2016年8月5日 更新

全国のクラシックカーイベント2016

これから行われる2016年のクラシックカー系イベントを紹介します。申し込み方法や対象車種の情報も説明しています。

7,952 views

国内クラシックカーイベント最大のお祭り ラフェスタ・ミッレミリア2016

今回国内で行われる5つのクラシックカーイベントについてご紹介します。まず、「ラフェスタ・ミッレミリア2016」。こちらの祭典は1997年に始まりました。10月14日(金)午前7時から10月18日(火)正午まで1都7県に渡ってオリジナルクラシックスポーツカーが走行します。参加資格車は、Vintageクラス、Post-Vintageクラス、Post War-Ⅰクラス、Post War-Ⅱクラス、Closed Listクラスです。こちらのイベントの元になっているのは、イタリアで1927年から1957年に行われた「ミッレミリア」という自動車レースで、現在も同名のクラシックカーレースが行われています。1000マイル、イタリア語で「ミッレ・ミリア」ということからこの名前が付けられました。いくつかの地点で観戦・見学もできます。

#fiat #fiatmoterosaspider #lafestamillemiglia

A photo posted by Takae Mizuno (@takaemizuno) on

6県を巡る絶景ツアー ジャパンクラシックツアー 2016

「ジャパンクラシックツアー2016」は、9月17~19日に、名古屋ー琵琶湖ー能登ー糸魚川ー安曇野ー松本を舞台に繰り広げられるヒストリックカーラリーです。6月1日から受付が開始されていて、参加申込み用紙はホームページからダウンロードできます。こちらのラリーはさまざまな美しい景色を楽しめるようになっています。1日目は、伊吹山ドライブウェイで大パノラマを楽しめます。また千里浜なぎさドライブウェイは、日本で唯一波打ち際を車で走ることができる海岸です。2日目は、氷見で海鮮丼を楽しんだり、北アルプス山脈の自然に囲まれたクラシックな雰囲気のホテルで一休みします。そして、3日目は清水高原にて約6.5km、標高差445mの高原激坂ヒルクライムPCを楽しみます。参加しなくても見学できる地点もありますよ。参加できる車は、1980年までに製造された国産車・外国車のクラシックスポーツかその他主催者が認めたスペシャルカーです。クラシックカーと絶景ダブルで楽しめるなんて素敵です。

西日本最大規模のクラシックカー・チャリティーラリー ベッキオ・バンビーノ2016秋季大会

「ベッキオ・バンビーノ」は岡山県の東半分を舞台としたクラシックカーラリーで、西日本で最大のクラシックカーイベントです。ベッキオバンビーノとはイタリア語で永遠の少年の心を持ち続ける大人、永遠の少年という意味です。まさにクラシックカー好きの大人のための祭典にふさわしい名前ですね。こちらは、地域の人との交流の他、震災復興支援・交通事故遺児への寄付を目的としたイベントでもあります。今年は6回目で10月1日(土)と2日(日)に行われます。対象となる車は、1973年以前のヨーロッパ製を中心としたスポーツカーと実行委員会が認めた車です。国産車でも参加可能です。

イタリアをはじめ世界の名車が勢ぞろい 熱海ヒストリカG.P.2016

「熱海ヒストリカG.P.2016」は熱海長浜海浜公園で行われるクラシックカーイベントです。車両展示・ミーティング、ヒルクライムが行われます。参加可能な車は、1991年までに生産された車両、スーパーカー、新旧イタリア車とイタリアデザイン車です。今年は10月1日と2日に開催されます。こちらのイベントは車を所有している方のためだけでなく、車の古き良き時代を再確認してもらい、より良い車社会、地域活性につなげることをモットーとしており、観覧が無料となっています。

伝説のドライバーの名を冠したタイムラリー15th+oneトロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリin北海道

「15th+oneトロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリin北海道」は北海道の、千歳ー道央ー道北ー道東ー千歳市と走るヒストリックカーラリーです。名前の中に入っている「タツィオ・ヌヴォラーリ」とは、1930年第に主に活躍した伝説的イタリア人レーシングドライバーの名前で、彼は「4輪ドリフト走法」を編み出した人でもあります。初夏の北海道をヒストリックカーで走り抜ける爽やかなラリーです。今年は7月16~18日に開催されます。2泊3日のフルプログラム参加のAクラスと、1泊2日のBクラスがあります。参加できる車は、1986年までに生産された屋内外のスポーツカーです。

#mantova #trofeoTazioNuvolari

A photo posted by Andrea Zamboni (@andreazamboni) on

今回ご紹介したクラシックカーのイベントは全て日程が被らずに、日程さえ合えば1つだけではなく2つ以上参加することが可能なので、ぜひ足を運んでみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セカンドカーのおすすめ車5選

セカンドカーのおすすめ車5選

いつか乗ってみたい車って誰でもありますよね。でも、普段の日常生活のことを考えるとなかなか手が出せない。そんな悩みをお持ちの方に提案するのが、セカンドカーで好きな車を持つという方法。セカンドカーに関係する維持費やおすすめの車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 19,539 views
名車が拝めるクラシックカー博物館

名車が拝めるクラシックカー博物館

世の中に博物館はたくさんありますが、車好きなら1度は訪れたいのがクラシックカー博物館。国内外のあらゆる名車が展示された博物館では、確かな歴史が感じられる美しい車体を堪能することができます。ここでは、日本国内のクラシックカー博物館についてご紹介します!
goo自動車&バイク | 3,134 views
気分は白黒映画の世界!ビンテージカーのすすめ

気分は白黒映画の世界!ビンテージカーのすすめ

ビンテージカーはクラシックカーやレトロカー、日本では旧車とも呼ばれる数十年前に販売された自動車のことを指します。一般的には車は古くなれば価格が落ちるものですが、中にはプレミアが付き価値が上がるものもあります。今回はそんなビンテージカーをご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,634 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク