2018年9月21日 更新

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタのヴェルファイアはアルファードと並んで同社が提供するミニバンの最上級ランクに位置づけられている名車です。兄弟者として位置づけられているアルファードとはまた違ったデザインに魅力を覚えているユーザーも多いのではないでしょうか。ヴェルファイアはかっこいいだけではなく性能もしっかりしているため、極上のカーライフを演出してくれるでしょう。今回はヴェルファイアの中古車価格の特徴についてご紹介します。

2,464 views

ヴェルファイア2代目がマイチェン!先進運転支援が追加

 (71438)

2018年1月に2代目ヴェルファイアのマイナーチェンジモデルが発表されました。この時のマイナーチェンジでは、 先進運転支援システムである「Toyota Safety Sense」が搭載された点が大きな特徴でした。この時搭載されたToyota Safety Senseとはどのような機能を持っているのでしょうか。
Toyota Safety Senseは搭載されたセンサーとカメラを使って迫り来る危険を察知し、ドライバーに警告を促す他ブレーキなどを行って危険回避するシステムのことです。Toyota Safety Senseは6つの機能から成り立っており、プリクラッシュセーフティ、レーントレーシングアシスト、レーンディパーチャーアシスト、レーダークルーズコントロール、オートマチックハイビーム、アダプティブハイビームシステム、ロードサインアシスト、先行車発信機能がそのすべての機能になります。
それぞれの機能を解説すると、プリクラッシュセーフティとは障害物や人にぶつかりそうになった時に緊急ブレーキが作動する機能のことです。レーントレーシングアシストとは道路の中央を走るためにハンドル操作を補助する機能のことで、レーンディパーチャーアシストは車線からはみ出した時に警告を行うなどの機能です。レーダークルーズコントロールは前方の車と一定の距離を保って走らせるための機能で、高速走行時に使います。アダプティブハイビームシステムは前方の車を感知して光を当たらないようにするための機能で、オートマチックハイビームは状況に合わせてハイビームとロービームを切り替えてくれます。
ロードサインアシストは路上の交通標識を読み取りディスプレイに表示してくれる機能で、最後の先行車発進告知機能は停車時に前方の車が動き始めたら知らせてくれる機能です。
Toyota Safety Senseに含まれている先進運転支援システムのほか、ヴェルファイアは2代目にフルモデルチェンジされた時にインテリジェントクリアランスソナーとパノラミックビューモニター、それとインテリジェントパーキングアシスト2というシステムも搭載していました。インテリジェントクリアランスソナーとは停車時に周辺の障害物を探知して、間違った方向に発進しないようにする機能です。パノラミックビューモニターは周辺の状況をモニターに映す技術で、駐車時などに便利でしょう。インテリジェントパーキングアシスト2は駐車スペースを検知して、駐車するまでの動きを指示してくれる機能のことです。
その他、2018年1月のマイナーチェンジでは、プリクラッシュセーフティ機能に人や自転車を検知する機能が追加されたことも大きな変化でした。

初代ヴェルファイア(20系)狙うならハイブリッドモデル

 (71446)

ヴェルファイアは2008年5月に初代モデルが発売され、アルファードと同じく2011年9月にマイナーチェンジが行われました。中古車として買うのならば、この時のマイナーチェンジ後の車両を買うことをおすすめします。なぜなら、2011年9月のマイナーチェンジでハイブリッドモデルが追加されたからです。
なぜヴェルファイアはハイブリッドモデルがおすすめなのでしょうか。その最も大きな理由は燃費です。ヴェルファイアのガソリンモデルはミニバンの中で燃費は良い方なのですが 、ハイブリッドモデルに比べると燃費は落ち込みます。例えば、2代目ヴェルファイアの2.4Lクラスエンジン搭載ガソリンモデルの燃費は11.6km/Lです。一方同じく2代目ヴェルファイアのハイブリッドモデルは16.2km/Lと大きな開きがあります。これらの数値はどちらもカタログ上の燃費であるため、実際にはもう少し数値が落ち込むでしょう。そうなると、燃費の良い車とそうでない車の差がより大きく感じられるのではないでしょうか。

2011年9月のマイナーチェンジで追加されたハイブリッドモデルのうち、主なグレードは「ハイブリッドX」「ハイブリッドV」「ハイブリッドZR」があります。ヴェルファイアはグレード数が多いためすべては取り上げませんが、それぞれのグレードで何らかの装備が追加されて細いバージョンに分かれています。例えばハイブリッドZRにはエグゼクティブパワーシートなどを追加した「ハイブリッドZR”G EDITION”」、高級シートであるプレミアムシートを追加した「ハイブリッドZR “PREMIUM SEAT EDITION”」が存在します。
初代ヴェルファイアのハイブリッドモデルのうちで最も上位のモデルは、2012年9月に発売されたハイブリッドZR “PREMIUM SEAT EDITION” です。これは前述のとおり、ZRグレードにエグゼクティブパワーシートやHDDナビゲーションシステムなどの装備をつけ、座席を高級仕様にしたものです。
ハイブリッドZR “PREMIUM SEAT EDITION” の乗り味は最高というほかありません。専用シートがかもしだす高級感は車内の空気を上質なものに変えてくれます。プレミアムシートに背中をあずけてハンドルを握れば、ヴェルファイアの魅力に病みつきになるでしょう。
走行性能も街乗りに十分なオンロード性能を持っています。車重が重いだけに高速力のパワー不足を少しだけ感じるかもしれませんが、日常的に使う分にはストレスなく乗れると思います。
ハイブリッドZR “PREMIUM SEAT EDITION” の中古車価格は265万円~429万円です。当時の新車価格では6,120,000円(税込)だったので、大分安くなったと言えます。ヴェルファイア ハイブリッドZR “PREMIUM SEAT EDITION”のような高級車が格安で買える点はまさに 中古車ならではの魅力でしょう。当時憧れだったヴェルファイア最上位モデルにも今なら手が届くかもしれません。
下位のハイブリッドモデルはハイブリッドXになります。ハイブリッドXはオートマチックハイビームやパワーバックドアなどの機能が省かれている他、走行性能などは上位のハイブリッドモデルと変わりません。走り味は上位モデルと同じなので、高級感のあるドライブを楽しめるでしょう。
ハイブリッドXの中古車価格は180万円~406万円です。上位モデルの装備品に魅力を覚えないなら、ハイブリッドXを購入するのもおすすめです。廉価モデルではありますが、ヴェルファイアならではの上質な車内空間は十分楽しめます。走行性能も不足は無いので、足代わりに乗り回してみてください。
ヴェルファイアのガソリンモデルは、主に「2.4X」、「2.4V」、「3.5V」、「2.4Z」、「3.5Z」というグレードに分かれています。それぞれのグレードで装備品の違いからバリエーションが生まれている点はハイブリッドモデルと変わりません。ちなみに、グレードについている数字はエンジンクラスを指し、2.4は2.4Lクラスのエンジンを、3.5は3.5Lクラスのエンジンを使用しているという意味です。
また、ガソリンモデルはどの車も2WDと4WDを選べます。
最上位のガソリンモデルは「3.5Z “G EDITION”」です。このグレードでは3.5Zより高級感溢れる車に仕上げてあります。ハイブリッドモデルよりも多少音はありますが、大容量エンジンの駆動音は運転している実感を強く与えてくれることでしょう。
走行性能に寄せられる評価では、パワフルな走りが楽しめるという声が多く寄せられています。パワー不足で困ることはおそらくないのではないでしょうか。高いパワーを生かして、どんなオンロードでもドライブできると思います。
3.5Z “G EDITION”の中古車価格は155万円~339万円です。ハイブリッドモデルよりも車体価格は安く抑えられているため、買い求めやすい点が特徴です。内装の高級感は最上位ハイブリッドモデルとほぼ同等であるため、極上の空間をより安い値段で手に入れられるでしょう。ヴェルファイア3.5Z “G EDITION” が日々の生活に加わると、車に乗ることが無性に楽しくなってくると思います。
下位のガソリンモデルは2.4Xです。エンジンはより小さいクラスのものを使っているため、3.5Lモデルほどパワフルな走り味はありません。それでも、オンロード走行には十分な性能を見せてくれるでしょう。この2.4Xでは8人乗りモデルも選択できるため、安価に大人数が乗れるミニバンを探している時などは重宝するでしょう。
2.4Xの中古車価格は128万円~262万円です。非常に求めやすい価格なので、おすすめです。

2代目ヴェルファイアは乗り心地、デザインともに変化

 (71432)

2015年1月にヴェルファイアのフルモデルチェンジが行われました。このフルモデルチェンジで大きく変更された点として、まずエクステリアデザインが挙げられます。初代のヴェルファイアは丸みのあるどっしりとした印象でした。2代目にモデルチェンジされてからは印象的にメッキパーツを配置し、グリル部分を強調するなどアピール力の強い外観に変更されました。2代目までのノーマルな外観を支持する人からは反対の意見もあるようですが、多くのユーザーには肯定的に受け止められているようです。
その他、ヴェルファイアのモデルチェンジでは、乗り心地が良くなった点も大きな変更点として挙げられます。サスペンション方式を変更する、車体の剛性を高めるなどの改良を行って、ヴェルファイアの安定性は向上しました。そのため、 ドライバーにとっては運転がしやすくなり、同乗者はより車内でくつろげるようになりました。さらに、全高を変えないまま低床化も行われたため、車体のバランスも良くなっています。

2代目ヴェルファイアにも初代と同じようにハイブリッドモデルとガソリンモデルが用意されています。
ハイブリッドモデルの主なグレードには「ハイブリッドX」、「ハイブリッドV」、「ハイブリッドZR」、「ハイブリッド エグゼクティブラウンジ」、「ハイブリッド エグゼクティブラウンジ Z」の5種類があります。初代と同じように、ハイブリッドモデルはどれも走行性能は変わらず、装備品の違いでグレードが分かれています。この中で、ボディにエアロパーツが使われているグレードはハイブリッドZRとハイブリッド エグゼクティブラウンジZだけなので、エアロボディのヴェルファイアに乗りたい方は要注意です。
最上位のハイブリッドモデルはハイブリッド エグゼクティブラウンジ Zです。このグレードは前のグレードに当たる「ZR」よりも社内の居心地がよくなるよう装備品が揃えられています。読書灯などもついているため、まるで家にいるような優雅なひとときを味わえることでしょう。
ハイブリッド エグゼクティブラウンジ Zの乗り心地の評価は非常に高いものです。フルモデルチェンジの際に車体の安定性が高められているため、柔らかくも手応えのある走り味が感じられるでしょう。ヴェルファイアの伝統になっている内装のゴージャスさは言うまでもなく、運転の楽しさをさらに引き立ててくれます。
ハイブリッド エグゼクティブラウンジ Zは2018年1月のマイナーチェンジの時に追加されたモデルなので、中古車市場ではまだあまり出回っていないかもしれません。ハイブリッド エグゼクティブラウンジの中古車価格は419万円~698万円なので、それより多少高い値段になることは確かでしょう。ちなみに、ハイブリッドエグゼクティブラウンジ Zとハイブリッドエグゼクティブラウンジの違いはエアロボディかどうかだけです。エグゼクティブラウンジZが中古車市場にあらわれるにはもう少し時間がかかるかもしれません。
下位のハイブリッドモデルはハイブリッドXになります。ハイブリッドXは7人乗りと8人乗りが選べるため、定員の多いヴェルファイアが欲しい方はこのモデルを選びましょう。走行性能も十分で装備も水準程度のものはそろっているため、実用本位の方におすすめです。
ハイブリッドXの中古車価格は310万円~395万円です。こちらもモデルチェンジ後の車両が出回っていない場合もあるため、少し待つことも必要かもしれません。
2代目ヴェルファイアのガソリンモデルは主に「X」、「Z」、「V」、「VL」、「ZG」、「エグゼクティブラウンジ」、 「エグゼクティブラウンジ Z」の7種類に分かれています。当初は「ZA」というグレードが存在していましたが、2018年1月のフルモデルチェンジをきっかけにZAはZGに統合されました。このうち、3.5Lエンジンを搭載しているグレードはVL、ZG、エグゼクティブラウンジ、エグゼクティブラウンジ Zで、エアロボディを使用しているグレードはZGとエグゼクティブラウンジ Zになります。
最上位のガソリンモデルに当たるエグゼクティブラウンジ Zは燃費の数値ではハイブリッドモデルに及びませんが、ラグジュアリー感溢れる居心地の良さは引けをとりません。3.5Lエンジンが生み出す強力なパワーを感じれば、走っていて気持ちよくなれること間違いなしです。
エグゼクティブラウンジ Zの中古車価格は499万円~812万円です。ハイブリッドモデルよりも扱われている台数が少なめなので、探すのは少し苦労するかもしれません。しかし、その苦労に確実に報いてくれる性能を持った車です。
下位のガソリンモデルはXです。このモデルはおおむねハイブリッドXと装備品などは共通しており、2.5Lエンジンを搭載している点が特徴的です。ハイブリッドXと同じように8人乗りを選択できるため、大人数で利用する時に役立ってくれるでしょう。
現在はどちらかといえばハイブリッドモデルの方が人気が高いためか、Xは中古車市場でも出回っていない場合があるかもしれません。Xと主にエアロボディの有無という点で異なるZの中古車価格は289万円~357万円です。Xの中古車価格はこれよりもう少し安いものになるでしょう。手頃な値段で使いやすいヴェルファイアに乗りたいなら、Xはおすすめできるモデルです。

まとめ

ヴェルファイアはアルファードと並んでトヨタの傑作ミニバンとして名高い車です。アルファードとは一風違ったラグジュアリー感あふれるデザインは、毎日のドライビングを華のあるものにしてくれるでしょう。定員人数の多さを活かして、ぜひできるだけ多くの人でヴェルファイアの魅力を分かち合ってみてください。最高のドライブが味わえるはずです。
トヨタのミニバン選びに迷っているなら、こちらの記事もおすすめ

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタ ノアはヴォクシーの兄弟車としても知られるミニバンです。2017年7月にマイナーチェンジが行われ、これまでと違ったフォルムになったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。ただ、具体的にどのように変わったのかよくわからない方も多いと思います。そこで今回はマイナーチェンジの前と後の特徴にも触れながら、ノアの中古車情報を解説します。
goo自動車&バイク | 1,285 views
セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

日産のセレナは1991年から販売されたミニバンで、大きな室内空間と十分な走行性能を持つ名車として知られています。今では5代目となり、2018年に入って新たなハイブリッドモデル「e-POWER」が追加され、その新鋭モデルはこれまで以上の素晴らしい性能を持っています。では、新たなモデルが追加されたことで、セレナの中古車市場はどうなっているのでしょうか。今回は、これまでのセレナの性能と中古車価格について解説していきます。
goo自動車&バイク | 1,717 views
高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

高級ミニバンの雄!中古で買うアルファードの中古価格とおすすめモデル

トヨタのミニバンの中でも最上ランクに位置する車両が2002年から販売されているアルファードです。アルファードは走行性能と静音性、独特の高級感が特徴です。加えて、定員が多いことからファミリーカーとしても人気が高く、万人に愛される親しみやすさも持っています。今日ではアルファードの人気は不動のものとなっており、憧れを抱いているユーザーの方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は2代目および3代目のアルファードの魅力と中古価格について解説します。
goo自動車&バイク | 2,166 views
根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

根強い人気のトヨタ ハイエース。中古車価格と選び方は?

トヨタ ハイエースは積載能力の高さと使いやすさで大人気で、とにかく実用的な車が欲しい方におすすめです。さらに、ハイエースは耐久性が高く、数万kmでは全く走りに影響が出ません。今回はハイエースの魅力と性能、そして中古車市場での選び方などを紹介します。
goo自動車&バイク | 2,446 views
トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

トヨタの人気「高級ミニバン」おすすめ中古車種4選

大人数が乗れる車を買いたいとお考えの方には、高級ミニバンはいかがでしょうか?高級ミニバンなら8人乗れる車もありますし、日常の中で使える走行性能を備えています。何より高級と名前がついている通り、普通のミニバンとはラグジュアリー感が違います。今回は高級ミニバンの中から人気の高い4車種を選んで紹介します。どの車も高い人気に見合うだけの性能を持っているため、おすすめですよ。
goo自動車&バイク | 3,998 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク