2017年10月25日 更新

ホンダ新型ステップワゴンの燃費は?ハイブリッド4WDのグレード別燃費を紹介!

ホンダの新型ステップワゴン、気になる燃費を紹介します。ハイブリッド車や4WD車、新型ModuloX、スパーダ、RG1、RF1等、グレード別の実燃費も細かくリサーチしました。

7,768 views

3ナンバーモデルも登場!気になる新型ステップワゴンのラインナップを一挙紹介

1996年に登場し、ミニバンの火付け役として日本のミニバン市場を牽引してきたのが、ホンダのステップワゴンです。現行モデルは、2015年にフルモデルチェンジされた5代目モデル。現在、シンプルなデザインのノーマルタイプ「ステップワゴン」、個性的なデザインの「スパーダ」、グリルを大きくしたスポーティなデザインの「Modulo X」の3種類のステップワゴンが販売されています。フルモデルチェンジでは、ホンダ初となる新開発の直噴1.5L VTECターボエンジンを搭載。直噴システムや小径タービン、デュアルVTCなどによる低回転域でのターボ効果の向上により、常用域で2.4Lエンジン並みのトルクを発生し、多人数で乗車している時や坂道走行でも、スムーズな力強さを発揮してくれます。エンジンの小型化・小排気量化に伴い、出力低下はターボやスーパーチャージャーなどの過給機で補い、走りと燃費を同時に向上させることに成功。エンジンの小型化によるエンジンルームの省スペース化の結果、室内空間も拡大し利便性の高さもさらに向上しました。

さて、では気になる燃費はどうでしょうか。
 (66665)

ステップワゴンスパーダ
・ステップワゴンスパーダ(4WDターボ)
カタログ燃費は15.0km/L(JC08モード)実燃費11.22km/L
・ステップワゴンスパーダ(FFターボ)
カタログ燃費は15.4~16.0km/L(JC08モード)実燃費11.08km/L
・ステップワゴンG・EX/G/B(4WDターボ)
カタログ燃費15.0~15.4km/L(JC08モード)実燃費10.59km/L
・ステップワゴンG・EX/G/B(FFターボ)
カタログ燃費16.2~17.0km/L(JC08モード)実燃費11.83km/L
なお、2017年9月22日には、ステップワゴンスパーダに待望のハイブリッドモデルが登場。2.0L直噴4DOHC i-VTEC+モーター(SPORT HYBRID i-MMD)のハイブリッドモデルの燃費は、25.0km/L(JC08モード)となるようです。

グレードで燃費や走行性能はどう変わる?

2015年にフルモデルチェンジされた新型ステップワゴンは、このクラスのミニバンの主流となっている2L直4エンジンの代替として、1.5L直4エンジンをベースに、燃費と出力を同時に向上させる技術である直噴エンジンを組み合わせてターボ化しています。その他、CVTやアイドリングストップなどが採用され、カタログ燃費(JC08モード)は、最良値で同クラスのガソリン車としてはトップとなる17.0km/Lを達成しています。
ステップワゴンには、「B」「G」「G EX」「スパーダ」「スパーダクールスピリット」といったグレードが設定されています。それぞれの燃費や走行性能、価格について見ていきましょう。
 (66667)

比較的安価で、人気のあるBグレード、Gグレード、G EXグレードを見てみると、バランスのよい中位のGグレードと最廉価のBグレードの価格差は20万円、さらに装備の充実した上位のG EXとGグレードの価格差は10万円となります。燃費性能についてはグレードごとの差はそれほどありませんが、各グレードの細かい燃費と燃料代を比較してみましょう。
まずB、Gグレードはともに、FFが17.0km/L(燃料代5.9円/1km)、4WDで15.4km/L(燃料代6.5円/1km)となっており、燃費性能と1km当たりの燃料費に関しては全く同じです。つまり、BとGグレードの差は、装備の差ということになるでしょう。上位のG EXグレードの場合は、4WDの燃費は変わりませんが、FF車の場合はB、Gと比べて、0.8km/L燃費が悪くなっています。1kmあたりの燃料代は0.3円のアップなので、仮に10万km走るとすると、3万円の燃料コストアップ。Gグレードと比較して車両価格は10万円アップするので、トータルコストで見ると13万円アップということになります。
では、どのグレードを選ぶのがよいのでしょうか。装備の充実度とコストパフォーマンス、燃費ともに、Gがグレードの中では最も優れているので、予算を考えても、Gグレードを選んでおくことをおすすめします。

後ろのドアが横にも縦にも開く、ワクワクゲートの使い心地は?

 (66666)

モデルチェンジ伴い、大開口のテールゲートに左側3分の2程度の横開き式のサブドアを備えた、独自機構の「ワクワクゲート」を採用。これが縦にも横にも開くという面白い仕様になっています。横開きのサブドアから乗り降りもでき、まさに【ワクワク】なゲートです。もちろん、面白い機能は評価が分かれるところでもあり、リアゲートを開けるより小さなスペースで荷物を積み下ろしができてよいという意見もあれば、子供がいきなり「バン」とドアを開けて飛び出したらドアパンチが怖い、後ろを通る車や自転車にぶつかる危険があるため危ないという意見や、後ろのドアを支えている蝶番の部分が少ないのでフルオープンした時に心もとないのでは?という意見もあります。とはいえ、賛否両論あるということは、それだけ新型ステップワゴンに興味があるということ。この【ワクワク】がこの後、どう進化を遂げるか楽しみです。

まとめ

リビングを思わせる機能性に優れた室内空間が魅力のステップワゴン。グレードによって装備や燃費が少しずつ違いますが、ステップワゴンならではの利便性を確保し、快適に乗るならGグレードがおすすめです。予算にゆとりがあるなら、燃費性能が期待できる、新登場のハイブリッド車も検討の価値ありでしょう。
(赤木はるか)
出典元:e燃費(2017年9月15日時点、直近90日間のデータ集計値)
URL:https://e-nenpi.com/enenpi/carname/1412

関連する記事 こんな記事も人気です♪

堂々登場!新型デミオ、旧モデルどどう変わった?燃費を徹底リサーチ!

堂々登場!新型デミオ、旧モデルどどう変わった?燃費を徹底リサーチ!

マツダの新型デミオの気になる燃費、知りたいですよね?XD、13S、13C、1300等グレード別の実燃費情報も詳しくリサーチしました。
goo自動車&バイク | 11,591 views
300万円から探せる!トヨタ「エスクァイア」の燃費、グレード別紹介!

300万円から探せる!トヨタ「エスクァイア」の燃費、グレード別紹介!

トヨタエスクァイア、実は300万円台から探せるって知ってましたか?ハイブリッド車や4WD車などグレード別の実燃費情報も細かく紹介します。燃費向上の為のアドバイスも必見です。
goo自動車&バイク | 5,397 views
ホンダヴェゼルの気になる燃費情報を調査 ハイブリッドとガソリン車の違いは?

ホンダヴェゼルの気になる燃費情報を調査 ハイブリッドとガソリン車の違いは?

ホンダヴェゼルの気になる燃費情報を比較調査しました。ハイブリッド車の実燃費や燃費向上のためのコツも伝授します。
goo自動車&バイク | 5,634 views
高速性能も捨てがたい!トヨタルーミーの気になる燃費を調査

高速性能も捨てがたい!トヨタルーミーの気になる燃費を調査

高い高速時の性能を誇るトヨタ「ルーミー」。気になる実燃費を調べてみました。ターボ車や4WD車についてもタイプ別に検証していきます。
goo自動車&バイク | 10,794 views
低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで燃費がよくなると言われていますが、本当によくなるのでしょうか。低燃費タイヤにはどのような効果があるのか、そのメリット、デメリットとあわせて調べてみました。
goo自動車&バイク | 19,994 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク