2016年10月14日 更新

「N-BOX/N-BOX Custom」に特別仕様車

ステップワゴンやオデッセイなど、ホンダの定評あるミニバンが凝縮された「N-BOX」。電動スライドドアが標準装備されているだけでなく、低床フロアは広い室内空間で、その空間を活かす実用的な機能が備わっていることが最大の魅力です。今回発表された特別仕様車には、さらなる装備が加えられました。期待が膨らむその内容をご紹介しましょう。

2,238 views

N-BOX/N-BOX Custom の基本情報

広い空間は使い勝手抜群!

「N」シリーズの第一弾モデル「N-BOX(エヌボックス)」は、箱形のミニバンタイプです。標準装備の電動スライドドアの採用や低床フロアは、子どもや高齢者でも、無理なく乗り降りでき、ファミリーユーザーから高い支持を受けています。N-BOXは、「2016年上半期軽自動車販売ランキング」で、堂々の第1位に輝きました。
N BOX G・ターボLパッケージ(ホンダ)2016年8月モデルのスペック・カタログ[10105660] | goo自動車&バイク (56095)

N-BOX Custom(エヌボックス カスタム)とは

「N BOX」の、エアロパーツをセットにした「N-BOX Custom」。「N-BOX」と異なる最大の特徴は、やはりそのデザインでしょう。ライトやフロントグリル、バンパーなど、外観はこだわりのデザインを感じる仕上げです。また内装は黒を基調にまとめられ、ドアハンドルやエアコン送風口などにメッキが入ったスタイリッシュな雰囲気に。男性にも人気が高いことが窺えます。
N BOXカスタム G・ターボLパッケージ(ホンダ)2016年8月モデルのスペック・カタログ[10105667] | goo自動車&バイク (56097)

特別仕様車は人気装備を追加、価格もお買い得

今回発表された特別仕様車は、「N-BOX」と「N-BOX Custom」に人気装備を追加したものです。多彩なカラーリングや、オールブラックの黒のアルミホイール装着車もありますよ!その上、価格もお買い得価格というと、とても気になりますね。

ツートンカラースタイルが選択できます

「N-BOX」と「N-BOX Custom」の特別仕様車では、人気の2トーンカラースタイルが選択できます!別料金が必要な組合せもありますが、自分好みでおしゃれに色を決められるのは嬉しいですね。また、N-BOX特別仕様車は、ボディカラーはもちろん、インテリアカラーを「ベージュ」または「ブラック」から選択できます。
ニュース&トピックス | Honda Cars 横浜 (56146)

チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート

特別仕様車にはすべて、「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート」というのが装備されています。これは、リヤシートが跳ね上がり、後席の背もたれを倒した際、座面が沈み込んで広くなる「チップアップ&ダイブダウン機構」が付いた、スライドするリアシートです。リヤシートのスライドはラゲッジ側からも行うことができ、荷物の量に応じてスペースを確保できるので、とても便利です。

両側パワースライドドア

「N-BOX」と「N-BOX Custom」の特別仕様車には、今回、リヤ(右側)にもパワースライドドアが標準装備されました。これは意外と便利です。案外、リア右側のドアは開ける頻度が結構高いもの。パワースライドドアでない場合は、閉める力が弱いと半ドアになってしまったりしますが、両側だと子供でも簡単に操作が可能なので、買い物で荷物が多い時も助かりますね。

N-BOX G特別仕様車 SSパッケージ、N-BOX G特別仕様車

ディスチャージヘッドライト

今回の、N-BOX G特別仕様車 SSパッケージ、N-BOX G特別仕様車には、「ディスチャージヘッドライト」が装備されています。「ディスチャージヘッドライト」は、従来のハロゲンライトと比較して明るいのが特徴です。電力消費量が少ないと、バッテリーの負担が減る、というメリットがあります。また、明るいので、夜間の運転の際にも安全で、事故防止にもつながりますね。軽自動車ではオプション設定が多いのですが、今回のSSパッケージでは標準装備されています。

オートリトラミラー

「オートリトラミラー」が装備されると、ドアのロックやアンロックに連動して、ドアミラーが自動的に格納したり復帰したりします。「電動格納式」というのもありますが、これはスイッチの操作で、ミラーの格納を行うものです。ドア連動の方が、走り出してもミラーを出すのを忘れて慌ててスイッチを探す、ということもないため安心できますね。ドアをロックをすると、勝手にミラーをたたんでくれるという、便利な優れものです。
「N-BOX」の「G SSパッケージ」「ターボSSパッケージ」「G特別仕様車」の価格は、146万円~175万円となっています(価格はすべて税込)。2トーンカラーは、151万9千円~180万9千円です。

N-BOX Custom特別仕様車

N-BOX Customの特別仕様車では、LEDフォグライトとクロームメッキが装備されています。運転席&助手席シートヒーターや、便利なシートバックテーブルも装備され、細部までハイクオリティにこだわった内装は、標準車とは異なる味わいです。シティブレーキアクティブシステムなどをセットした「あんしんパッケージ」で、安全性も抜群です!
ニュース&トピックス | Honda Cars 横浜 (56148)

「N-BOX Custom」の「SSパッケージ」「ターボSSパッケージ」の価格は、164万5千円~188万円となっています(価格はすべて税込)。2トーンカラーは、170万4千円~193万9千円です。

SSブラックスタイルパッケージ/ターボSSブラックスタイルパッケージ

「N-BOX Custom」専用の特別仕様車として注目したいのは、黒塗装のフロントグリルを装着した「SSブラックスタイルパッケージ」「ターボSSブラックスタイルパッケージ」でしょう。装着した14インチアルミホイール(ターボには15インチを適用)までも「黒」にこだわったこのスタイルは、従来のスタイリッシュな外観をオールブラックにすることで個性をアピール!「N-BOX」のファミリーな感じとは全然異なる、上質でクールな見た目と充実した装備で、ますます男性ファンが増えそうですね。
「N-BOX Custom」の「SSブラックスタイルパッケージ」「ターボSSブラックスタイルパッケージ」の価格は164万5,000円~188万円となっています(価格はすべて税込)。
Honda | 「N-BOX(エヌボックス)/N-BOX Custom(エヌボックス カスタム)」に特別仕様車を設定し発売 (56341)

今回「N-BOX」の小さなボディに、便利で使い勝手がいい軽自動車の利点はそのままに、あれもこれもといった、欲しかった充実の装備が付いた「特別仕様車」ができました。今までの居住性と実用性に、個性もしっかりアピール!気になる車が、また増えたのでは?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホンダ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

ホンダ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

ホンダの250ccクラスおすすめ4タイプを紹介します。初心者からベテランライダーまで、バイクの楽しさを感じられる車種ばかりです。ご自身のスタイルに合ったタイプを探してみてください。
goo自動車&バイク | 1,692 views
20万円以下の【125ccスクーター】中古おすすめ車種!通勤に便利

20万円以下の【125ccスクーター】中古おすすめ車種!通勤に便利

通勤等を楽に行いたいなら、125ccスクーターを買ってみてはいかがでしょうか。 125cc スクーターなら原付よりも速度を出せ、維持費も普通自動二輪より格段に安く済みます。ただ、125ccスクーターを買うにあたってわからないこともたくさんあると思います。そこで今回は免許や維持費、ナンバープレートの色などを解説します。さらに、ホンダ、ヤマハ、スズキの国産3メーカーの中から、本体価格20万円以下で買えるおすすめの中古スクーター4選を紹介します。
goo自動車&バイク | 17,366 views
ホンダN-ONE(エヌワン)の実燃費は? ターボの加速性能や評価まとめ

ホンダN-ONE(エヌワン)の実燃費は? ターボの加速性能や評価まとめ

特徴的なデザインで人気のホンダのN-ONE(エヌワン)を実際にライターが試乗して、グレードごとの走りの違いを比較。気になるN-ONE(エヌワン)ターボの実燃費も調査しました。
goo自動車&バイク | 31,071 views
ホンダの自動ブレーキ搭載車3選 ホンダセンシングの安全度評価は?

ホンダの自動ブレーキ搭載車3選 ホンダセンシングの安全度評価は?

カーナビゲーションシステムをいち早く導入し、ロボット関連や福祉関連の事業にも参入するなど、自社の技術を世の中に還元することを強く意識しているホンダ。ホンダの自動ブレーキシステムやブレーキアシスト機能について、おすすめのホンダ車種と併せてご紹介します。
goo自動車&バイク | 10,780 views
NSXは何位?ホンダの高級車ランキング[セダン・ミニバン]

NSXは何位?ホンダの高級車ランキング[セダン・ミニバン]

ホンダの高級車をセダンからミニバンまで一挙にご紹介します。ホンダが誇る超高級車の新型NSXは何位?
goo自動車&バイク | 11,904 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク