2016年9月27日 更新

ボルボ XC60 Classic(クラシック)を発売

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は2016年8月23日に、「XC60 D4 Classic」と「XC60 T5 AWD Classic」を発売しました。本体価格はXC60 D4 Classic が599万円で、XC60 T5 AWD Classicが629万円です。この記事ではXC60 Classicの特徴と魅力をご紹介します。

1,154 views

ボルボ XC60とは

ボルボXC60は2008年に販売し、同社のなかで最も売れているシリーズです。XC60シリーズにはD4、T5 AWD、T6 AWDのエンジンがあり、D4はディーゼルエンジンで、他の2つはガソリンエンジンです。D4は、高圧で燃料を噴射して完全燃焼を促進するコモンレール方式燃料噴射装置と、応答性と高出力に優れた2種類のターボチャージャーを採用しており瞬発力を発揮します。T5 AWDは高回転域のレスポンスが良く、伸びやかな走り心地です。XC60は路面や天候に左右されずに運転できるように設計され、応答性や操作性に優れています。高速道路やコーナーが続く郊外の道などでその実力を感じられ、AWDモデルは悪天候や荒れた路面での運転にも優れています。
 (54638)

ボルボXC60 Classicのスペックとエクステリア

ボルボ XC D4 ClassicとXC60 T5 AWD Classicは乗車定員5名のSUVで、シフトは8AT、排気量1968ccの車です。どちらも全長4645mm、全幅1890mm、全高1715mmのサイズです。XC D4 Classic の駆動方式がFFで、XC60 T5 AWD ClassicはFULL4WDという点が異なっています。Drive-Eガソリンエンジン搭載車で、エコカー減税の対象となります。フロントグリルはクロムで処理され、アルミホイールは花のようなデザインです。ルーフには空気抵抗が少ないインテグレーテッドルーフレールがついています。またチルトアップ機構がついた電動サンルーフもあるため換気でき、ガラスはパノラマです。最大5%の燃料消費を削減するECOモードはD4のみに標準装備されています。
 (54642)

 (56447)

ボルボ XC Classicのインテリア

キャビンはウッドパネルで、フローティングセンタースタックが滑らかなフォルムです。そして見やすいデジタル液晶メーターは3種類の表示モードから選択できます。ダッシュボードには7インチの高解像度ディスプレイがついており、インターネットに接続されています。タッチスクリーン、音声認識機能、ステアリングリモコンで操作でき、ウインドスクリーンにも情報が映し出されます。全シートが肌触りの良い本革で、前席にはシートヒーターつきのパワーシートです。前席の位置やドアミラーの角度を記憶できる機能を備え、後部座席にはアームレストがついています。
gettyimages (54774)

ボルボ XC60 D4 (2016年2月モデル)との比較

XC60 D4 (2016年2月モデル)でオプションだったキセノンヘッドランプが標準装備となっています。アルミホイールはXC60 D4(2016年2月モデル)では17インチが標準でしたが、XC D4 Classicでは18インチが標準となっています。アメニティについては、本革シート、ウッドパネル、サンルーフが標準装備されている点が、XC60 D4(2016年2月モデル)との違いです。ボディカラーについては、色のラインナップは似ていますが、青系のカラー「マッセルブルーメタリック」が加わっています。
 (54649)

ボルボ XC60 T5 AWD SE(2016年2月モデル)との比較

XC60 T5 AWD SE(2016年2月モデル)と比べると、リアフォグランプが加わり、シフトが8ATへと増え、総排気量は下がっています。XC60 T5 AWD SEのアルミホイールは18インチが標準でしたが、XC60 T5 AWD Classicは19インチが標準となっています。また、サンルーフとウッドパネルが標準装備となり、青系のボディカラーが加わりました。エンジンの型式がB525からB420となり、パワートレイン「Drive-E」は2L直列4気筒ターボです。JC08モード燃費は12.3km/ℓであり、2016年モデルのT5 AWDと比べプラス11%になっています。
ボルボ XC60 ClassicはXC60の基本的なエクステリアデザインや性能は踏襲しつつ、前のモデルと比べてウッドパネル、サンルーフ、ホイールの大きさ、トランスミッション駆動方式などが変わり、AWDモデルではエンジンが変更しています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

頑丈な車ランキング 衝突しても安全な車はこれだ!

車を買うなら頑丈な車を選びたいですよね。やっぱり国産? それとも外車?自動車事故対策機構の自動車アセスメントのデータを元に、衝突安全性能の高い「頑丈な車」をご紹介します。
goo自動車&バイク | 182,311 views
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車まとめ

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車まとめ

2016年12月9日、「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定しました。ノミネート全35車種から一次選考によって「10ベストカー」が選出され、さらにこの日59名の選考委員による最終選考会が行われました。ここでは各受賞車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 23,163 views
RJCカーオブザイヤー受賞車発表!2017年は日産セレナが二冠

RJCカーオブザイヤー受賞車発表!2017年は日産セレナが二冠

11月15日、2017年次RJC カー オブ ザ イヤーの最終選考会がツインリンクもてぎで行われ、日産セレナが2017年次「RJCカーオブザイヤー」あわせて日産セレナに搭載された「プロバイロット」が「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞。さらにボルボXC90が「2017年次RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞しました。
goo自動車&バイク編集部 | 6,935 views
ボルボ 140誕生から50周年!その軌跡をたどる

ボルボ 140誕生から50周年!その軌跡をたどる

ボルボの名を世界に知らしめたミリオンセラー、ボルボ140が誕生してから50周年を迎えます。ボルボ140の節目の年からボルボ140のたどってきた軌跡を振り返ってみましょう。
goo自動車&バイク | 1,078 views
ボルボとUberが自動運転開発で提携

ボルボとUberが自動運転開発で提携

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カー・コーポレーションとアメリカの配車ビジネスを展開するUberが自動運転において提携することを発表しました。提携の内容とその狙いとは?加熱する自動運転ビジネスで注目の提携劇を確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 338 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク