2018年3月19日 更新

ご存知ですか?車の点検にかかる費用と期間

車に乗っている人なら誰でも知っているはずの「点検」にも種類があります。安全・快適なドライブを楽しむために必須な点検の期間や費用など詳しく調査しました。また、初心者でも簡単にできるオイルやバッテリー、タイヤなどのメンテナンスから、少し高度な空気圧やブレーキなどの点検まで、必要な点検項目や内容、方法について解説します。

4,003 views

車の点検っていろいろあるっていうけど…

車を所有している人が受けるべき点検、それが法定点検です。車検と混同してしまう人もいるかもしれませんが、車検の目的は点検ではなく「検査」。車の保安基準で定められている安全対策、公害対策などが行われ、公道を走ってよい状態の車であるかどうかを国が確認し、許可をするものです。
一般的に「法定定期点検」と呼ばれているのは、12カ月ごとに行うもの、24カ月ごとに行うものがあります。これは自家用車の場合で、トラック、バス、タクシーなどには3カ月、6カ月などさらに厳しい基準が設けられています。この他、「日常点検整備」も推奨されていますが、いずれも法的な拘束はありません。行わなくても罰則などはなく、所有者やドライバーの意思に任されています。とはいえ、整備不良が原因で起きた事故も多く、きちんと点検整備をしていれば防ぐことができたと思われるケースも少なくなくありません。安全に運転をするためにも、定期点検はしっかり受けておきたいものです。
thinkstock (68111)

〈定期点検整備〉

一般的な構造・装置の車に関して標準的な使用を前提として定期的に行うべき点検です(以下は一般的な自家用自動車の例です)。

◎定期点検の時期と点検項目数

1年ごと/26項目
2年ごと/56項目

◎点検整備記録簿

点検の結果と整備の概要を記録、保存しておくもので、車の維持管理に役立てる記録簿です。点検整備記録簿を確認すれば、過去の点検整備の記録を確認できますし、消耗部品の交換時期などを判断する材料にもなります。点検整備記録簿は車に備えておくことになっており、一定期間保存することが求められています。

◎定期点検にかかる費用・期間

法定定期点検は自分でもできるので、自分で行えば費用はかかりません。しかし、分解整備が必要になるなど素人にはハードルが高いケースもあります。そんな時はディーラーや自動車修理工場などのプロに任せたほうが安心でしょう。

ディーラーから「法定点検のお知らせ」などが届くと思いますので、利用するとよいと思います。部品交換などがなければ、大体1万円程度が相場です。点検を依頼する場合は、あらかじめ持ち込む日を予約しておくことをお勧めします。混んでいなければその日に完了することが多くなるからです。
thinkstock (68109)

〈日常点検〉

車を常に点検し適正な状態を維持することは運転する人の責任であり、義務と考え、日常点検が推奨されています。日常点検では次の3箇所に大きく分けられています。
1.エンジンルームの確認
2.車のまわりの点検
3.運転席からの点検

◎日常点検の頻度

日常点検は、所有者の自己判断により適切な時期に行うこととされています。乗るたびに行う必要はありませんが、毎日乗る人ならば1週間に1回、半月に1回、毎月1回など自分で決めて、日常的に行っておけば安心です。

初心者ドライバーならまずここをチェック!

車の点検はプロに任せるという人も多いと思いますが、自分でも点検をしてみてはいかがでしょうか。目安として1カ月ごとに行うとよいでしょう。長距離ドライブや高速道路を走る前などにも行えば安心ですし、費用の節約にもなります。
thinkstock (68110)

〈自分でできる点検、チェックポイント〉

慣れてくればとても簡単で、10分程度で終わります。
1-1.ブレーキ装置
ブレーキペダルの踏みしろ、ブレーキの効き具合、ブレーキフルードの量、パーキングブレーキの引きしろを確認します。
1-2.バッテリー液の量
1-3.ラジエーター液の量、エンジンオイルの量、エンジンのかかり具合、低速および加速の状態
1-4.タイヤの空気圧、亀裂や損傷、摩耗など
1-5.前後のライトやランプ類の点滅状態、汚れや損傷
1-6.ウインドウォッシャー液の量、噴射の状態、ワイパーの動作

〈点検のしかた〉

ボンネットを開けて点検
2-1.ペーパータオルを用意し、エンジンオイルの量を点検する
2-2.ラジエーターのリザーバータンクでラジエーター液の量を点検し、不足していたら補充する
2-3.ブレーキフルードの量を点検する(MT車でクラッチフルードを使用している場合も同様に点検する)
2-4.ウインドウォッシャー液の量を点検し、不足していたら補充する

〈ボンネットを閉めて点検〉

3-1.運転席に座りエンジンを始動する。かかり具合や異音などをチェックする
3-2.ワイパーとウインドウォッシャーを同時に作動させて点検する
3-3.ライト類の点灯・点滅を確認する
3-4.タイヤの空気圧、溝の深さ、亀裂や損傷がないかをチェックする
以上に加えて、3~6カ月に1回は次の点検も行うとよいでしょう。
4-1.ATフルードの量
4-2.パワステフルードの量

まとめ

thinkstock (68112)
自分が所有し運転する車だからこそ、日頃からベストコンディションを保っていたいものです。いわば愛車の健康診断。プロに任せれば安心ですが、自分でもできることがたくさんあり、慣れればそれほど難しいことはありません。自分の車がどういう状態にあるのか、その仕組みを知れば、カーライフはもっと楽しくなるはずです。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夫婦のセカンドライフ用に車を買い替えるなら?おすすめの小型中古車

夫婦のセカンドライフ用に車を買い替えるなら?おすすめの小型中古車

子供がいる家庭では、ミニバンをはじめとするファミリーカーを乗る方が多いですよね。しかし子供が独立し夫婦2人になり、車の買い替えを考えている方も多いのではないでしょうか?こちらの記事では夫婦2人乗りにおすすめのコンパクトカーを中心に紹介し中古車情報をお届けします。
goo自動車&バイク | 5,361 views
これで解決!エンジンのかけ始めやアクセル時のキュルキュル音

これで解決!エンジンのかけ始めやアクセル時のキュルキュル音

車からキュルキュル音が聞こえる?それはファンベルトが原因かもしれません。エンジンのかけ始めやアクセルを踏んだとき、エアコンを入れた瞬間にキュルキュル鳴る異音の原因を調べました。キュルキュル音が気になる人は必見です!
goo自動車&バイク | 5,051 views
可愛くて疲れにくい!おすすめのカーシートクッションとは?

可愛くて疲れにくい!おすすめのカーシートクッションとは?

ただ背もたれや座席に置くだけじゃない!かわいくて、長時間の運転でも疲れにくい、人気&おすすめのカーシートクッションを紹介します。
goo自動車&バイク | 3,731 views
車のシート汚れやシミを驚くほどきれいに落とす方法

車のシート汚れやシミを驚くほどきれいに落とす方法

車内でジュースやコーヒーをこぼしてしまったとき、どのように対処していますか?長年乗っていると、いつの間にか汚れやシミがこびりついてしまうことがあります。そこで今回は、自分でできる汚れの落とし方や、シミ抜き業者に依頼した場合の料金の目安も併せてご紹介します。
goo自動車&バイク | 5,438 views
車を探している女性必見!乗っていてかっこいいと思われる車【5選】

車を探している女性必見!乗っていてかっこいいと思われる車【5選】

20代、30代の女性に人気の高いかっこいい車はどれ?女性だからと言って可愛いだけじゃない。軽自動車でも外観がかっこいい車を選びたい女性にピッタリの車5選をご紹介!
goo自動車&バイク | 9,459 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク