2017年4月6日 更新

クーペのおすすめ7選 いま人気のスポーツクーペはこれだ

車には様々なカテゴリーがありまが、中でも「車で走ること」が好きな人にオススメなのはスポーツクーペ!やっぱり走る楽しさが一味違います。今回はそんな運転していて楽しいスポーツクーペから、国産車に絞ってオススメ7車種を紹介します。

28,746 views

クーペのおすすめ7選

王道のセダンやアウトドアのSUV、家族づかいではミニバンなど、車には様々なカテゴリーがあります。この中でも「車で走ること」が好きな人にオススメなのはスポーツクーペ!やっぱり、「走るための車」として仕上げられたクーペは、走る楽しさが一味違います。スカイラインのような、セダンタイプと併売されているタイプでも、セダンとクーペは何かが違う!
今回はそんな運転していて楽しいスポーツクーペから、国産車に絞ってオススメ7車種を紹介します。男なら一度は乗ってみたい、かっこいいクーペが目白押しですよ。

ロードスター(マツダ)

世界中で愛されているこの車。ライトウェイトスポーツの世界的な代表格です。現行型はマツダのデザインコンセプトである「魂動」を採用、躍動感と生命力あふれる、洗練された見た目になっています。また自分が車と一体になったかのような感覚で運転できる「人馬一体」感も健在。前後の重量比が50:50という理想的なバランスやマツダ独自のスカイアクティブテクノロジーから生み出される操作性の高さは、「車を操っている」ことを実感させてくれます。
ロードスター RS(マツダ)2015年10月モデルのスペック・カタログ[10099889] | goo自動車&バイク (62454)

このロードスターをベースに、スタイリングデザイン、パワートレイン、サスペンション、ステアリングフィール等をイタリアのアバルト社が行った「124スパイダー」は2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカーに選ばれた程の出来栄えです。よりスパルタンな味付けがお好きな方にはこちらがオススメ。ですが、やはり本家のマツダロードスターに乗った後に試していただきたいですね。お高いですし…。
 (62494)

86(トヨタ)/BRZ(スバル)

トヨタとスバルが共同開発したスポーツクーペ。環境性能、燃費に重きを置いた現代の車づくりに逆行した、徹底的に「走り」についてこだわった車になっています。今のスポーツカーブームの先駆け的な存在とも言えます。トヨタが企画、デザインを、スバルが設計開発を受け持ったため、86/BRZ共に積むエンジンはスバルお得意の2L水平対向エンジンで低重心を実現。ちなみに、足回りはそれぞれのメーカーで作っているため、86とBRZでは、ステアリングフィールが全く別物、というのも面白いポイントですよね。スポーツカー独特の地を這うようにして走る姿が特徴的で、まさに走る楽しさを教えてくれる車と言えます。
 (62456)

 (62458)

GT-R(日産)

最後は日本が誇るスポーツカー、GT-Rです。かつてはスカイラインの1グレード「スカイラインGT-R」として発売されていたのですが、現在では日産GT-Rとして独立して生産されています。価格が1千万円と(あくまでも同じタイムラップを出せる他のスーパースポーツに比べるとですが)安価なのにもかかわらず、ポルシェやフェラーリなどにも引けを取らないどころか、凌駕する性能を実現しているのが凄いところ。その遺伝子は脈々と受け継がれてきたものなので、現行型や1世代前のはとてもじゃないけど買えない、という人にはR33世代のスカイラインGT-Rをお勧めします。実はR32やR34世代よりも、海外では高い人気を誇るケースもあるR33。このR33は、ラグジュアリーになったために車重が多少重く、また海外のニーズを反映して直進安定性の高い長いホイールベースを採用したことにより、国内では他の世代に比べ若干不人気なのです。海外でのニーズに比べ、国内では少々安めに狙えるため今はお得です。これからは値上がりするかもしれません。
 (62460)

RX-7(マツダ)

マツダが2002年まで生産していた、貴重なロータリーエンジン搭載のスポーツカー。生産終了から15年経った今でも、日本はもちろん世界中に根強いファンを持つ人気車種。その理由はやはりロータリーエンジンの持つ魅力。レシプロエンジンでは出せない瞬発力や加速フィールは、一度体験してしまうともうレシプロには戻れない、なんて人もいるほど。生産当時にもかなりの人気だったため、供給数が比較的多く、終了から15年経っているにしては中古車市場でもよくみかけます。もし購入を考えている人は探してみるといいでしょう。ただこの車の性格上、チューニングが施されている確率が高いので、車選びは慎重に。
 (62462)

フェアレディZ(日産)

一時中断を含むものの30年以上の歴史。日産のスポーツクーペと言ったらこれ!というような車がこのフェアレディZ、現行型は4代目になります。3.7L-V6エンジンという豪華な大排気量エンジンを搭載。この排気量だからこそ実現できる自然吸気での圧倒的なパフォーマンスとダイレクトなアクセルフィーリングは、まさにスポーツカー。フロントノーズのふくらみやリアの落ち方など、特徴的なスタイルも見逃せないポイント。一目でZだと分かるエクステリアデザインに惚れる人も多いようです。
 (62464)

スカイラインクーペ(日産)

「スカイラインGT-R」という伝説を作り上げたベースとなるスカイラン。今では、GT-Rとそのベースが別のものとなってしまいましたが、そのスピリッツは決して廃れていません。エンジンはフェアレディZと同じ3.7L-V6エンジンを採用。もともと高級車であるスカイラインをベースとした車両なので、ラグジュアリーな仕上がりになっています。フェアレディZよりも一回り大きくなっているので、高速走行が楽。なお、全幅はフェアレディZの方が上。クーペの特徴であるワイドに低くというイメージを、フェアレディZが強く意識しているのが分かります。4シーターなので、人や荷物を載せるのにも心配いりません。スポーティな乗り味と快適さ、そして日常利用の全てを求める人にはうってつけの1台といえます。
スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP(日産)2016年11月モデルのスペック・カタログ[10107056] | goo自動車&バイク (62466)

RC(レクサス)

トヨタの高級車ブランド、レクサスのスポーツクーペ。RCという名前の由来「Radical(新しい、面白い)Coupe」から分かるように、レクサスブランドでは今までラインナップされていなかった、走りにこだわった車づくりがなされています。フロントはレクサスの代名詞であるスピンドルグリル。他のレクサス車に比べてサイズ感がひと回り大きいため、押し出し感が強く、高級感と共に躍動感を演出してします。インテリアの質も当然高く、運転する喜びはもちろん、所有する喜びをも感じられる1台です。経済的に余裕があるのなら、ぜひとも手に入れてみたい1台です。
 (62468)

まとめ

「何のために車に乗るのか?」その答えが「車が好きだから」と躊躇なく答えられるあなたなら、間違いなくクーペには乗ったほうがいいでしょう。
山道などのワインディングを走るのが好きなら、ロードスターや86等のライトウェイト。
高速道路を流してドライブするのが好きなら、GT-Rやフェアレディなどの大排気量。
スポーツカーにも得意不得意がありますので、自分の好みや使いみちにあった最高の1台を選んでくださいね。
(まゆきち)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【トヨタの中古車】ボディタイプ別に見る人気ランキング・おすすめ車種は?

【トヨタの中古車】ボディタイプ別に見る人気ランキング・おすすめ車種は?

国内シェアナンバーワンのトヨタ自動車。こちらの記事では、ファミリーカーとしておすすめのトヨタの中古車ランキングTOP3をコンパクトカー、ミニバン、セダン、SUVのジャンルに分けてご紹介していきたいと思います。
goo自動車&バイク | 5,660 views
【予算&用途別】中古車を買うなら抑えておきたいオススメ車種10選!

【予算&用途別】中古車を買うなら抑えておきたいオススメ車種10選!

中古車を購入するのであればオススメしたい車種を、ファミリーカー、初めてのマイカー購入等の目的・用途別、予算別に合計10台のおすすめ車種を掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,279 views
車好きが選ぶクーペの乗り心地比較ランキング TOP5

車好きが選ぶクーペの乗り心地比較ランキング TOP5

クーペは走りの「楽しさ」に特化した車。そんな走るためにうまれてきたクーペの中で、ライターが選んだ乗り心地が良い車をランキング形式でご紹介します。クーペの乗り心地といえば、何と言ってもハンドルを握っている人のワクワク感。「乗っていて楽しい」車を探している人必見ですよ!
goo自動車&バイク | 24,761 views
安くておすすめのスポーツカーはこれだ!中古車売れ筋6選

安くておすすめのスポーツカーはこれだ!中古車売れ筋6選

庶民には高値の花というイメージのあるスポーツカー。実は状態の良い国産スポーツカーも、中古だと100万円台で手に入ります。新車ではとても手が届かない値段の外車も、中古車なら150万円以下で購入できることも。安いだけじゃなくてカッコいい、おすすめのスポーツカーをご紹介します。
goo自動車&バイク | 35,681 views
ストリートバイクのおすすめ中古車3選

ストリートバイクのおすすめ中古車3選

軽くて取り回しやすいストリートバイクはいかがでしょうか。ストリートバイクとは街中で乗ることを目的として作られたバイクで、小型で軽量のものも少なくないため、毎日の通勤や通学はもちろんオシャレ目的で買っても楽しめるバイクです。今回紹介するのは、そんなストリートバイクでも人気のバイクです。コンパクトなサイズから大型までそれぞれ街中で気軽に乗れるものばかりです。シティライドを楽しみたい方もそうでない方もぜひご一読ください。
goo自動車&バイク | 247 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク