2017年3月24日 更新

スズキ新型アルトの実燃費は? 高速・市街地で試乗してみた

アルトターボRS、アルトF、アルトVP、アルトエコなどで人気のスズキのアルトのご紹介です。今回は実際にスズキのお店に行き、試乗してきました。スズキのアルトの実燃費も踏まえて、アルトの魅力をあますところなく解説します。

23,276 views
アルトターボRS ベースグレード(スズキ)2015年3月モデルのスペック・カタログ[10096090] | goo自動車&バイク (62093)

アルトのエクステリア&インテリアのご紹介

1975年に初代モデルが登場した、スズキアルト。2014年にフルモデルチェンジが行われ、これが8代目モデルとなります。新開発されたプラットフォームを採用し、徹底した軽量化に取り組んだ結果、60kgの軽量化に成功したという新型アルト。エクステリアの特色といえば、フロントからリアへの流れるようなルーフラインですね。また、ヘッドランプまわりのデザインにも個性を感じます。レトロ調のフォルムは、たとえるなら、フロント360やホンダのZ360を合わせたイメージでしょうか。かといって古さを感じさせないデザインなのもいいですね。
アルトターボRS ベースグレード(スズキ)2015年3月モデルのスペック・カタログ[10096090] | goo自動車&バイク (62092)

インテリアでは、横基調でより広さを感じさせるインストルメントパネルに、ライトブルーを基調とし、白いパイピングを施した表皮仕様がなかなかお洒落。好みは人それぞれですが、アルトのシンプルで落ち着きのある、バランスのとれたデザインに好感が持てますね。
見た目はコンパクトですが、キャビンは意外に広く、後席は倒せば大きな荷物空間を確保できます。テールゲートの開口も大きく、積載性も十分といっていいのではないでしょうか。

さっそく試乗開始!

アルトターボRS ベースグレード(スズキ)2015年3月モデルのスペック・カタログ[10096090] | goo自動車&バイク (62091)

実際に走らせてみて感じたのは、小回りがきくということです。軽自動車ですから当然のことなのですが、改めて、コンパクトさゆえの運転しやすさ、駐車時のスムーズさなどを実感しますね。乗り心地もとてもよいです。
610kg(最軽量モデル)という軽量ボディのおかげで、NAエンジンでも走りはいたって軽快です。ワイドな変速比をもたらしてくれる「副変速機付CVT」は、走行中のエンジン回転数を低く抑えることができ、経済性も抜群といえるでしょう。
アクセルを踏み込まなくてもスムーズにスピードが出ていて、驚きました。これは想像以上の走りっぷりですね。スピードの出しすぎには気をつけなければ、なんて思いました。それくらい、加速性にも優れているということなのですが。
また、走行中のエンジン音もそれほど気になりませんでした。軽だと高速などで音がうるさく感じるなんていうこともありますが、新型アルトならそんな心配もなさそうです。ハンドリングについてもスムーズに感じられました。免許取り立ての初心者でも、ストレスなく運転できるのではないかと思います。
低燃費と軽快でしっかりとした走りを両立させている点が、新型アルトの最大の特徴。さらにレーダーブレーキサポート装着車を全機種に設定しているほか、スリップや横滑りを抑えるESP(R)を乗用全車に標準装備しているなど、安全性確保のための装備が充実しているのも注目したいポイントといえます。

気になる燃費は?

さて、やはりいちばん気になるのは、「燃費」。さまざまな実燃費記録を目にしますが、見ているだけでは路面状況や運転の方法などまではわかりません。どの記録を参考にするべきか判断するのは難しいことも。ということで、実際にアルトを運転して確かめてみることにしました。

まずは気になる高速走行

軽自動車は出足が遅めということもあるので、ゆっくりアクセルを踏んでいき、徐々に加速。80km/hを保ち、車間距離を開けるようにし、アクセルワークを一定にすることを心がけました。燃費がわかりやすいように50kmをノンストップで走行。出た燃費記録は、26.26km/Lでした。

続いて市街地を走ってみました

次に高速道路を降りて、あまり燃費を気にせずに走ってみました。走行距離は同じく50km。事前に、市街地だとアイドリングストップが気になるという情報を得ていたので、アイドリングストップ機能はオフに。しかし、燃費は気にしないでとはいったものの、市街地での走りは難しいように感じました。
市街地では信号が多いし、信号がなくても細い道や、右左折が多く、ゆっくり加速するのはちょっと厳しいと感じます。ついまわりの車につられてアクセルを踏み込んでしまったり、意識していても難しいです。燃費を考えるなら、信号が赤になりそうなときは無理に頑張って踏み込まずに、徐々に減速など、安全運転をかなり意識していないと無理なようです。そして50kmを走り終えた燃費は、15.63km/L。高速道路50kmと比べると、やはりその差は大きいですね。市街地走行ではストップ&ゴーが多いですし、特に冬場なので寒くてエアコンをついつい使ってしまった影響もあるのかなと思いました。
 (62094)

まとめ

高速道路でノンストップ50kmでの走行で26.26km/L、市街地での50km走行で15.63km/L。数字だけを見ると、思っていた以上に差があるという結果になりましたが、低燃費を心がけて運転していれば、数ある軽自動車の中では特に燃費のいい車種だといえると思います。超軽量である上に、エンジンも大幅に改良され、660ccの3気筒NAを搭載。2WD・CTV車で37.0km/L(JC08モード)という、ハイブリッド車にも負けない燃費値を達成している新型アルトの実力は、注目に値します。その実力を活かすには、ドライバーの技量や低燃費に対する心構えが重要。低燃費になるか、高燃費になるかは、ドライバー次第といえるかもしれません。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スズキ新型スペーシアの実燃費レポート スズキのお店で試乗してみた

スズキ新型スペーシアの実燃費レポート スズキのお店で試乗してみた

カスタム、ターボなど人気車のあるスズキのスペーシア。今回は実際にスズキのお店に行き、試乗してきました。スズキのスペーシアの実燃費も踏まえて、新型スペーシアの魅力を解説します。
goo自動車&バイク | 9,190 views
日本車ならこれで決まり!メーカー別車種ランキング

日本車ならこれで決まり!メーカー別車種ランキング

世界的にも高品質な車を生産している日本車メーカー。現在、どんな車に人気が集まっているのかを調べてみました。今回は新車が発売されるたびに注目される重要ポイント・低燃費の車について、国内主要メーカー3社のおすすめ車種をランキングでご紹介します。※国産車の1年以内の新型車で、実際に燃費のよかったモデルをランキング形式で紹介しています。
goo自動車&バイク | 3,640 views
低燃費車はこれだ! コンパクトカー燃費ランキング

低燃費車はこれだ! コンパクトカー燃費ランキング

燃費のいいコンパクトカーを比較しランキング形式にてご案内します。低燃費のコンパクトカーが人気の理由とは?中古車のコンパクトカーはどんなものがあるのでしょうか。「e燃費」のデータをもとに、実燃費ランキングをまとめました。
goo自動車&バイク | 42,359 views
燃費のいい車はこれ! ハイブリッドカー燃費ランキング

燃費のいい車はこれ! ハイブリッドカー燃費ランキング

燃費がいいと言われるハイブリッド車、その実態は?公式燃費ではなく「e燃費」のデータをもとに、実燃費ランキングをまとめました。ガソリン車もですが、ハイブリッド車はカタログ記載の公式燃費と、特に市街地での実燃費に差がでやすいもの。今回は燃費向上の走り方のコツも伝授します。
goo自動車&バイク | 37,302 views
スズキハスラーの試乗レポート  スズキのお店で試乗してみた

スズキハスラーの試乗レポート  スズキのお店で試乗してみた

4WD、ターボなど人気車のあるスズキのハスラー。仕様によっては納車まで半年近くかかることもあったと言われる人気車です。今回は実際にスズキのお店に行き、試乗してきました。スズキのハスラーの試乗の感想も踏まえて、ハスラーの魅力をお伝えします。
goo自動車&バイク | 13,279 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク