2016年6月27日 更新

交通事故の過失割合とは

過失割合とは交通事故を起こした際に決められ、自動車保険の保険金の支払額にも影響する大切な要素です。過失割合について具体的に例をあげながら説明していきます。事故にあった際にしっかり保険金を支払ってもらうために普段自動車に乗ることのない歩行者や自転車に乗る人も知っておきたいですね。

464 views

交通事故を起こした際に発生する過失割合って?

thinkstock (49298)
過失割合は、事故を起こした当事者のそれぞれの過失の割合のことです。つまり、それぞれどれだけこの事故を起こした責任があるかという割合になります。この過失割合によって保険金の支払額が左右されるため、原則として同じ自動車同士であれば、ルールを守っていなかった人や注意を怠っていた人に過失割合が大きく設定されます。ただし、自動車と自転車・自動車と歩行者の事故の場合、場合によっては交通弱者である自転車や歩行者の方に過失があると思われる場合でも自転車や歩行者の過失割合の方が低くなる場合が多くあります。

どのように過失割合が決まるのか

thinkstock (49299)
ではどのようにそれぞれの過失割合が決まるのでしょうか。通常事故が起こった場合は双方に過失がある場合が多いですが、当事者双方に過失がある場合、双方の保険会社の担当者が話し合いを行い、過失割合を決定します。過去の裁判例を参考にしながら、実際の事故状況を考え、過失割合を修正します。

過失割合のパターン

thinkstock (49300)

横断歩道を渡っている歩行者と自動車が事故を起こした場合

横断歩道を渡っている歩行者と自動車が事故を起こした場合について説明します。
この場合の過失割合は歩行者が渡っている横断歩道の信号や車道の信号、自動車が直進かどうかで変わってきます。
まず、歩行者が青信号で横断歩道を渡っており、自動車が青信号で交差点を右折して横断歩道に進入して歩行者に衝突した場合の基本過失割合は自動車が100、歩行者が0になります。つまり、自動車にすべての過失責任があることになります。
また、歩行者が赤信号で横断歩道を渡っており、自動車が黄信号で横断歩道を直進した場合の基本過失割合は自動車が50、歩行者が50になります。つまり自動車と歩行者の責任は同じということになります。

自動車(四輪車)同士で事故を起こした場合

今回は同一方向に進んでいる自動車同士での事故について説明します。
前を走っている自動車をA、後ろを走っている自動車をBとします。
追突の場合、前の自動車Aが不要な急ブレーキをかけたため自動車Bが追突してしまった場合、Aの過失割合は30、Bの過失割合は70となります。
また、後続車BがAを追い越し禁止車線で追い越そうとした際に衝突した場合、Aの過失割合は0、Bの過失割合は100となります。

過失割合が加算、減算される例

thinkstock (49301)
過失割合は事故が発生した時の状況によって細かく決められています。しかし、様々な要因で過失割合が加算、もしくは減算される場合があります。この要素は実際の事故の状況を確認しながら決定していくことになります。
例えば、自動車の運転手が居眠り運転をしていた場合、運転者に過失があるとして居眠りしていた側の過失が加算されます。他にも自動車と歩行者の事故で歩行者が幼児だった場合、歩行者の過失割合が減算される場合があります。

交通ルールを理解した上で安全なカーライフを

thinkstock (49302)
いつも注意しているつもりでも一度事故を起こしてしまうと大変です。また、自動車を運転している人は歩行者や自転車と事故を起こすと一見歩行者や自転車に過失があるような状況でも自動車の方が過失割合を高く設定されてしまう場合も多くあります。万が一の事故の場合も事故の状況を説明しやすいように普段から交通ルールを理解しておくことが大切です。
このように交通事故の過失割合は保険金の支払金額に大きく影響する要素ですが、その基準は裁判例で細かく決められています。実際に事故が起こった場合の過失割合は通常、保険会社の担当者同士の話し合いで決定されますが、説明された過失割合に疑問を持った場合は一度過去の例を確認してみましょう。自動車保険で万が一の事故に備えつつも、普段から安全運転を心がけて快適なカーライフを楽しんでください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

修理代の少ない事故なら自動車保険を使わないほうが得?

修理代の少ない事故なら自動車保険を使わないほうが得?

交通事故を起こした時、多額の保険金を出してもらえる自動車保険は強い味方ですよね。しかし、自腹でも修理代を支払えるような小さな事故の場合は、自動車保険を使うべきなのでしょうか。実は保険を使うと等級が下がり、翌年以降の保険料がぐっと上がってしまいます。修理代がいくら以上なら車両保険を使うべきなのか、また修理代を抑えるには板金工場にお願いしたほうがお得など、ご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 2,965 views
納車まで何日かかる?納車期間・日数と納車時トラブルの注意点

納車まで何日かかる?納車期間・日数と納車時トラブルの注意点

中古車の納車は、契約してから目安として何日くらい考えておいたら良いの? また、絶対避けたい「納車されるまで」、そして「納車後」のトラブルについても注意点をお伝えします。
goo自動車&バイク | 10,724 views
自動車保険が変わる?フリート契約者向け割引サービス

自動車保険が変わる?フリート契約者向け割引サービス

自動車には自賠責保険をかけることが義務づけられていますが、自賠責保険とは別に任意保険をかけているドライバーも少なくないでしょう。実は、その任意保険が、新たな段階へと踏み出そうとしています。今回は、自動車保険が今後変わっていくであろう新サービスについてご紹介します。
goo自動車&バイク | 729 views
自賠責保険の慰謝料計算方法は?

自賠責保険の慰謝料計算方法は?

誰もが加入している自賠責保険。事故を起こした時の慰謝料はどれだけ自賠責保険でカバーできるのでしょうか?そして、やっぱり任意保険には入っておくべきなのでしょうか?その疑問を徹底解剖します。
goo自動車&バイク | 600 views
セカンドカー割引の条件は?【自動車保険】

セカンドカー割引の条件は?【自動車保険】

「車離れ」という言葉が出てくるくらい、都心部では車を手放す人が増えています。しかし、車がないと生活が成り立たないという地域があるのも事実です。そのような地域にお住まいの方なら、一家に2台以上車があるのは珍しくないでしょう。「自動車保険が高くて……」とお嘆きの方のために、いい制度があるんです!それがセカンドカー割引です。
goo自動車&バイク | 1,090 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク