2016年12月19日 更新

グレイスに特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」追加

2016年9月2日、ホンダは「GRACE(グレイス)」の特別仕様車であるSTYLE EDITION(スタイルエディション)が発売しました。この記事ではグレイスの特別使用車がもつ特徴をまとめ、標準車との違いを比べます。

118 views

スタイリッシュなコンパクトセダン ホンダ グレイス

ホンダ グレイスは、ハイブリッド車の低燃費とパワーが特長の、スタイリッシュな印象のコンパクトセダンです。デザインにもこだわっており、座席や運転席周りもすっきりとして洗練されています。今回、特別仕様車である「STYLE EDITION(スタイルエディション)」が発売されたのは、ハイブリッドモデルの「HYBRID LX」と「HYBRID EX」です。
HYBRID LXについては、標準車の価格205万円~に対し特別仕様車の価格は209.84万円~。HYBRID EXについては、標準車の価格222万円~に対し特別仕様車の価格は226.24万円~と、両者4万円程度のプライスアップとなっています。
 (57901)

ドライブモードをアクセルで切り替える「i-DCD」を搭載

グレイスのエンジンには「1.5L i-VTEC」に高出力なモーターを採用しています。さらに、モーターのみで走る低燃費の「EVドライブモード」と、モーターとエンジンを併用する「ハイブリッドドライブモード」は、アクセルの踏み方で切り替えることが可能な「i-DCD」も搭載。エコドライブもストレスなく実践できます。また、パドルシフトはEXの特別仕様車にのみパドルシフトを搭載しています。
そのほか、HYBRID LXとHYBRID EXの特別仕様車ではタイヤが異なります。HYBRID LXはスチールホイールにフルホイールキャップつきなのに対し、HYBRID EXはアルミホイールです。
グレイス ハイブリッドEX(ホンダ)2015年9月モデルのスペック・カタログ[10099599] | goo自動車&バイク (60652)

特別仕様車専用のブルーステッチコンビシートを採用

グレイスの特別仕様車専用のコンビシートの素材は、しっとりとしたプライムスムースと、柔らかいファブリック。ブルーの糸で縫う「ブルーステッチ」を施しており、さり気ないカラーが目にとまります。また、本革巻ステアリングホイールにもブルーステッチを施して、統一感を生んでいます。
また、HYBRID EXは4スピーカー、HYBRID LXは8スピーカーとなっています。さらに、HYBRID EXのリアにはDC12Vのアクセサリーソケットを2つ用意という快適さも魅力です。
グレイス ハイブリッドEX(ホンダ)2015年9月モデルのスペック・カタログ[10099599] | goo自動車&バイク (60651)

安全面の機能も充実

グレイスの「あんしんパッケージ」は、低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能の「シティブレーキアクティブシステム」、側面衝突時に働く「前席用i-サイドエアバッグシステム」、サイドウィンドウ上部の「サイドカーテンエアバッグシステム」を合わせた充実パックです。HYBRID EXにはあんしんパッケージが標準装備されていますが、HYBRID LXではオプションになります。
また、HYBRID EXには、フォグライト」、スマートキーを使わずにドアなどを開けようとすると鳴る「セキュリティアラーム」が標準装備されています。
グレイス ハイブリッドEX(ホンダ)2015年9月モデルのスペック・カタログ[10099599] | goo自動車&バイク (60650)

特別仕様車は専用ボディカラーをご用意

特別仕様車のフロントグリル、アウタードアハンドル、リアライセンスガーニッシュ(横長の金属パーツ)には、ダーククロームメッキが施されています。
さらに、標準色のボディーカラーはホワイト、グレー、ブラック、レッドの系統でしたが、特別仕様車は、ホワイト、レッド、ブルー、パープルのラインナップ。特別仕様車限定のカラー名は「ミッドナイトブルービーム・メタリック」「ルーセブラック・メタリック」で、高級感がある濃い色合いがエレガントさと高級感を作り出しています。
 (57899)

このように特別使用車スタイルエディションの特徴は、エクステリアのボディーカラーとダーククロームメッキ、インテリアのブルーステッチなどです。特別使用車のHYBRID EXとHYBRID LXの違いにも着目してください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク