2018年4月11日 更新

新車価格150万~200万円以下で買える軽&コンパクト!中古で買うと?

こちらの記事では、軽&コンパクトカーの特徴や、200万円以下で可能な車両の紹介と中古車で購入する場合どの程度の価格で購入できるのかについてを掲載しています。

5,879 views

時代の先駆けとなる軽自動車

軽自動車、コンパクトカーの需要は年々増加しています。特に軽自動車は全体の4割近くを占める販売台数を有しています。

国民の足とも言われる軽自動車の需要は衰えることを知りません。

スズキ「ワゴンR」 燃費の良さと高い安全性能

 (68330)

自動車の燃費競争は激化の一途をたどっていますが、それは軽トールワゴンにも及んでおり、スズキ「ワゴンR」が33.4km/L(JC08モード燃費)を達成し軽トールワゴン最高となる低燃費を達成しています。

2017年2月にフルモデルチェンジし、6代目のワゴンRとなり、見た目も燃費もパワーアップされました。

スポーティーなタイプの「スティングレー」を含めて、フロントマスクが全く異なる、3タイプが登場しています。
 (68332)

向かって左がHYBRID FZ、右がスティングレー(L,HYBRID T,HYBRID X)、上がFA,HYBRID FX
ガソリン車のグレード「LA」と、ハイブリッドであるグレード「HYBRID FX」が新定番スタイルとなり新車価格は約107万~129万円、スタイリッシュに該当するグレード「HYBRID FZ」は、135万~147万円、ワゴンRスティングレーは約129万~179万円となります。

軽自動車なので、新車価格が150万円を切るモデルが多く、比較的安い金額で購入できるのが軽自動車の強みです。

中古車市場でもワゴンRは人気があり、2017年2月に登場した現行のワゴンRは発売から1年ほどしか経過していませんが中古車として販売されている台数も多く80万~90万円前後でも検討可能ですので、極力抑えた予算での購入を希望の場合は是非中古車もチェックしてみてください。

遊び心を重視したクルマ、スズキ「ハスラー」

 (68336)

「ハスラー」はワゴンRの基本プラットホームや基本コンポーネントをもとに、SUV感覚に仕立て上げられたモデルです。

外観としては、ワゴンRの四角いフォルムを一層強めた感じです。ツートンカラーが導入されるなど、全体的に遊び心が重視されたデザインになっています。

それまでの軽自動車には無いコンセプトを持っており、新しい感覚のクルマの先駆けだと言えます。

その特徴が良く現れているのがフロント部分で、独特な形状のヘッドライトをはじめ、フロントフェイス全体がファニーな感覚に溢れています。
 (68338)

内装に関しても、ボディと同色のパネルをアクセントにするなど、遊び感覚がインテリアにも取り入れられています。

走行性に関しては、最低地上高が高めに設定されているので、SUV感覚で悪路にも対処できます。そして、安全装備のレーダーブレーキサポートも主要グレードに標準装備されており、高齢者等の運転時も安心です。

新車価格は、約110万~170万円、中古車価格は60万~150万円が相場となっていて大変求めやすい価格です。

新車価格150万円以下の軽自動車。中古で買うと?

先に掲載したように軽自動車は新車価格も150万円を切るものがほとんどで、中古で検討する場合、100万円を切るものも多く経済的観点でいってもとてもおススメです。

他にも人気の軽自動車についての情報を掲載します。

ファミリー、女性に人気! ダイハツ「タント」

 (68344)

軽自動車と言えば真っ先に「タント」の名前が出るくらい、タントは軽自動車の中ではとても根強い人気を誇っています。

タントは女性人気が高く、特にお子さんの居るお母さんから絶大な人気を得ています。
 (68346)

その最大の理由はピラーレスによる圧倒的な乗降部の空間の広さです。中央の柱を取り除いたことによって乗り降りが圧倒的にしやすくなりました。

新車価格は、122万~165万円となり、2WDのグレードであれば多くは150万円以内で収まります。中古車価格は、2015年式からでみても70万円前後となり大変経済的です。

大幅にモデルチェンジしたのが2007年であるため、そろそろフルモデルチェンジするのではと言われています。

日産 デイズもおすすめ!

 (68351)

日産のデイズもおすすめです。

デイズは自動車の大手メーカーである日産と三菱が共同で開発した事から大きな話題となりました。実際の販売台数も、その期待を裏切らない性能から当初の売り上げ目標の4倍という販売実績を上げています。

新車価格は114万~175万円、中古車価格は比較的新しい2016年式のもので見ても60万円台から検討可能となっています。
 (68352)

価格は安いですが、その走行性能は本物で全グレードにエマージェンシーブレーキという装置が装備されています。

これは前の車が急ブレーキをかけた場合、車が衝突の危険性を察知した時に自動的にブレーキをかけてくれるという装置で、安全性の面でもおすすめです。

新車価格200万円以下のコンパクトカー。中古で買うと?

ここからは200万円以下の価格帯で購入可能な普通車でコンパクトカーに焦点をあてていきます。更に軽自動車同様に予算を抑えた購入という観点で中古車情報も紹介します。

走行性も抜群!ホンダ「フィット」

 (68361)

200万円以下という価格で購入できるコンパクトカートして、まず取り上げるのはホンダのフィットです。

ホンダはF1にも参戦しているという事もあって、エンジンの良さには定評があります。ホンダフィットの最大の特徴はその走行性です。

走破力という点においては他のコンパクトカーの追随を許さず、コンパクトでありながら100馬力の出力を発生させるエンジンを搭載しているため、スポーテイーに乗りたいという人からエコドライブを心がけているという人まで幅広いドライバーのニーズに対応することが出来ます。
 (68360)

また、幅広いドライバーのニーズに応えられるという点では運転席も注目すべきポイントです。ドライビングポイントが高くて見晴らしがよいので、とても運転しやすくなっています。

新車価格はガソリン車が約142万~205万円、ハイブリッド車が170万円~236万円となっています。
2017年6月にマイナーチェンジを行っているフィットですが、マイナーチェンジ前のモデルであれば2016年式の車両でも60万円台から検討が可能です。

クラス最高の低燃費、日産「ノート」

 (68367)

続いての新車価格200万円以下のコンパクトカーとして、紹介するのは日産のノートです。

現行ノートは2代目モデルで2012年より発売されています。2016年に行われた4度目のマイナーチェンジにて、「e-POWER」搭載車が追加されました。

e-POWER搭載車の燃費はJC08モードで34.0km/Lという燃費を誇ります。
 (68366)

新車価格は約140万~206万円、ノートe-POWERの新車価格は約190万~240万円と、クラス最高峰の燃費を誇るe-POWERも200万円を切る価格となっています。
中古車価格は、平均価格は90万円前後、e-POWER単体で見た場合は140万円~で検討可能です。

街乗りに最適!トヨタ「パッソ」

 (68371)

最後に紹介するのはトヨタのパッソです。

マツコ・デラックスがコマーシャルに登場しているのでご存知の人も多いのではないでしょうか。

パッソは街乗りに適しているコンパクトカーです。まず特筆すべきはそのサイズの小ささで、他の同クラスの車と比べると前兆で2センチくらい短くなっています。

では室内空間は狭いのかと言われればそうではなく、同クラスの同じ車と比べても遜色ない、というよりも車種によってはパッソの方が広いケースもあって乗り心地という点でもほかの車種にひけをとりません。
 (68373)

またパッソの特徴として挙げられるのは価格です。新車価格は軽自動車を購入する資金があればパッソを購入することができてしまいます。

中古車価格も年式を問わない平均価格の場合57万円とかなり求めやすい価格となっています。

まとめ

今回は新車価格150万円以下の軽自動車、200万円以下のコンパクトカーをメインに紹介し、中古車情報をお届けいたしました。

車をお探し中の方々の手助けになれば幸いです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女子に人気の軽自動車・普通車9選

女子に人気の軽自動車・普通車9選

車というと男性というイメージもありますが、軽自動車は違います。最近は女子に焦点をあててメーカーも可愛らしいデザインや、小さくてもキビキビ走る女子でも運転しやすいような車の開発に力を入れています。今回は女性でも運転しやすい軽自動車やコンパクトカーをご紹介します。
goo自動車&バイク | 13,355 views
【スズキ 軽自動車】2018年人気のおすすめ中古車種4選!

【スズキ 軽自動車】2018年人気のおすすめ中古車種4選!

性能が高い軽自動車を欲しいと思うなら、スズキの車をオススメします。スズキの車は万人受けするデザインと確かな車両性能を持ち、加えて低燃費を実現させていることが特徴です。ちょっとそこまで、という距離から通勤や旅行まで。幅広いシーンでスズキの軽自動車は大活躍してくれることでしょう。今回はスズキの軽自動車を4種類紹介いたします。どの車も買って損はない、おすすめの一台です。
goo自動車&バイク | 2,561 views
【中古で100万円以下】四駆(4WD)の軽自動車&コンパクトカー

【中古で100万円以下】四駆(4WD)の軽自動車&コンパクトカー

四駆(4WD)と言ったら大型SUV車のように力強くてオフロードに強いというイメージを持たれる方も多いと思います。しかし、現在はコンパクトで高性能な街乗りからアウトドアまで幅広いシーンで活躍できる、軽自動車やコンパクトカーの四駆(4WD)も人気です。汎用性だけではなく、購入費用と維持費が抑えられるので特に若者の支持が強まっています。さらには、ファミリー層のセカンドカーとしても運転しやすくお子さんの送り迎えや買い物などにも重宝します。今回はそんな四駆(4WD)の設定もある軽自動車&コンパクトカーで100万円以下で購入できるオススメの中古車をご紹介いたします。
goo自動車&バイク | 2,259 views
小回り抜群!小さい車10選

小回り抜群!小さい車10選

日本の国土事情や家庭事情にあった小さい車をお探しの方必見!普通車から高級車まで人気メーカー、人気車種を軽自動車やコンパクトカー、外車からご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 40,865 views
長く乗れる車ランキング[軽自動車・コンパクト・ミニバン・ミッドサイズ]

長く乗れる車ランキング[軽自動車・コンパクト・ミニバン・ミッドサイズ]

車の性能があがった現在では車の平均保有年数7~8年と言われています。車を買うなら長く乗れる丈夫な車のほうがお得ですよね。軽・コンパクト・ミニバンの中でも故障が少ない車や、耐久性の高いメーカーをランキングで紹介します。
goo自動車&バイク | 71,116 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク