2018年8月30日 更新

高級SUV Audi「Qシリーズ」人気車種&気になる中古車価格は?

アウディといえば日本でも有名なドイツの自動車メーカーです。そのアウディが出すSUV モデル「Qシリーズ」は気になっている方も多いのではないでしょうか。今回はQシリーズを中古車で買うにあたって知ってお得な情報を紹介していこうと思います。

2,157 views

アウディ Qシリーズとは

アウディという自動車メーカーを知らないという方はあまりいらっしゃらないとは思いますが、日本ではBMW、ベンツと並びドイツの一大自動車メーカーとして有名です。
 (70130)

画像はアウディ「Q7 3.6FSI クワトロ」
アウディは2005年に1台のSUVを発売しました。同車に使用されている4輪駆動システム「Quattro(イタリア語で数字の4の意味)」から名前をつけられたそのモデルは「Q7」と名付けられました。

以降、Qシリーズはアウディの人気シリーズとして世界中で人気を博していきます。ちなみに、アルファベットの後の数字は車体やエンジンの大きさを表しており、数字が大きくなれば車体なども大きくなります。

Qシリーズは日本国内で販売されている他のSUVと利用目的は一緒です。パワフルなエンジン出力にまかせて、ゆとりのあるドライブを楽しんでみてもいいでしょう。あるいは誰かと一緒にアウトドアレジャーに出かけることもできます。どのような使い道であれ、極上の時間を楽しめるでしょう。

Qシリーズでは、Q2、Q3、Q5、Q7がこれまでに発売されており、日本でもこれらのシリーズの購入が可能です。
※一部日本で取扱のないモデルがあります。

このうち一番最初に発表されたのはQ7で、2005年から販売開始され、現在でも2代目モデルが販売されています。

2008年に発表されたQ5はQ7よりもオフロード走行性能を重視されて作られていました。

その後の2011年に販売開始されたQ3は車体の軽量化を進めたモデルです。2017年6月に販売されたQ2はQ3よりもさらに小型のモデルで、アダプティブクルーズコントロール(速度維持機能)など数々の先進装備を備えています。
※Audi Q2 1.0 TFSIにはアダプティブクルーズコントロールの設定はなし
 (70132)

画像はアウディ「Q8」
そして、2018年6月には過去最大のサイズを誇るQ8が公開されました。
今後もQシリーズは更なる進化を見せてくれることでしょう。

国内で人気の車種は?

日本国内ではQシリーズの中のどの車種が人気なのでしょうか。

とあるツールを利用し、Googleの月間検索件数から調べてみたところ、Q2に軍配が上がりました。

Q2の特徴として、Qシリーズの中で最も車体が小さいモデルですので、欧米人に比べて体格が小柄な日本人にはQ2が使いやすいのかもしれません。また、最小回転半径が小さく狭い路地や入り組んだ道が多い都市事情にマッチしていることも理由の一つだと思います。

ちなみに、Q2の次に人気だったのはQ5で、以後Q3、Q7、Q8の順でした。

アウディQシリーズ 新車価格は?

日本国内でも人気のQシリーズを新車で購入しようとするといくらかかるのでしょうか。
まず、新車価格については以下の通りです。下記価格はエントリーグレードの価格を参照しています。

Q2……2,990,000円~
Q3……3,690,000円~
Q5……6,620,000円~
Q7……8,120,000円~
Q8……未定

Q8の価格は未定ですが、一説によると1000万円に達するのではないかと言われています。

アウディQシリーズ おすすめ中古車紹介

Qシリーズの新車価格は先に記載したとおりですが、新車を購入しようと考えると予算のプレッシャーは大きいですが、中古車であれば価格を抑えて検討することが可能です。

今回はQ2、Q3、Q5のそれぞれの特徴と中古車価格を大まかに紹介していきます。

アウディ Q2

 (70136)

画像はアウディ「Q2 1.0TFSIスポーツ」
Q2は先に記載した通り、Qシリーズの中で最もコンパクトなモデルです。

全長4,200mm、全幅1795mm、全高1,530mmとSUVの中でも小型で、最小回転半径は5.1mで同程度のサイズの日産JUKEよりも更に小回りが利きます。かといってSUVのメリットである収納力は保てており、大人が4人乗り込んでも余裕があります。
また、立体駐車場にも入れる高さに抑えられているところは、街乗りで使用する上で大切なポイントかもしれません。
 (70139)

Q2を動かすエンジンは総排気量999ccの直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボです。999ccのエンジンとは貧弱なように思えますが、高速走行時も3気筒エンジンとは思えないパワフルさが体感でき、アクセルを踏み込んだぶんだけ速度で応えてくれると思います。その加速力にやみつきになること間違いなしです。

1.4Lエンジンを積んだグレードも存在するため、より強い加速力を求める場合はそちらを検討してみてください。
ただ、日本モデルには4WDのquattroモデルが導入されていないことは残念なところです。

Q2の燃費は1.0Lエンジンで19.8km/L、1.4Lエンジンで17.9km/Lです。

8月28日時点での中古車平均価格は382万円で、中古車価格は318万円~470万円です。発売からまだ1年くらいしか経っていないためそれほど流通していません。

中古車市場には「1.0 TFSI sport S tronic」と「1.4 TFSI cylinder on demand sport S tronic」が多くラインナップされていますが、どちらかのモデルから選択すると装備面でも満足できる車両を見つけられると思います。

アウディ Q3

 (70145)

Q3はQ2に比べると、ワンサイズ大きいSUVです。

具体的なサイズは全長4,400mm、全幅1,830mm、全高1,595mm(グレードによって違いあり)となります。

車のサイズが大きくなったことは居住性が良くなり、より大きな荷物を積めるようになったことを意味します。
Q3のメリットとしては、ベースグレードのエンジンが1.4L(グレードによっては2.0L)規格のものを積んでいるため、Q2の1.0Lモデルより余裕のあるパワフルな走りが可能です。

とはいえ、Q2にも1.4Lエンジンの設定があり、1.4Lエンジンで比べるのであれば、どちらを選択するのか迷うところです。
しかし、1.4Lエンジンでは、新車価格で比べると、なんとQ2の方が高い値段設定となっています。単に価格面のみで考えるのであれば、現行のQ3はお得な選択かもしれません。

また、Q3ではQ2に無かった4WDのquattroの設定がありますので、予算に余裕があり十分なパワーと4WDでの走破性を求めるのであればQ3を選択しましょう。

Q3の燃費は1.4Lエンジンで17.4 km/L、2.0Lエンジンで15.0km/L。日常で使う分には問題ない燃費ではないでしょうか。

8月28日時点でのQ3の中古車平均価格は251万円、中古車価格は148万円~448万円となっています。

年式が古めのものを選べば、40~50%ほど安い価格で購入できるでしょう。ちなみに、2018年10月にヨーロッパでQ3のフルモデルチェンジが発表され、2019年に日本で発売されるのではないかという情報があります。

話題性ではQ2やQ8などの新型モデルに隠れがちですが、十分すぎる走行性能を持った良モデルである「Q3」。状態も良く価格も抑えた車両もありますし、新車時にオプション設定となっている装備も備えてお得な車両もみつかるかもしれません。是非中古車情報をチェックしてみてください。

アウディ Q5

 (70146)

Q5はQ3より一回り大型の車体です。全長4,680mm、全幅1,900mm、全高1,665mmまで拡大され、室内はさらに広く開放感があり余裕のある使い方が可能となっています。

Q5の開発コンセプトのひとつとして、その前に発売されていたQ7よりもオフロード走破性を高めるというものがありました。そのコンセプトは発売から10年が経っても生き続けています。

もちろんオンロードの日常の用途でも快適な乗り心地です。
さらに、2017年10月のフルモデルチェンジで3.0Lエンジン搭載のスポーツモデルも追加されました。

Q5に搭載されている2.0Lエンジンの燃費は13.9km/Lで、3.0Lエンジンだと11.9km/Lです。
 (70147)

フルモデルチェンジにあたって「アウディ バーチャルコクピット」などの新機能がもりこまれており、ワクワクできる車になっています。

「アウディ バーチャルコクピット」とはスピードメーターやタコメーター、ナビ、電話帳やラジオなどを一つの画面で素早く管理できるようにするシステムで、従来の車のスピードメーターがある部分がその画面になっています。このバーチャルコクピットによって、ドライバーは素早く様々な情報を管理でき、より運転に集中できるわけです。

8月28日時点でのQ5の中古車平均価格は315万円で、128万円~638万円で販売されています。
Q5は年式の古いものはかなりお得な値段で手に入れられるでしょう。現行の2代目モデルの中古車価格は新車と大きく額は変わりませんが、数十万安くなると考えれば選択肢に入れても良いかと感じます。

まとめ

ドイツ車の魅力はその重厚な質感にあると思います。それはアウディだけでなくベンツやBMWなども一緒ですが、アウディの車は正統派のかっこよさと言いますか、てらわない美しさがあると思います。

その美しさにひかれて、日本でも多くの人がアウディの車に魅力を覚えるのかもしれませんね。

また、予算が許すのであれば、Audiの4WD quattro搭載車の卓越した安定性、安心感を是非体感してみてください。更にAudiの良さを実感できると思います。

気になる車種があれば是非中古車情報も含めチェックしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

BMWのアッパーグレードセダンとしてミドルサイズセダン界に君臨し続けているBMW 5シリーズ。「駆け抜ける喜び」を追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「ミドルサイズセダンでありながらアスリート的な運動性能が魅力」のクルマです。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 5シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて5シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,793 views
ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

今も昔もBMWの主力車として中核を担うBMW 3シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「常にスタンダードであり続けることを宿命付けられたクルマ」です。本記事では、BMW 1シリーズやBMW 5シリーズといったBMW車のラインナップ内でのBMW 3シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて3シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,198 views
コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

現在では、コンパクト3ナンバー(Cセグメント)で唯一「FRパッケージ」を採用するBMW 1シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、サイズ以上に大きな存在となった「乗って楽しいクルマ」です。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 1シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて1シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,959 views
アウディのセダン 全ラインナップ。中古で買うならどのセダン?

アウディのセダン 全ラインナップ。中古で買うならどのセダン?

ドイツの高級自動車メーカー、アウディ。セダンを中心に人気があるアウディは、近年ベンツやBMWと肩を並べるほどの人気メーカーに成長しました。 そのアウディですが、車種のモデル名はアルファベットと数字を合わせただけのシンプルな名前になっており、名前だけでは違いがわかりづらいと思っている方も多いでしょう。 今回はアウディ、セダンの種類やスペック、中古車価格などを比較、ご紹介していきますので是非ご覧下さい。
goo自動車&バイク | 2,527 views
新型ジムニーついに登場!初代~先代モデル(JB23)の中古車価格はどうなった?

新型ジムニーついに登場!初代~先代モデル(JB23)の中古車価格はどうなった?

数あるスズキ車の中でもジムニーの人気は特に高いと言われています。それを証明するかのように、2018年7月のジムニー4代目モデル発売の知らせは大きな反響を呼びました。新型ジムニーが発売されてから、歴代ジムニーの中古車価格はどう変わったのでしょうか。歴代モデル毎に掲載したいと思います。
goo自動車&バイク | 3,581 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク