2017年9月22日 更新

コンパクトSUVクラスでトップ!? トヨタC-HRの燃費を紹介

トヨタC-HRの燃費情報を調べている方必見!コンパクトSUVクラスでトップの燃費性能を誇るC-HRハイブリッドの実燃費をご紹介。

12,339 views

燃費と走行性能、どちらを選ぶ?

2016年12月に発売されて以来爆発的な人気を誇っているC-HR。登場から1年未満とは思えないほど普及していて、いまや街中で見ない日はないといっても過言ではありません。元はといえばC-HRは、近年人気の高いSUVの中でも扱いやすいコンパクトSUVとしてトヨタが全世界での発売を目指したもの。だから気合いの入り方も並大抵ではありません。
それはエクステリアを見ただけでも一目瞭然。SUVクーペ特有の力強さと流麗さを兼ね備えたデザインにアクセントを添えるのが張り出したテールランプ。下に落ち込むリアデザインの中でテールランプだけが上向きに突き出ている様はとても美しいです。フロントデザインも流行の大口デザインを基調にしつつその一つ一つが細かくデザインされているのでアグレッシブさと繊細さの両方を堪能できます。
 (66002)

もちろんインテリアだって負けていません。ドアを開けると待っているのはシックで上質な空間。大きな純正ナビや浮き出るバックライトは近未来な感じさえあります。これらのインテリアは決して見た目だけのものではなく、ドライバーの動線まできちんと考えられてのもの。直感的な操作が可能なボタン類や、体をしっかりとホールドしてくれるシートは、決して運転の妨げにはなりません。
そんなCH-Rには、ガソリンとハイブリッドにそれぞれ2モデルずつの計4モデルがラインナップされています。ガソリン車は1.2L直4のターボエンジンが、ハイブリッドには1.8Lのエンジンが搭載されています。今回の記事のメインテーマは、このガソリンモデルとハイブリッドモデルのどちらを選ぶか、ということになります。
近年では、節約や環境意識の高まりから「燃費」が、車の購入時における大事な指標になっていることはご存知だと思います。そんな中欧州で生まれ日本でも主流になりつつある考え方に、「ダウンサージングターボ」と呼ばれるものがあります。これはターボというエンジンの燃焼効率を上げる装置をつけることで、走りはそのままにエンジンの排気量を下げてしまおう、というものです。C-HRもこのダウンサイジングターボを採用していて、そのモデルがガソリンモデルになり、1.2Lのエンジンながらターボをつけることで1.8LのNAエンジンと同等のパワーを実現しています。
そんなダウンサイジングターボエンジンを搭載したC-HRのガソリンモデル、実際の燃費はどのくらいなのでしょうか。メーカー公表値では標準モデルのS-T、上級モデルのG-Tともに15.4km/Lとなっており、世界のトヨタが威信を掛けた、という割にはそこまで燃費はよくなさそうです。ただその分走行性能はしっかりと作りあげられており、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」が採用されていたり、この車のためにサスペンションを新開発したりと、こだわりと誇りのこめられた車と言えるでしょう。また燃費の数値がそこまでよくないのは、アイドリングストップ機能がないから、という理由もあります。最近では数値上の目標を達成するためにアイドリングストップ機能を搭載する車もあるみたいですが、C-HRでは採用されていません。
では実際の燃費はどうなのでしょうか。計測の結果、街のりでは10km/L~、少し空いている道でも13km/Lほどでした。公表値の0.7~0.8掛けで、常識の範囲内です。では高速道路ではどうなのでしょうか。高速道路では街のりのようにストップアンドゴーを繰り返すこともなく、安定したスピードで走ることができるので燃費はよくなるのですが、今回は公表値超えの17km/Lを記録しました。このクラスのSUV、しかも4WDとしてはかなり優秀といえます。

コンパクトSUVクラスでトップの燃費性能

 (65952)

この優秀な燃費には理由があります。それは数々の自動制御システム。ガソリンの噴射量やバルブの開閉などを制御システムによって効率化することで無駄のない走りを手に入れています。また幅広い回転数で最大トルクが発揮できるようなセッティングになっているので、高速域でもエンジンが低回転ですむ、という点も低燃費に貢献しています。

価格差13万円!あなたはどちらをえらぶ?

 (66001)

さて次はハイブリッドモデルの燃費を見てみたいと思います。まずメーカー公表値ですがこちらもグレードを問わず30.2km/Lと同クラスではトップクラスの燃費を実現しています。
実際の燃費もやはりトップクラスで、街のりでは競合他種が20km/Lを下回る中、C-HRは見事21km/ Lを記録。郊外のすいている道路だと25km/ Lを超す場面も。ただ高速道路になると平均燃費が24.8km/ Lとイマイチ伸び悩みます。その理由はデザインにあります。このC-HRハイブリッドはプリウスと同じエンジンを採用しているのですが、プリウスの高速道路での燃費を見てみると28km/ Lと圧倒的によいです。プリウスの徹底的に空気抵抗を少なくしたデザインに比べると、C-HRのほうが抵抗を受けやすいデザインだ、というのは素人目に見ても明らかですよね。
ガソリンモデルとハイブリッドモデルを比べてみると、燃費がいいのは当然ながらハイブリッドモデルです。じゃあハイブリッドモデルの方が維持費は安いのかというと、一概にはそうとも言い切れません。というのも、確かにランニングコストで言えばハイブリッドモデルがお得なのですが、そもそもの車両価格はハイブリッドモデルの方が高いのです。その差は13万円。この13万円を燃費の差で埋めようとすると何年くらいかかるのかざっと計算して見ると、年10000万km走行でガソリン代が120円とすると、大体3年乗れば元を取れる計算になりました。この結果を踏まえると、短いスパンでどんどん買い換えるような人は、コスト面でハイブリッドの恩恵は受けられないかもしれません。

まとめ

今回は今売れに売れているC-HRを、燃費を中心に見てきました。制御技術はもちろん安全装備に至るまで、この車にはトヨタの先進テクノロジーがたくさん搭載されています。これからトヨタ車の核となっていくであろうTNGAプラットフォームやセーフティセンスなどがその一例です。今回紹介した燃費はもちろん、このように数多くの魅力があるのも人気の秘密かも知れませんね。
(まゆきち)
出典元:e燃費(2017年8月20日時点、直近90日間のデータ集計値)
URL:https://e-nenpi.com/enenpi/carname/2155
   https://e-nenpi.com/enenpi/carname/2156

関連する記事 こんな記事も人気です♪

300万円から探せる!トヨタ「エスクァイア」の燃費、グレード別紹介!

300万円から探せる!トヨタ「エスクァイア」の燃費、グレード別紹介!

トヨタエスクァイア、実は300万円台から探せるって知ってましたか?ハイブリッド車や4WD車などグレード別の実燃費情報も細かく紹介します。燃費向上の為のアドバイスも必見です。
goo自動車&バイク | 121 views
ホンダヴェゼルの気になる燃費情報を調査 ハイブリッドとガソリン車の違いは?

ホンダヴェゼルの気になる燃費情報を調査 ハイブリッドとガソリン車の違いは?

ホンダヴェゼルの気になる燃費情報を比較調査しました。ハイブリッド車の実燃費や燃費向上のためのコツも伝授します。
goo自動車&バイク | 4,999 views
高速性能も捨てがたい!トヨタルーミーの気になる燃費を調査

高速性能も捨てがたい!トヨタルーミーの気になる燃費を調査

高い高速時の性能を誇るトヨタ「ルーミー」。気になる実燃費を調べてみました。ターボ車や4WD車についてもタイプ別に検証していきます。
goo自動車&バイク | 10,104 views
低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで燃費がよくなると言われていますが、本当によくなるのでしょうか。低燃費タイヤにはどのような効果があるのか、そのメリット、デメリットとあわせて調べてみました。
goo自動車&バイク | 19,127 views
ハイブリッドを選ぶべき?スバルインプレッサの気になる燃費を紹介

ハイブリッドを選ぶべき?スバルインプレッサの気になる燃費を紹介

スバルインプレッサの気になる燃費を徹底調査しました。新型インプレッサ、ハイブリッド、G4、XV、WRX STI等タイプ別、グレード別の実燃費も比較しご紹介します。
goo自動車&バイク | 25,810 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク