2018年11月30日 更新

「高級車」っていくらから?中古で買うならおすすめの車種は?

風格あるセダンに、走りを楽しめるクーペやスポーツカー、誰もが1度は憧れる「高級車」。高級車といってもどの程度の価格から高級車といえるのかは、人それぞれ。ここでは平均年収から考える一般的な「高級車」の定義と、新車価格が高級車と呼べる価格の車種の中でお勧めの中古車を紹介します。

4,903 views

一般的に高級車っていくらから?定義は?

国税庁調べによるここ数年の平均年収をチェックしてみると・・・

平成27年の平均年収:¥4,204,000
平成28年     :¥4,216,000
平成29年     :¥4,322,000

となっています。

上記から考えると一般的に1年間の収入以上の金額となる「500万」以上が世間一般では高級車といえるのではないでしょうか。

中古の高級車が魅力的?

好むクルマは人それぞれ違うものですし、クルマを所有することは購入代金などの経費を考えていかなければいけません。

また、クルマを趣味で乗っている方であれば、クルマの乗り換えを頻繁にしている人もいることでしょう。そのような中で「高級車に乗りたい!」という方にお買い得なのが、中古車の購入です。
 (72577)

高級車は確かに、中古車単体の値段だけをみれば中古車の中でも高額な部類に入るのですが、現在はハイブリッド車や軽自動車でも人気があり、中古の高級車よりも高額な価格がついている車種も多数存在します。

しかし、新車価格が全然違います。

ハイブリッド車だと200~600万円、軽自動車であれば150万円程度が新車の販売価格ですが、高級車になると500~1000万円という価格設定も多くあるのです。しかし、中古の高級車となれば3年落ちで1/3まで値段が落ちますし、中古の高級車は、以前の所有者が法人であることも多く、ほとんどトラブルがなく快適に乗れるでしょう。

中古の高級車はなによりも、新車では購入をためらうクルマを気軽に購入し乗ることが出来るのが「魅力+お買い得」といえます。

それでは、魅力的でお買い得な中古の高級車を紹介していきます。

トヨタ レクサス RC

2014年に発売されたレクサスの本格派クーペRC。レクサスCS以来久々に登場した数少ない国産のクーペとして人気のあるモデルです。スポーツクーペならではの魅力的なデザインと、走りへの情熱を駆り立てる走行性能を両立しています。

エンジンラインナップは、3.5LのV型6気筒ガソリンエンジンと、2.5Lの直列4気筒ハイブリッド、RC200tは、直列4気筒 2.0L エンジン+インタークーラー付ターボを搭載。
 (72580)

レクサスRCの大きさは、外国車で例えるとBMWの4シリーズ、メルセデス・ベンツCクラスと同程度で比較的取り回しの良いサイズとなっています。
 (72582)

レクサスRCの最大の魅力は「力強く上品なスタイル」といってもいいでしょう。登場してから4年が経った今も、街でレクサスRCを見かけると目を奪って離しません。

新車価格は556万円~707万円、中古車平均価格は440万円となっていますが、2014~2015年式だと300万円台で入手することも可能です。

装備が充実した年式も比較的新しい美しいスタイルのレクサスRCは「中古の高級車」を選ぶ際にはこれ以上ないお得なクルマといえるでしょう。

発売年数が新しいため価格もまだまだ高めとなっていますが、国産最高峰のスポーツクーペの所有はステータスを高めることに繋がるのではないでしょうか。

ホンダ レジェンド

1985年に発売されたホンダの最上級セダン、レジェンド。

ホンダ初のV型6気筒エンジンを搭載し、ビッグボディーサイズの3ナンバー仕様車も用意された、ホンダのフラグシップカーとしての位置づけになります。

世界初のFF車用トラクションコントロールシステムを搭載し、駆動方式は違うものの最高クラスに位置付けられ、中高年の富裕層をターゲットにし、他の中型セダンに対応するため開発されました。
 (72587)

ボディはセダンを中心に、初代にはハードトップクーペ。2代目には2ドアクーペもラインアップされていました。国産車初の運転席用SRSエアバッグシステムが話題を呼んだモデルで、2014年11月10日にハイブリッド専用車として復活することを発表。翌2015年2月20日より発売されました。
 (72589)

ホンダ レジェンドの新車価格は707万円 中古平均価格は193万円となっています。

2018年2月にマイナーチェンジを行い、現行のデザインへ変更となっていますが、復活直後の2015年式の車両であれば250万円程で検討可能です。
デザインなどは大幅に変わってきますが、4代目以降へと遡り探せば100万円を切る価格の車両も珍しくありません。

日産 フーガ ハイブリッド

今や日産の高級スポーティセダンという位置づけにあり、セダンの本質的な魅力である走り、品格の最高峰を追求した「フーガ」
 (72594)

「フーガ」は事実上、セドリックやグロリアの後継車となるモデルです。40代から50代がセドリック・グロリアのユーザー層でしたが、フーガでは30代後半から40代をターゲットに作られました。そのような若い顧客層を獲得するため、フーガにはセドリック・グロリアとは違う上質でありながらスポーティなイメージを持たせる必要がありました。

3.7L V型6気筒DOHCエンジン 333馬力 フルタイム4WDの設定もあり
2.5L V型6気筒DOHCエンジン 225馬力 全てマニュアルモード付フルレンジ
電子制御7速ATトランスミッションを設定。
 (72596)

2013年一部改良で、モーターの最大トルクを270N・mから290N・mへ高めるなど、ハイブリッドシステム等の改良を行いました。これによりEV領域が拡大することで燃費を16.6km/リットルから18.0km/リットル(JC08モード)に向上するとともに、発進レスポンスやエンジン始動時の加速フィーリングも向上するなど動力性能も高めた1台となりました。

フーガハイブリッドの新車価格522万円~683万円、中古平均価格は284万円となっています。2015年2月にマイナーチェンジが行われインフィニティのエンブレムになりましたが、同年から探す場合、230万円程~で購入することが可能です

高燃費の最高級クラスセダンで、余裕な走りを体感できる1台と言えます。

BMW 4シリーズ

2013年に発表された4シリーズは、先に発売されていた3シリーズの2ドア版であった。3シリーズの後継モデルが4シリーズとなります。

BMW4シリーズには、クーペモデル、カブリオレタイプ、4ドアグランクーペがあり、ガソリンエンジンの「428i」「435i」、ディーゼルエンジンの「420d」の3モデルがラインナップされ、「Sport」「Modern」「Luxury」「M Sport」の各デザインラインが設定されています。

標準で6速MT、オプションで8速ATが組み合わされる。ガソリン車には四輪駆動モデルの「xDrive」も用意され、8速ATのみが組み合わされています。
 (72601)

クーペモデルには、2.0L 直列4気筒DOHCターボ 8速AT FR
         3.0L 直列6気筒DOHCターボ 8速AT FR
 (72604)

カブリオレには、3.0L 直列6気筒DOHCターボ 8速AT FR
 (72606)

グランクーペには、2.0L 直列4気筒DOHCターボ 8速AT FRと4WD
         3.0L 直列6気筒DOHCターボ 8速AT FR


4シリーズの新車価格570万円~970万円で、中古平均価格は370万円となっています。

近年の平成29年~30年式を求めるのであれば、240万円~でも検討することが可能となっています。
3シリーズと5シリーズの間の車格にターボを搭載し、一段と快適なスポーツ走行も可能となった4シリーズを楽しんでみては如何でしょう。

メルセデス・ベンツ SLC

1996年に発売されたハードトップ開閉式の「SLK」これがSLCの初代となるモデルです。

Cクラスがベースとなり、2人乗りのライトウェイトスポーツオープンカーとし発売されました。

先代モデルのSLKクラスや上位モデルSLクラスと同様に電動格納ルーフを採用。また、季節や天候に左右される事なく開放感が味わえる「マジックスカイコントロール パラノミックバリオルーフ」を採用するモデルも選択可能です。
 (72611)

現行モデルは3代目にあたる。2011年から2014年まではオープンカーとして、販売台数ナンバー1を記録し、日本でも人気のモデルとなっています。

それぞれのグレードには、

SLC 180 直列4気筒 1.6Lターボ 9速AT FR
SLC 200 直列4気筒 2.0Lターボ 9速AT FR
SLC 300 直列4気筒 2.0Lターボ 9速AT FR
SLC250d 直列4気筒 2.0Lディーゼルターボ 9速AT FR
AMG SLC 43 V型6気筒 3.0Lターボ 9速AT FR 

がラインナップしており、トップをオープンにして颯爽と駆け抜ける爽快感を感じられる1台となっています。
 (72613)

SLCの新車価格は541万円~AMGが988万円、中古車価格の場合は、全体の平均で434万円となっています。
発売当初、2016年式のSLC180であれば400万円程度でも検討は可能なので、気になる方は是非チェックしてみてください。

まとめ

国産車から外国車まで、ちょっと前まで憧れだった「高級車」も中古車価格を調べてみれば、手が届く価格になっていることもあります。

気になる車種があれば、中古車情報を調べてみることをおすすめします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【トヨタの中古車】ボディタイプ別に見る人気ランキング・おすすめ車種は?

【トヨタの中古車】ボディタイプ別に見る人気ランキング・おすすめ車種は?

国内シェアナンバーワンのトヨタ自動車。こちらの記事では、ファミリーカーとしておすすめのトヨタの中古車ランキングTOP3をコンパクトカー、ミニバン、セダン、SUVのジャンルに分けてご紹介していきたいと思います。
goo自動車&バイク | 6,118 views
【予算&用途別】中古車を買うなら抑えておきたいオススメ車種10選!

【予算&用途別】中古車を買うなら抑えておきたいオススメ車種10選!

中古車を購入するのであればオススメしたい車種を、ファミリーカー、初めてのマイカー購入等の目的・用途別、予算別に合計10台のおすすめ車種を掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,875 views
クーペのおすすめ7選 いま人気のスポーツクーペはこれだ

クーペのおすすめ7選 いま人気のスポーツクーペはこれだ

車には様々なカテゴリーがありまが、中でも「車で走ること」が好きな人にオススメなのはスポーツクーペ!やっぱり走る楽しさが一味違います。今回はそんな運転していて楽しいスポーツクーペから、国産車に絞ってオススメ7車種を紹介します。
goo自動車&バイク | 33,668 views
【ファミリー層必見】5年落ち前後・100万円で乗れる中古車を本気で探す

【ファミリー層必見】5年落ち前後・100万円で乗れる中古車を本気で探す

そろそろ車を購入したい、しかし予算は限られている。かといって古過ぎるモデルの車には乗りたくない。そういった要望をお持ちの方は多いのでは無いでしょうか。当記事では、予算100万円で5年落ち前後の中古車を買えるのか?という観点で、おすすめの車種の情報をお届けします。
goo自動車&バイク | 728 views
女性におすすめしたい250ccの人気バイク4選&選び方

女性におすすめしたい250ccの人気バイク4選&選び方

女性がバイクを選ぶ時、自分の体格・体力でバイクを乗りこなせるか心配する方が多いようです。バイクの重さや足つきのよさはもちろん、自然な姿勢で運転できるかが女性のバイク選びのポイントになってきます。今回は、上記のポイントを踏まえ、「女性におすすめしたい250ccの人気バイク4選&選び方」というテーマでお話していこうと思います。
goo自動車&バイク | 2,469 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク