2015年12月7日 更新

レンタカーで事故を起こした時の対処法まとめ

自家用車を持たない方にとって、たまのドライブや旅行にはレンタカーは欠かせないサービスの一つです。そして、避けて通れないことが万が一の「事故」です。今回はレンタカーでの事故対処方法をご紹介したいと思います。

2,051 views

必ず保険に加入すること

レンタカーを手続きする際に必ず案内される保険があります。この保険は必ず加入しましょう。事故は起こらないだろうというときに限って、起こってしまいます。保険に加入していないと莫大な損害料が請求され、人生を台なしにしかねません。標準コースでも対人補償は無制限、対物補償は3000万円まで(各レンタカー会社によって、保証金額の差はあります)と充実しています。また、最近ではレンタカー利用料の中に既に保険料が加算されているものがあります。車の運転から離れていた期間などを考慮して、追加で保険加入するかを判断しても良いでしょう。また、盗難、故障、汚損などにより、営業補償という形で費用がかかる可能性もありますので、十分に検討されることをおすすめいたします。
thinkstock (5905)

警察への通報

事故を起こしてしまった場合、必ず警察に連絡をしましょう。起こした事故の規模に関係なく、事故証明を取っていただかないと保険なども適用しなくなります。また、通行人や相手ドライバーなど自分以外の対人に被害が及んでしまった場合、命に関わる緊急事態かもしれませんので、警察のほかに救急車両の手配もしましょう。同時にレンタカーを借りた営業所にも連絡します。事故を起こした経緯、事故の規模などを細かなに報告しておけば、後々の対応についてもトラブルは起きにくいでしょう。実際に事故を起こした場合、パニックになっている場合もあり得ます。その際はどのような行動をすればよいかアドバイスを貰えますので、先に営業所に電話しても問題ありません。
スマホを操作する人 2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (195)

ひき逃げ、当て逃げなどの被害にはどう対処する?

自分が起こした事故ではなく、ひき逃げや当て逃げなどの事故を起こした場合の対処方法のご紹介です。この場合も必ず営業所や警察などに連絡をして、事故証明を行いましょう。しかし、今回のような悪質な事故被害では相手方がわからないため、相手方の自動車保険を適用することができません。また、レンタカーの補償保険が適用されていない場合があります。この場合は自分自身が加入している自動車保険を適用することが可能です。これは事故が起きた場合、他車運転担保特約が付帯されていれば、本人の希望によりレンタカー保険に優先して、支払いができます。ただし、自分の自動車保険から支払いをすれば、次年度の階級は下がります。
驚く女性7|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (200)

事故を起こした相手の有無を確認

事故の種類が単独事故ではなく、相手がいた場合は名前や連絡先などをお互いに控えましょう。その際は必ず非があるないに関わらず、お互いの免許証を提示して、身元の確認を行うことが大切です。相手側が嘘の身元証明をすることの防止へとつながりますし、その後の連絡が取れないなどのトラブルも防ぐことができます。詳しい手順は営業所や保険会社の担当者がアドバイスをしれくれます。相手側に追加で確認すること項がないかもきちんと確認しましょう。決して示談に持ち込もうとせず、また相手側から示談を提案されても拒否するようにしましょう。示談で終了した場合、加入している保険はおろか、自分自身の賠償金額が上がる可能性があります。
人差し指を出す男性|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (203)

事故対応後の行動について

レンタカーでの事故は、その時点でレンタル契約が終了となる契約がほとんどです。代車の用意などは基本的にありませんので、ご注意ください。事故後の移動費用は各保険会社のサービスに依存する形になります。宿泊が伴う旅行だった場合、キャンセルも含め、検討しましょう。また、事故後の対応は保険会社に一任されます。それ以降の対応は基本的にはありません。自分に非があった場合、お見舞いやお詫びの挨拶などは許されますが、補償や金銭が関わること案は保険会社の業務に支障をきたす恐れがありますので、行わないようにしましょう。レンタカー会社への事務手続きは営業会社から支持されますので、その支持に従いましょう。
いかがでしたか?旅先やドライブ中での事故はその後の心理的影響は計り知れません。それがレンタカーであると事故後の自己負担が気になるところです。自分の身の丈に合った保険に加入すること、事故後のスムーズな連絡が鍵となることを覚えておくといいでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

事故でもレンタカーだと保険がおりない?

事故でもレンタカーだと保険がおりない?

自動車を運転していると、交通事故に遭う可能性があります。レンタカーに乗っていて交通事故にあった場合には、保険がおりないのでしょうか?保険がおりないと、高額な慰謝料の支払いなどが必要になることがあります。 今回は、レンタカーで交通事故にあった場合の保険の取り扱いについて解説します。
goo自動車&バイク | 1,434 views
アメリカでレンタカーを借りるには?自動車保険で押さえておきたいポイント

アメリカでレンタカーを借りるには?自動車保険で押さえておきたいポイント

アメリカに旅行したりアメリカで生活する場合には、自動車が必須になります。レンタカーを借りる機会も多いですが、アメリカのレンタカーの自動車保険はどのようになっているのでしょうか。 今回は、アメリカのレンタカーの自動車保険について解説します。
goo自動車&バイク | 3,035 views
ハワイでレンタカーを借りるとき知っておきたい保険事情

ハワイでレンタカーを借りるとき知っておきたい保険事情

自動車を運転する機会は、日本国内で自分の車に乗る場合だけではありません。たとえばハワイ旅行をした場合などにレンタカーを利用することがよくあります。ハワイのレンタカー事情はどのようになっているのでしょうか。 今回は、ハワイでレンタカーを借りるときに知っておきたい保険の事情について解説します。
goo自動車&バイク | 823 views
レンタカーの自動車保険、免責補償は必要?

レンタカーの自動車保険、免責補償は必要?

レンタカーを借りる際、任意保険の加入を勧められることがあります。長くても数日しか利用しないレンタカーにも保険の加入はするべきでしょうか。今回はそんな悩みを持った方の参考になるよう、レンタカーにおける保険についてまとめてみました。
goo自動車&バイク | 967 views
気をつけよう!レンタカーを借りる際の注意点

気をつけよう!レンタカーを借りる際の注意点

レンタカーを借りることが初めてだったり、慣れていなかったりしたら、借りることに不安がありますよね。車をレンタルするとき注意すべき点は何か、事前に知っていたら安心です。レンタカーを借りるときの注意点をまとめてみました。
goo自動車&バイク | 2,354 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク