2019年6月30日 更新

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介

日産の中国部門は、上海で行われた上海モーターショー2019で新型のシルフィを発表しました。日産の中国での主力セダンが新しくなったことから、日本でも新しく新型が発売されることが期待されます。気にになる新型シルフィの変更点やシルフィの歴史、また中古車の価格なども説明いたします。

15,280 views

日産の新型シルフィの概要は?

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
日産の新型シルフィは、上海モーターショーで2019年4月16日に世界初公開されました。
「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術が搭載された、最新モデルとなります。

どのような変更が加えられているのか、詳細を見ていきましょう。

新型シルフィのインテリア

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
ワイドなボディとロングホイールベースなことから、広い車内空間を実現しています。
セダンタイプで車内も広くなると、ゆったりとすることができ、長距離移動も苦になりません。
プレミアムセダンとして、高級感がある仕上がりとなっています。

人間工学に基づいて設計されたシートなので、ドライブをしていても快適です。
またスポーティなブラックやライトグレー、他にも特別色タンが設定されており、落ち着いたデザインながらもスポーティなスタイルとなっています。

インストルメントパネルには8インチモニターが設置されており、また7インチのモニターもあり、ドライバーに必要な情報を伝えます。

新型シルフィのエクステリア

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
エクステリアは、流れるような流線形が魅力的です。
GT-Rと同じ空気抵抗値となっているほどの空気抵抗です。
フロントグリルはVモーショングリルとなっていること、またリアにはブーメラン型のLEDが採用されています。

横から見ると、停止している時でも動きを感じさせるダブルウェストラインが特徴的です。
落ち着いたエクステリアの先代から、よりスポーティなエクステリアに変更されているのがポイントとなります。

新型シルフィのスペック

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
新型シルフィには、新しいパワートレインが搭載されます。
「HR16DE」型の1.6リットルエンジンは、CVTと組み合わせることで低燃費を実現しています。
新型シルフィの燃費は、20.4km/Lとなっているので、排気量の割に低燃費です。

新型のエンジンと、ボディ剛性が向上したことから、軽快にドライブを楽しむことができます。
ドライバーをサポートする、ニッサン インテリジェント モビリティ技術が搭載されています。

シルフィの歴史とは?

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
2000年に日産のサニーをベースとして開発されて、登場しました。
2012年にはフルモデルチェンジを行って世界で販売されることとなりました。
東南アジアではサニーやセントラという名前で発売され、韓国ではOEM販売されるなど世界的に販売されたモデル。

さらに細かな歴史をご紹介します。

1代目シルフィ

2000年から2005年まで発売されたモデルで、ミドルエイジの層をターゲットとして発売されました。
新しいデザインやシステムを搭載するのではなく、保守的なデザインを採用しているのがポイントとなるモデル。
車内はそれほど広くはないので、大々的に売れたモデルではありませんが、一定の台数が販売されました。

中級車として珍しく公用車や社用車として利用するユーザーも。
排気ガス性能の高さや上質な作りが一定の支持を集めたモデルです。

2代目シルフィ

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
2005年から2012年までは、2代目のシルフィが販売されます。

インテリアの無駄な装飾がなく、より落ち着いたデザインになりました。
Bプラットフォームが採用されているのですが、フルCセグメントの車格となります。
サスペンションや足回りを剛性高く設計しなおすことで、日産の高級車フーガ並みの剛性があります。

ホイールベースが伸ばされたことで、車内空間が広くなりました。
また高級感も増し、室内の広さやセンターコンソールにハンドバッグを入れることができるサイズするなど、40代女性をターゲットにしていることをアピール。

3代目シルフィ

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
3代目のシルフィは、2012年の北京モーターショーで発表されて発売がスタートしました。
採用されているのは、Bプラットフォームとなります。
サイズは拡大されているのですが、プラットフォームは同じサイズのものを使用しています。

世界に先駆けて中国市場での発売が先になり、後に日本でも発売がスタートしました。
車内空間をさらに改善し、3代目から世界デビューを果たしたモデル。
ターゲットは70歳以上の男性となっているので、保守的なデザインになっています。

シルフィの中古車価格

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
シルフィの中古価格は、2019年5月現在で3代目のモデルを選択すると約50万円から187万円となっています。
想定しているユーザー層が高いので、比較的年数が経過したモデルでも、走行距離が低いのが特徴です。
平均した中古価格は100万円ほどになります。

走行距離が低いということは、内装や外装の痛みも少ないと予想されます。
もちろん中古車ですので、1台1台のコンディションは異なるものの、モデルのユーザー層から考えると、価格の割に状態の良い車両を探しやすいでしょう。

新型シルフィはスポーティになってきた

【日産新型シルフィのスペック紹介】今狙い目の中古価格も紹介
新型シルフィは、よりスポーティさが増しているのが特徴です。これまでのモデルは、年齢層が高いユーザー向けということがエクステリアからも感じ取ることができていました。しかし新型のシルフィは、スポーティでラグジュアリーさも感じさせるモデルに変わっています。

世界で発売されて、人気を集めているプレミアムセダンが日本でも発売されるのが待ち遠しくなります。空気抵抗が低く、よりスマートになったシルフィの最新情報を楽しみに待ちましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エルグランド中古価格と特徴【ファミリーにおすすめ】徹底的解説

エルグランド中古価格と特徴【ファミリーにおすすめ】徹底的解説

日産を代表する大型ミニバンのエルグランドの魅力をスペックと共にまとめました。 現行型で3代目となるエルグランドは各世代で大きく特徴が異なり、限定車や特別グレードも多く中古車購入時も慎重にスペックを調べる必要があります。 この記事では各世代の特徴をわかりやすく正確にまとめましたので、是非参考にしてください。
goo自動車&バイク | 11,624 views
日産マーチの中古価格・特徴紹介

日産マーチの中古価格・特徴紹介

日産のハッチバック型のコンパクトカー「マーチ」は発売後30年以上を数えるロングセラーモデルです。それだけ長い間売れるのもマーチが魅力あふれる車だからなのですが、マーチの魅力とは何なのでしょうか。今回はマーチの年式ごとの特徴や燃費、中古価格相場に触れながらその魅力に迫ります。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。
goo自動車&バイク | 700 views
フルモデルチェンジ『日産デイズ』中古価格と相場・特徴を解説

フルモデルチェンジ『日産デイズ』中古価格と相場・特徴を解説

3月28日にフルモデルチェンジをした日産デイズ。軽の枠を超えた洗練された存在感を得たニューモデル、そのポイントをご紹介。併せて、今だから注目したい中古車情報をお届けします。
goo自動車&バイク | 5,031 views
日産ジュークの次期モデル発表される?気になるデザインは?

日産ジュークの次期モデル発表される?気になるデザインは?

日産の中でも人気クロスオーバーSUVの「ジューク」が、2010年に登場してから8年以上が経過し、いよいよ第二世代へと移行します。発売と同時に、斬新なフロントデザインが全世界で注目を集めたことは覚えている人も多いのではないでしょうか?その次期型となるため、既に発売前から多くの注目を集めています。気になるあの顔はどのようになる予定なのでしょうか?
goo自動車&バイク | 1,003 views
日産「ノート」|e-POWERやガソリンモデル 特徴 燃費 中古価格は?

日産「ノート」|e-POWERやガソリンモデル 特徴 燃費 中古価格は?

日産の人気軽自動車「ノート」の中古価格の相場や各世代ごとの特徴や燃費をまとめてみました。 e-POWERやガソリンモデルも紹介していきますので、購入を検討している方は是非参考にしていただきたいです。
goo自動車&バイク | 2,792 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク