2016年9月30日 更新

日産「GT-R NISMO」17年モデルの価格・スペックは?

日産自動車株式会社は「NISSAN GT-R NISMO 2017年モデル」を、2016年8月25日から発売しました。価格は1870万円と高級で専用装備が充実しています。この記事ではNISSAN GT-R NISMO 2017の価格やスペックをご紹介します。

2,024 views
 (56471)

NISSAN GT-R NISMOとは

日産 GT-Rは2ドア、乗車定員約4名のスポーツカーで、ボディタイプはクーペです。そしてNISMO(はニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は、1994年以来パフォーマンスを追求する車を生み出し、レースの世界で栄光を手にしてきました。GT-R NISMOは両者の伝説とテクノロジーがコラボし、ドライブの喜びとパフォーマンスを極めた車です。ニスモ2017年モデルにはSUPER GT(GT500クラス、2014~2015年)のテクノロジーが生かされています。ピュアエディションなど他のGT-Rグレードと基本的な構造は同じでありながら、エンジン、インテリア、エクステリアなどにおいて、GT-R NISMO専用のパーツを多く採用し、外観やコックピットにおいてNISMOを体感できる車です。

NISSAN GT-R NISMO (2014年4月モデル)

GT-R GT-R ニスモ(日産)2014年4月モデルのスペック・カタログ[10089856] | goo自動車&バイク (55931)

NISSAN GT-R NISMO 2017のスペック

GT-R NISMO (型式:ニッサンDBA-R35)の2017年モデルは乗車定員4名、総排気量3799L、無鉛プレミアムガソリン74Lの四輪駆動車で、この点は他のエディションと同じです。全長4690mm、全幅1895mm、全高1370mmサイズで、車内寸法は1750×1475×1095mmと、2014年4月モデルのGT-R NISMOと同じで、ホイールベース2780mmやトレッドも同様です。タイヤは20インチのアルミホイールで、10~10.5Jの幅が広いリムです。エンジンはVR38DETTで、タービン、燃料ポンプ、リザーバータンクなど専用部品で構成され、NISMO専用にチューニングされています。そしてGR6型デュアルクラッチトランスミッションを採用しているため、2ペダルで操作できます。NISSAN GT-R NISMO 2017の価格は1870万円で、GT-R Pure editionの約996万円など他のGT-Rより高価格です。

NISSAN GT-R NISMO 2017

 (55594)

NISSAN GT-R NISMO 2017のエクステリア

ボディカラーはホワイト、ブラック、グレー、シルバー、レッドの系統があります。艶消しのダークマットグレーはNISMO専用特別塗装色で、その他はコートパール(キズ修復機能をもったスクラッチシールド)、コートメタリック、カラークリアーソリッドのいずれかです。ブラックをメインカラー、レッドをアクセントカラーとするフロントバンパー、サイドシルプロテクター、リアバンパーに囲まれたデザインがスポーティーな印象です。リモコン操作でき格納可能な電動ドアミラーもNISMO専用で、同様の色使いです。そしてNISMOのエンブレムがついています。
 (56474)

NISSAN GT-R NISMO 2017のテクノロジー

剛性が向上したNISMO専用のボンディングボディに加え、レイズ製鋳造のアルミホイール、専用サスペンション、専用スタビライザーを採用しています。フロントバンパー・アンダーカバー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、リアスポイラーなどはNISMO専用カーボンでできています。空気抵抗、ダウンフォース(負の揚力)、冷却性能のバランスをとったフォルムで、フロントグリルやバンパーは空気力学に基づいた形状となっています。たとえばバンパー、アンダーカバー、リアでダウンフォースを発生させ、フロントバンパーサイドの形状によって発生した過流がホイールハウスから冷却風を吸い出す設計です。

NISSAN GT-R NISMO 2017のインテリア

 (56473)

コックピットもNISMO専用素材に囲まれています。NISMO専用カーボンバックシートは、サーキットでコーナーを曲がるときにかかる横向きの大きな負荷に対応できるよう強い仕様です。NISMO専用ステアリングはアルカンターラ(スエード調人工皮革、イタリアALCANTARA社の登録商標)で覆われ、上部に赤色のセンターマークがついています。カーボン製コンビメーター、シフトゲートフィニッシャー、ドライカーボン製トラングリッドはNISMO専用で、コンビメーターには赤いリングがデザインされています。そのほかフロアマットもNISMO専用でロゴがついています。
 (56475)

NISSAN GT-R NISMO 2017はレーシングカーのテクノロジーが反映され、NISMO専用の素材や形状が多く採用されています。エアロダイナミクス、サスペンション、ボディなどに最新技術が投入されています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

日産のセレナは1991年から販売されたミニバンで、大きな室内空間と十分な走行性能を持つ名車として知られています。今では5代目となり、2018年に入って新たなハイブリッドモデル「e-POWER」が追加され、その新鋭モデルはこれまで以上の素晴らしい性能を持っています。では、新たなモデルが追加されたことで、セレナの中古車市場はどうなっているのでしょうか。今回は、これまでのセレナの性能と中古車価格について解説していきます。
goo自動車&バイク | 1,688 views
レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

独特の雰囲気をまとい、今もなお人気がある80~90年代に発売されたパイクカーの紹介と、中古車価格等をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 4,043 views
日産リーフはどこの場所で充電できる?充電料金と距離の目安もチェック!

日産リーフはどこの場所で充電できる?充電料金と距離の目安もチェック!

日産リーフの充電場所や気になる料金、バッテリーの寿命などをご紹介します。「自宅で充電できるのか」という疑問や、電気自動車について初心者の方が中古で購入する際の注意点などもわかりやすく解説していきます。
goo自動車&バイク | 5,806 views
日産の自動運転技術は本当に安全? 事故の可能性は?

日産の自動運転技術は本当に安全? 事故の可能性は?

日産の最先端の自動運転技術をご紹介します。高性能センサーを搭載した自動運転システムのすごさが発揮される日産の最新技術とは?セレナだけでなく、エクストレイルや来年には新型リーフにも搭載予定の「プロパイロット」についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 6,406 views
日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

日産の自動ブレーキ搭載車3選 エマージェンシーブレーキの安全性は?

あらゆる方向からぶつからない車を目指した日産の「エマージェンシーブレーキ」とはどんな機能? 今回は日産の自動ブレーキシステムとおすすめ車種について解説します。
goo自動車&バイク | 5,262 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク