2016年3月17日 更新

アウトドアに最適な車は? 人気の5車種を比較

せっかく車を買うのであれば、たまにはアウトドアにも出かけたい。でもアウトドアにも日常使いにも両立できる車選びとなるとちょっと難しそうに感じてしまうかもしれません。今回はそんなあなたにも自信をもっておすすめできる車を5車種ご紹介します。

1,054 views

レガシィアウトバック

アウトバック リミテッド(スバル)2015年10月モデルのカタログ[10099516] | goo自動車&バイク (23262)

ステーションワゴン界のレジェンド的存在であるレガシィの、オフロード走破性を高めたモデルがレガシィアウトバックです。通常のレガシィと比べ車高が高められ、ボディーやバンパー下部も傷の目立たないブラック樹脂で固められ、多少のラフコンディションロードにもためらいなく侵入することができます。居住性や使い勝手の良さはレガシィ譲りですので心配は無用です。

デリカD:5

 (24792)

こちらはミニバンの中では唯一とも言える、パジェロ譲りの本格的4WDシステム&サスペンションを有する本格派オフロードマシンです。様々な走行モードをダイヤル一つで切り替えが可能で、たとえ雪道などでスタックしても脱出可能性が高まります。居住性も3列目のシードまで素晴らしいものがあり、大人数でのアウトドアならD:5は有力な選択肢となるでしょう。

エクストレイル

 (24794)

エクストレイルはモデルチェンジのたびに大幅な進化を遂げ、今やアウトドア系の車として最初に呼び声がかかるほどの存在になりました。なんといっても実際にラフにアウトドアで使用することを前提に設計されているのがポイントです。多少の泥汚れなどきにならない防水シートや、防水ラゲッジルームはもちろん、悪路走破性もかなり本格的なレベルに達しています。

NBox+

 (24796)

アウトドアに行くのに普通車でなければならないという決まりはありません。いまや軽自動車でも普通車にも勝るとも劣らない車が登場してきています。特にこのNBox+では、車内がフルフラットになるのは当然のこと、さらに秀逸なのはその下にラゲッジ空間がしっかりと確保されていることです。これならばルーフボックスを別途用意せずとも、簡単な車中泊をこなすことは十分に可能でしょう。NBox+があれば、ついアウトドアにも出かけたくなってしまうはずです。

アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(三菱)2014年9月モデルのカタログ[10093112] | goo自動車&バイク (23261)

最後に少し変わり種ですがアウトランダーPHEVをご紹介したいと思います。三菱のアウトランダーはそれだけでも立派なSUVでアウトドアにぴったりの車ですが、PHEVモデルではなんと合計1500Wもの電源が、車のコンセントから使い放題なのです。極端な話炊飯器やホットプレートなどまで使えるのですから、炭やホワイトガソリンレスのお手軽キャンプも実現してしまうというわけです。
アウトドアにおすすめの人気車種5つを紹介しました。どんな車でもアウトドアを楽しめないということはありませんが、やはり形から入っていくのも楽しみの一つではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク