2017年3月27日 更新

車の排気量とは? 税金・維持費は違う?

よく聞く「排気量」という言葉。排気量が違えば【パワー】や【燃費】も違えば、【税金】や【維持費】だって変わってくる。今回はリッターの意味、排気量による税金の違いについて、維持費はどれくらいかかるのかについて解説していきます。

13,995 views
車のカタログやサイトを見ている時によく出てくる「排気量」。自動車に明るくない人にとっては耳慣れないワードだと思いますが、実はこれ、車を語る上では避けて通れないほどの頻出ワードなんです。排気量が違えば【パワー】や【燃費】も違いますし、また【税金】だって変わってきます。となれば当然【維持費】にだって差が出てきます。価格が大きなウェイトを占める中古車購入の場合には、【排気量と維持費】の関係をきちんと理解していることが肝心です。そのためにも、今回は排気量について詳しく解説していきます。

そもそも排気量って何?

まずは話の入口から。そもそも排気量とは何なのでしょうか。
thinkstock (62186)
車というのは、シリンダーと呼ばれる円筒状の部分で気化したガソリンと空気を混ぜ合わせた混合気という気体を圧縮、それに火花で火を点けて爆発させることによって生じる動力で動いています。この一連の流れを繰り返して継続的に車を動かしているわけですが、排気量というのはこのシリンダー内に取り込める混合気の量(体積)の事なんです。だから排気量を表す時に「リッター」という言葉が使われるんですね。そして通常、シリンダーは複数備えられ、それらが連動してこの一連の流れを繰り返しています。ちなみにシリンダーの数え方は「◯気筒」と呼びます(4つシリンダーがあったら4気筒)。小さめの軽自動車なら2つ、超高級なスーパーカーでは16個も付いているような車まであります。ただ一般的な車でいうのなら4気筒(よく聞く直4)、高級車なら8気筒(よく聞くV8)がメジャーでしょう。他にもポルシェ愛用の6気筒(フラット6)などもあります。この複数個のシリンダーの排気量の合計がエンジンの、そして車の排気量になるわけです。つまり排気量とは「一つのシリンダーに取り込める気体の量×シリンダーの数」です。また大体の目安ですが、1つのシリンダーでは500㏄ほどの混合気を取り込めます。当然排気量が多い程、たくさんの燃料を一度に燃やせるので発揮できるパワーも大きくなります。ただしその分、燃料をたくさん使うようになるため、燃費は悪くなります。
このように排気量とパワー、そして燃費は密接に関係しています。そしてそのパワーは、車が重ければ重い程必要になってきます。例えばバスやトラックなどの大型車は、排気量の大きい、大型のエンジンを積んでいます。では、どのくらいのサイズが目安なのでしょうか?例えば、燃費重視のコンパクトカーなら1~1.3リッター前後。1トン前後の車両が多いですね。中には、リッター20kmを超えるような燃費の良いモデルもあります。通常のセダンや、ミドルクラスのミニバンなら1.5~2リッター。いまのエンジンは性能が良いので、このサイズがあればほとんど不自由はありません。2.5リッター以上はSUVや大柄なミニバンなど、そもそも車の重量が大きい車種か、加速力などのスポーツ性能を求める大排気量スポーツカー、それからパワーに余裕をもったやスムーズな走行など快適さを求める高級サルーンなどに使用されます。
また忘れてはならないのが税金です。排気量が大きくなればなるほど自動車税が高くなっていきます。1リッターの車では29,500円なのに対し、2リッターの車では39,500円と一万円も変わります。極端な例でだと、6リッター以上の車(代表的な例としてはベンツのSL65AMG等)には年間111,000円もの自動車税が課されます。
SL SL65(メルセデスAMG)2016年6月モデルのスペック・カタログ[10104101] | goo自動車&バイク (62184)

様々な角度から、自分の生活に合った排気量の車選びをすることが重要です。

排気量の大きな車のメリット

thinkstock (62187)
排気量の大きな車のメリットは何でしょうか。一番は先ほども言ったように、パワーが上がる、ということです。エンジンのパワーが上がると、加速性能や最高到達速度の向上が見込めるため、高速走行での運転がとても楽になります(本線への合流や追い越しなどがスムーズに行えるなど)。また高速でもエンジンが安定しているためとっても乗り心地が静かです。というのもエンジンというのは回転数が高くなるほどエンジン音がうるさくなるのですが、大排気量車では例え高速でもまだまだ余力を持った状態で走行できるため、比較的低回転での巡行ができるからです。カーレビューなどで出てくる「エンジンがバタバタしない」という言葉はこの低回転での巡行が出来ることを意味しています。
このような高速走行性能を持ち合わせている大排気量車は、ブレーキ性能も高くなっています。考えて見れば当然ですが、早く走れる車にはその状態できちんと減速、停止ができるブレーキ系統がなければ危険ですからね。

排気量の大きな車のデメリット

では大排気量車のデメリットは何なのでしょうか。これはおもに維持費の面です。先ほど述べた自動車税やガソリン代を筆頭に、諸々の費用が割高になります。中でも大きな金額の差がでやすいのが整備費。エンジンの排気量が大きいということはそのままそのエンジンが高性能だということです。そんな高性能エンジン、一般的な車と比べて見ると気筒数が増えるのをはじめ、さまざまな個所で構造が複雑化しています。複雑な構造をしているということは使われるパーツ数が多いということ。これはそのままトラブルの多さに直結します。整備の際にも高度な技術が要求されるため工賃も高額になります。また一般的に排気量が大きくなればボディサイズも大きくなりますので、駐車場選びに苦労することもあります。このように大排気量車を維持するにはお金が必要です。逆に言えばそれを捻出し続けられる人をメインターゲットに設計するので、インテリアなどエンジンとは関係のないところでもハイグレードな装備が標準で付いていることが多く、これも車体価格を高める要因の1つになっています。

まとめ

近年では環境への配慮から、燃費の悪い大排気量車はあまり作られない傾向にあります。排気量を小さくする代わりに、ターボというシリンダー内への空気の取入れを効率化させる装置を搭載させることでパワー自体を替えずに低排気量化を目指すダウンサイジングターボが人気ですが、大排気量車の強烈な加速感や圧倒的な静粛性は、一度体験したらもう戻れないくらい病みつきになってしまう人も。燃費よりも運転そのものを楽しみたい人にとっては魅力的な選択肢と言えるでしょう。しかし維持費がかかることも忘れずに。なかにはエンジンのオーバーホールだけで100万円、なんてこともあり得ますので注意が必要です。
(佐藤沙雪)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイブリッド車は維持費が高い?バッテリー寿命と交換時期はどれくらい?

ハイブリッド車は維持費が高い?バッテリー寿命と交換時期はどれくらい?

ハイブリット車は維持費がかからないというイメージがありますが、それって本当でしょうか。ハイブリッドカーの燃費や税金面での優遇、ガソリン車より得かどうかについて解説します。
goo自動車&バイク | 51,577 views
低燃費車はこれだ! コンパクトカー燃費ランキング

低燃費車はこれだ! コンパクトカー燃費ランキング

燃費のいいコンパクトカーを比較しランキング形式にてご案内します。低燃費のコンパクトカーが人気の理由とは?中古車のコンパクトカーはどんなものがあるのでしょうか。「e燃費」のデータをもとに、実燃費ランキングをまとめました。
goo自動車&バイク | 42,333 views
燃費のいい車はこれ! ハイブリッドカー燃費ランキング

燃費のいい車はこれ! ハイブリッドカー燃費ランキング

燃費がいいと言われるハイブリッド車、その実態は?公式燃費ではなく「e燃費」のデータをもとに、実燃費ランキングをまとめました。ガソリン車もですが、ハイブリッド車はカタログ記載の公式燃費と、特に市街地での実燃費に差がでやすいもの。今回は燃費向上の走り方のコツも伝授します。
goo自動車&バイク | 37,285 views
安くておすすめの中古ハイブリッドカーはこれだ!売れ筋6選

安くておすすめの中古ハイブリッドカーはこれだ!売れ筋6選

新車のハイブリッドカーはまだまだ高く、手が届かないという方も多いのではないでしょうか。だから、ハイブリッド車を買うならお得な中古がおすすめ! いま中古車で狙い目のハイブリッドカーを6車種ご紹介します。
goo自動車&バイク | 9,005 views
燃費のいいスポーツカーはこれだ! スポーツカー燃費ランキング

燃費のいいスポーツカーはこれだ! スポーツカー燃費ランキング

スポーツカーは燃費が悪いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。「低燃費なスポーツカー」なんて……それが、あるんです! 今回は燃費のいいスポーツカーについて、「e燃費」のデータをもとに、実燃費ランキングをまとめました。
goo自動車&バイク | 24,832 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク