2016年2月22日 更新

洗車の頻度はどのくらい?愛車をピカピカに維持する7つの秘訣

「オイル交換などの整備と違って、洗車なんてしてもしなくても変わらない!」貴方がもしそう思っているのなら、少し認識を変えた方が良いかもしれません。洗車はボディのメンテナンス方法の一種であり、愛車を大切にしたいのであれば必要なことだからです。

614 views

綺麗にするのには理由がある!

綺麗好きな人であれば、普段から洗車には気を使っているのではないかと思います。また、自分以外の人を乗せる場合は事前に洗車し、綺麗な状態で乗せるようにする人も居ます。

では、自分さえ気にしなければ特に洗車する理由は無いのかと言えば、実はそうではありません。洗車することで見た目が綺麗になるのは勿論、塗装の状態維持や、下回りの錆を防止する効果があるからです。
gettyimages (17618)

目に見える塗装面以外にも、こんなところが汚れている!

車は走行する際にタイヤが路面の埃や砂、土や泥を撒き上げボディを汚します。しかし、実はもっと多くの汚れを蓄積する部分があるのです。それは、タイヤが収まっているタイヤハウスの中で、フェンダーの内側の部分です。

よく観察すると分かるのですが、内側へ折り込むように加工されているので、その上に汚れが蓄積されてしまうのです。蓄積した汚れは水分を含みやすく、また乾き難いので、目に見え難い部分から錆が発生します。
gettyimages (17621)

車の下周りは汚れの溜まる箇所がたくさん!

地面に対して垂直な部分であれば、汚れはある程度自然に落下します。しかし、地面に対して並行であれば、汚れはそこに滞留します。車の下周りは構成上横向きの部品が数多くあるため、汚れがそこに乗ってしまいます。

特に、泥は残った後に乾いて強く付着するので、意識的に除去しないと長い間そこに居座ります。そして水分を呼び、フェンダーの時と同様、錆の発生と進行を早めます。
gettyimages (17624)

一見綺麗になったボディも、よく見ると汚れが溜まっている!

ボンネットやルーフは、1枚の金属パネルが面を構成している為に汚れを落とし易いです。しかしフロント・サイド・リア周りをよく観察すると、幾つもの部品が合わさって構成されており、それに伴って隙間や合わせ目が多数あることに気が付きます。こういった箇所はサッと流した程度では汚れを落とし切れず、拭き上げのときやワックス掛けのときに出てきて悪さをする場合があります。

どちらも無理してそのまま作業をすると、荒い研磨剤をつけてボディをわざわざ傷付けることになりかねません。
thinkstock (17629)

海岸沿いでの走行や、冬期間の凍結防止剤にも注意!

海岸線の近くを走行すると、海も見えて気分が良いものです。潮風は磯の香りを運び、嗅覚でも海が近いと感じることができます。また、冬期間は路面に凍結防止剤を撒いてあるケースがあり、走行の際にはそれが車に付着します。

どちらにも共通して言えるのは、細かい成分こそ違いますが、塩分を含んでいることです。塩分は金属の腐食を早め、寿命を短くします。放置せず、こまめに除去することが重要です。
gettyimages (17632)

洗車の基本、スプレータイプの高圧洗浄機を活用しよう!

普段の洗車方法は人により違います。自宅の環境でバケツやホースを用いて洗車することもあれば、全自動の高速洗車機を用いる人もいます。どちらも普段から洗車していれば効果はあるのですが、下周り洗浄はそれだけだとムラがありますし、ボディ部分も勢いが弱いと合わせ目の汚れを取り切れません。

何回かに1回で良いので、スプレータイプの高圧洗浄機を利用し、念入りに洗車することでワンランクアップのメンテナンスとなります。
istockphoto (17635)

手間を掛けたくないからこそのワックス・コート剤!

洗車そのものが好きだと言う人以外は、洗車そのものが面倒だったり苦痛だったりします。そうなると、出来るかぎり洗車の回数は減らしたいですよね。

ワックスやコート剤は艶出し効果がありますが、汚れを付着し難くする効果もあります。ある程度効果を維持させることで車自体が汚れ難くなるので、洗車回数を減らすことができます。また、被膜自体が細かな傷からガードもしてくれます。ドア内側の金属部分や、ドアを開けた時に見える金属部分への使用もおススメです。
thinkstock (17638)
メカニカルな部分の整備は車の状態を良好に保つ為に必須ですが、洗車もボディや下周りの状態を良好に保つ為のメンテナンスとして重要です。普段から誰にでもできるメンテナンスであるからこそ、車を長く大切に乗り続けるには意識的に行うと良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新車購入時にガラスコーティングは必要? 不要?

新車購入時にガラスコーティングは必要? 不要?

砂埃による汚れと、これからの時期オーナーを悩ませる「花粉」や「黄砂」のシミ。新車を購入する際、ボディをガラスコーティングする必要性はあるのか、ないのか。また洗車頻度やメンテナンスについて解説します。
goo自動車&バイク | 27,698 views
車のボディに擦りキズが!初心者でもできる補修方法

車のボディに擦りキズが!初心者でもできる補修方法

うっかり擦ってしまったり、乗り降りに伴ないドアハンドルの傷が増えてしまったり。大切な車の傷は気になるものですね。今回はそんな傷消しの初心者でもできる方法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 3,517 views
クルマの汚れが原因で5人に1人が事故に遭う!?

クルマの汚れが原因で5人に1人が事故に遭う!?

車に乗っていて車の汚れが気になるようであれば、安全運転を心掛けるドライバーと言えます。車の清掃は面倒なものですが、清掃することで安全が確保できれば、積極的に清掃や簡単な点検を行ないたいものです。さらに、長期に車に乗り続けられるのであれば、経済的効果もあります。
goo自動車&バイク | 1,694 views
車はやっぱ手洗い!おすすめカーシャンプー一覧

車はやっぱ手洗い!おすすめカーシャンプー一覧

自慢の愛車だからこそ、洗車だって自分の手でやってあげたい。どうせやるならお出かけシーズンまでには間に合わせましょう。水洗いだけじゃ落ちない頑固な汚れに必須なのがカーシャンプーです。
goo自動車&バイク | 3,802 views
つい後回しになっていませんか?洗車をするべきタイミング

つい後回しになっていませんか?洗車をするべきタイミング

まだ大丈夫だと、ついつい車の洗車を後回しにしてはいませんか?そのまま放置してしまっていると、車体の汚れや錆の原因になることも。洗車はどのタイミングで行うべきなのでしょうか。
goo自動車&バイク | 580 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク