2016年3月28日 更新

電気自動車のランニングコストってどれくらい?

次世代の車のひとつとして、見据えられている車のひとつ、電気自動車。ガソリン車と比べて、ランニングコストは高いのか低いのか、今後電気自動車を取り入れるうえで気になるところだと思います。今回は、電気自動車のランニングコストについてしっかり確認してみましょう。

716 views

家庭充電でのランニングコストは?

まず、電気自動車の特徴として、わざわざスタンドに出向かなくても自宅で充電することが可能であることが挙げられます。通勤など短い距離を走行する場合は家庭充電が主流となると思いますので、まず家庭充電だけで1ヶ月過ごした場合を考えてみましょう。

まず、電気代の高い昼間に充電を行って1Kwhあたり25円かかり、フル充電が24Kwhだった場合、一回の充電で600円かかることになります。さらに、フル充電で150km走行できたとすると1kmあたりのコストはたったの4円。この計算は、日産リーフをもとにした計算になります。

ガソリン車であると、40ℓ車に入って、ガソリン代が110円だと仮定して、4,400円。燃費15kmであれば7.3円。1ヶ月500km走行したことになると、1650円も差が生まれます。

また、あくまでも電気代の高い昼間に充電した計算なので、夜に充電を行えばランニングコストをもっと抑えることも可能です。
gettyimages (20816)

公共スポットのみのランニングコストは?

現実的に考えて長距離ドライブをするときなどは、公共スポットを利用して充電を行うこともあるでしょう。しかし、公共スポットであっても、無料のスポットだけでなく有料の場所もあります。有料スポットの例では、日産の「3000円で月使い放題」というプランに注目してみましょう。このプランだけで見ても、ガソリン車で月500km走行、燃費15km、ガソリン代110円という条件であっても3650円になるので、有料でも公共スポットを利用した方が安い場合があるということが分かります。もちろん無料スポットだけの利用であれば、費用は掛かりません。
thinkstock (20817)

電気自動車はガソリン車よりもランニングコストが良い

家庭充電、公共スポットでの利用などを通してみると、やはり電気自動車の方がガソリン車に比べてランニングコストが良いということが分かります。あくまで概算ではありますが、詳しい計算を知りたいという場合は、日産のホームページなどでも細かく計算し、月もしくは年間を通した費用を比較することも可能です。
thinkstock (20818)

税金や補助金の面でも嬉しい

さらに、電気自動車のメリットはランニングコストだけに限りません。税金や補助金の面でもメリットがあります。まず、電気自動車における税金はエコカー減税の対象になり、自動車税や重量税、自賠責保険などあらゆる費用が減額の対象になります。車種にもよりますが、15万円ほど得をすることもあるのです。さらに、電気自動車を購入すると国から補助金を受け取ることもできます。例えば、日産リーフであれば最大51万円。メーカー希望小売価格が289.1万円ですからかなり大きいと言えるのではないでしょうか。
thinkstock (20819)

ただし走行距離や価格の問題も…

ただし、電気自動車には課題も残されています。一日200km以下の走行であれば特段問題ないのですが、長距離ドライブなどが必要なときに、必要な充電スポットが少ないということです。また、購入価格の面においてもガソリン車と比べるとまだまだコスト的な問題があると言えるでしょう。
gettyimages (20820)
電気自動車は、やはりガソリン自動車と比べるとランニングコストは低く抑えることができます。長期的な使用とコストを考えると、電気自動車を選ぶという選択肢もあるのではないでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電気自動車は不便? 普及しない理由は充電スタンドだけなのか

電気自動車は不便? 普及しない理由は充電スタンドだけなのか

電気自動車はなぜ普及しないのでしょうか? 充電時間や充電できるスタンドの場所に課題があるのでしょうか。電気自動車の買い時や将来について解説します。インフラも整ってきたので、これからが電気自動車の時代です。
goo自動車&バイク | 12,456 views
プリウスPHVがフルモデルチェンジ EV走行距離が従来型比2倍に

プリウスPHVがフルモデルチェンジ EV走行距離が従来型比2倍に

トヨタは、プリウスPHVをフルモデルチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2月15日に発売しました。
goo自動車&バイク編集部 | 3,822 views
新型「NOTE e-POWER」はハイブリッドとどう違う? 柳沢慎吾「やっちゃったね日産!」

新型「NOTE e-POWER」はハイブリッドとどう違う? 柳沢慎吾「やっちゃったね日産!」

日産自動車株式会社は新パワートレイン「e-POWER」を搭載した『新型NISSAN「NOTE e-POWER」発表披露会』を、11月2日(水)に開催しました。低燃費技術を結集した新型ノートはどのような車なのでしょうか。発表披露会に登場したゲスト柳沢慎吾さんのコメントと一緒に、気になる価格や燃費、今回開発された新しいパワートレイン「e-POWER」が従来の電気自動車(EV)やハイブリッド車とどう違うのか詳しく解説していきます。
goo自動車&バイク編集部 | 6,707 views
電気自動車アンケートから見えるEV普及の課題 「航続距離」より○○が重要?

電気自動車アンケートから見えるEV普及の課題 「航続距離」より○○が重要?

パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関するアンケート結果を発表しました。
goo自動車&バイク編集部 | 2,156 views
日産リーフとBMW i3ならどっちが買い?EVの人気車を比較

日産リーフとBMW i3ならどっちが買い?EVの人気車を比較

世界にEV車を普及させる一役を担った日産 リーフとリーフ1強のEV市場に一石を投じたBMWのi3。それぞれの持つ特徴を比較しながら、どんなユーザーにオススメできるのかを解説いたします。
goo自動車&バイク | 2,372 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク