車ベースの4WDとして発売し、爆発的ヒットした初代ハリアー(レクサスRX)。BMW X5やメルセデスベンツMLなど多くのフォロワーを産み、今日のSUVブームのキッカケはこの車からと言っても過言ではありません。ハイブリッドに関しては、2代目ハリアーが、V6・3.5Lとハイブリッドを組み合わせ、ポルシェカイエンSに迫る加速力と言われましたが、3代目の今モデルは、2.5L直4+ハイブリッド。システム出力は197PSとおとなしめですが、必要充分な力を持ち合わせています。ボディサイズは、全長4720全幅1835全高1690(mm)。欧州ではミッドサイズSUVとなりますが、国内では大きな部類となりそうです。

ニッサンのミッドサイズSUV・エクストレイルハイブリッド

 (24044)

2リッター147PSエンジンで、188PSシステム出力を得ています。後輪へはハリアーなどとは異なり、シャフトで駆動力を伝えています。アウトランダー同様に4WDモードでLOCKすることが可能です。ガソリンモデルには7人乗りがありますが、ハイブリッドは、5人乗りのみとなります。トランスミッションはCVTで、モーターと供に組み合わされます。ボディサイズは、全長4640×全幅1820全高1715(mm)です。ハリアーと同様で、国内では比較的大柄なボディになります。

モーターでの駆動をメインにするSUV・アウトランダーPHEV

 (24047)

昨年マイナーチェンジをし、新しい三菱の顔「ダイナミックシールド」を採用し、大きなグリルが印象的なアウトランダーです。アウトランダーのハイブリッドは、他のハイブリッドがエンジンでの走行にも重きを置いて、比較的ハイパワーなエンジンを搭載していますが、アウトランダーは発電機として使用し、できる限りモーターでの走行を行うような仕組みとなっています。その為、2L直4のエンジンは118PSと控えめです。しかし、82PSのモーターを前後に搭載し、急加速時や低負荷定速走行時などにのみエンジンがトランスミッションを介さず、アシストするよう仕組みとなっています。

二年連続No.1SUV・ヴェゼル

 (24051)

フィットをベースとしながらも全長4270mm全幅1770mm全高1605mmまで拡幅したヴェゼル。今回紹介するモデルの中では特別小さいモデルですが、競合並みいる日本のSUV市場で二年連続No.1となっています。ハイブリッドシステムは、デュアルクラッチトランスミッションの奇数段にモーターがつながっており、そこを介してアシスト、回生を行います。システム出力152PSで、伝達ロスの少ないトランスミッションと合わせて、軽快な走りをします。

お手軽ハイブリッド・スバル XV

 (24057)

他に挙げた車種はどれもモーターの出力も高いハイブリッド達ですが、インプレッサをベースとしたXVは、モーター出力13.6PSと他のモデルと比較して控えめで、出力150PSの2Lボクサーエンジンのトルク特性を増強するという位置づけのハイブリッドです。サイズは、全長4450全幅1780全高1550(mm)と、使いやすいサイズです。
ハイブリッドSUVとして、世界各国のモデルをピックアップしてみました。比較的輸入車はハイブリッドとはいえ、パワー重視のものが多いというのが特徴です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ポルシェ カイエン VS BMW X3[外車SUV比較]

ポルシェ カイエン VS BMW X3[外車SUV比較]

SUV人気の昨今、その中でも人気の高い2メーカー。ポルシェとBMW。もともとスポーツカーメーカだけに、背の高いSUVが軽く動くのに感動を覚えます。クラスは違いますが、ポルシェカイエンとBMW X3を比較します。
goo自動車&バイク | 3,023 views
乗ってるだけでステータス。いま売れてる輸入車3選

乗ってるだけでステータス。いま売れてる輸入車3選

輸入車の魅力は、なんといってもブランドバリューとデザイン性、機能性が揃っていること。乗っているだけでステータスがワンランクアップした気分にさせてくれますよね。そこで、ここではそんな輸入車の中でも特におすすめのSUVを3車ご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,559 views
ハイブリッドカーのおすすめ7選 コンパクトカー・4WDから選ぶなら?

ハイブリッドカーのおすすめ7選 コンパクトカー・4WDから選ぶなら?

燃費の良いハイブリッド車。続々と新しいモデルが発売されモーターショーを賑わしています。中古でも人気のあるハイブリッド車の中から、おすすめコンパクトカーやファミリーカーを厳選。さらに安定な走りができるおすすめ4WDも紹介します。
goo自動車&バイク | 16,436 views
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車まとめ

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車まとめ

2016年12月9日、「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定しました。ノミネート全35車種から一次選考によって「10ベストカー」が選出され、さらにこの日59名の選考委員による最終選考会が行われました。ここでは各受賞車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 23,273 views
スノーボーダー必見!スキー場におすすめの車10選

スノーボーダー必見!スキー場におすすめの車10選

これからの季節、スキー場へ出かける方も増えてくると思います。バスや電車もいいけど、マイカーでという方にお勧めの車をピックアップしてみます。ただ、地域の除雪状態によっても変わってくるので、一概には言えませんが、室内の使い勝手など総合的に選んでいますので、ご自身に合った1台を探してみてください。
goo自動車&バイク | 18,116 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク