2016年6月27日 更新

ダイハツ「ウェイク」が内外装を刷新 新型の使い勝手は?

ダイハツ工業株式会社が、軽乗用車の「ウェイク」について一部改良し、内外装を刷新させて2016年5月17日に発売しました。一部改良され魅力アップしたウェイクについて、ご紹介していきます。

1,031 views

ダイハツ ウェイクってどんな車?

ウェイクは2014年11月に、ダイハツ工業株式会社より発売されました。見晴らしのよさと軽自動車最大の室内空間を実現した車です。さらに、キャンプやサーフィンなどのレジャープロフェッショナル参画による車なので、レジャー使用時の高い利便性を特長としています。どちらかというと、レジャー志向の方に好評な車なのです。今回は一部改良により、さらに機能アップし使いやすい仕様になっています。バージョンアップ内容は大きくわけると3つ。内外装のデザイン変更と、装備面の強化、新しいグレードの追加です。それでは、具体的に紹介していきます。
ウェイク GターボSAII(ダイハツ)2016年5月モデルのカタログ[10103714] | goo自動車&バイク (48831)

内外装のデザインを改良

まずは内外装のデザインから。外装では、新デザインのフロントフードガーニッシュ(グレードによって黒もしくはメッキ)を採用しました。また、フロント、リアともにバンパーガーニッシュをボディと同色にすることで、スタイリッシュな印象を表現しています。さらに、フロントフォグランプを標準装備、インパネ加飾も変更することで質感を向上させています。車の印象を決めるボディーカラーには新たに2色追加したほか、ホワイトルーフなどを採用させた2トーンカラーも5色展開。合計14パターンのカラーバリエーションを実現させています。スタイリッシュからポップな雰囲気まで選べるので、自分好みのカラーをチョイスして楽しんでみてください。
ウェイク L SAII(ダイハツ)2016年5月モデルのカタログ[10103716] | goo自動車&バイク (48873)

機能性の充実

今回の一部改良でいくつかの機能が追加され、より充実した内容になっています。まず、ドアについて。パワースライドドアのドアクローズの最中に、電子キーの「施錠ボタン」を押すと、ドアクローズの後に、自動で施錠を行う事ができる機能「パワースライドドア予約ロック機能」を追加しました。これはダイハツ調べで軽自動車で初採用の機能になっています。閉まるのを待たなくていいので、降車後すぐに出かけることができて便利ですね。また、「リアパーソナルランプ」が全車標準装備になっていて、後ろの席でも明るくなり利便性が向上されています。さらに、メーカーオプションにはなりますが、「Dアシスト機能」がドライビングサポートパックへ追加されました。これは、坂道走行や高速道路での合流時などのパワーが必要な時に、手元のボタン操作でCVT制御をパワーモードへ切り替えができるものです。ボタン1つで切り替えてくれるので助かりますね。
ウェイク L SAII(ダイハツ)2016年5月モデルのカタログ[10103716] | goo自動車&バイク (50606)

安心・安全機能向上のスマートアシストII

衝突回避支援システム「スマートアシストII」を標準装備にしました。これは従来のスマートアシストをさらにグレードアップさせたもの。従来のスマートアシストよりも広い車速域で危険性があった場合に、緊急ブレーキで減速し、衝突を回避したり、被害を軽減したりする機能です。さらに、走行中に前方車両との車間に危険性があると判断すると、ブザーが鳴る「衝突警報機能」に歩行者検知を追加し、車線から逸脱しそうになると回避するように促してくれる「車線逸脱警報機能」も追加されています。このように、運転を支援する機能の強化や追加が行われているので、より安心・安全性の機能がアップした車になっているのです。
thinkstock (48854)

レジャーユースにぴったりな新グレードを設定

今回の一部改良では、新グレード「レジャーエディション」が設定されています。このグレードでは、防水樹脂製のフロアで泥汚れなども簡単に拭き取れる「イージーケアフロア」や、荷物をかけたり固定したりできるフックやベルトが豊富に装備されています。さらに、夜間作業や室内の着替えなどに役立つLEDランプも搭載。これらのレジャー向きの装備が、標準装備になっているのは嬉しいですね。また、助手席に置いたカメラなどの小物が走行中に移動しないようにするための、マット付大型トレイが装備されています。携帯を置くのにぴったりなトレイもセンターに設置してあり、より充実した内容に。荷室についてはフラットになるのはもちろん、ラゲージの床下部分にアンダートランクが装備されているので、クーラーボックスなどの大きな荷物も、背丈のある荷物も積載可能。レジャー使用には魅力満載の車になっています。
ウェイク L SAII(ダイハツ)2016年5月モデルのカタログ[10103716] | goo自動車&バイク (48858)

安心・安全面の機能もアップし、さらにレジャー向けにもぴったりな仕様まであるダイハツ ウェイク。家族でキャンプやアウトドアのお出かけのお供にしてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

次回購入検討しているクルマランキング 2位はタント、1位は?

次回購入検討しているクルマランキング 2位はタント、1位は?

株式会社プロトコーポレーションが運営する「PROTO総研/カーライフ(プロトソウケン/カーライフ)」は、 2016年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2017」としてまとめました。
goo自動車&バイク編集部 | 8,516 views
「ムーヴ キャンバス」が20000台を受注 人気の秘密は?

「ムーヴ キャンバス」が20000台を受注 人気の秘密は?

2016年9月、ダイハツから発売された「ムーヴ キャンバス」。発売後約1か月の受注は、当初の月販目標台数5000台のおよそ4倍以上、約20000台を超えるほどの大人気です!その人気の秘密、特に気になるその装備や特徴についてご紹介しましょう。
goo自動車&バイク | 7,781 views
新型パッソがついに発売!パッソに見るダイハツ・トヨタの新戦略とは

新型パッソがついに発売!パッソに見るダイハツ・トヨタの新戦略とは

ダイハツがトヨタの完全子会社化に先駆け、ダイハツが一貫生産を請け負ったパッソ。パッソ/ブーンから今後のコンパクトカー市場に対する新戦略を読み解きます。
goo自動車&バイク | 1,815 views
新型ラパン/ミラココア 女子に人気の軽自動車を比較 

新型ラパン/ミラココア 女子に人気の軽自動車を比較 

他のクラスに比べると、女性ユーザーの比率が圧倒的に高い軽自動車ですが、ファミリー層をターゲットとした車種がほとんどため、若い女性をターゲットにした車種が登場しました。それが「スズキラパン」と「ダイハツミラココア」です。
goo自動車&バイク | 4,722 views
キャストとハスラーを比較 オフロードに強い軽自動車対決

キャストとハスラーを比較 オフロードに強い軽自動車対決

国内の自動車市場において最も人気のある、軽トールワゴンとクロスオーバーSUVという、最強の組み合わせを採用して大ヒットしたスズキのハスラーと、同様の組み合わせで登場したダイハツのキャストアクティバは、優れた使い勝手と動力性能をも合わせ持ち、ともに大ヒットを記録して軽クロスオーバーSUVの好敵手となっていますが、この2車には、どのような特徴があるのか、その違いを説明していきます。
goo自動車&バイク | 7,377 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク