2017年12月25日 更新

これがお得な中古車の買い方!中古車購入の手引きや手順について

知って得する中古車の買い方をお伝えします。賢く購入できる流れやローンの組み方、下取りについてもご紹介。交渉時にここだけは気を使てほしいポイントなど、必読です!

1,637 views

中古車を安く買うためには「売る側の心理」を知ろう

一般に商品の値段というのは需要と供給の関係の上で決まっています。そしてそれは車も同じ。ましてや中古車のように在庫と世間の評価が日々上下しているような商品ならば、当然のように日単位で値段が変わってきます。なので中古車を賢く買おうと思ったらまずは販売店、すなわち「売る側の心理」を知り、多少安くてもいいから売ってしまいたい、と思っている時期に商談をかけることが重要になります。

5月

日本において新生活といえば4月。大学進学や入社、転勤など多くの人がこのタイミングで新たな生活をスタートさせます。これに伴い、中古車市場の動きも活発になっていきます。
まず車需要が高くなる2~3月。「新天地で車が必要になった」「心機一転車を買い替えたい」といった理由から車を求める人が多くなります。そしてそんな高需要シーズンが終わると、待っているのが供給過多シーズン。一通りの需要もおさまり、新生活のドタバタで車の購入など考えられなくなる人が出てくるのに対し、2~3月の買い替えで下取りや買取りなどに出された車が大量に市場に出回ります。販売店には在庫が余っている状態です。車というのは他の商品とは比べ物にならないくらい在庫の維持にコストが発生するため、販売店側も「少しくらい安くてもいいから早く在庫を処分してしまいたい」と思うようになります。

連休直後やボーナス前

thinkstock (67407)
販売店としては毎月コンスタントに販売を続けて常にサイクルを回していかなければなりません。そうしなければ在庫が増え続ける一方ですから。つまり消費者があまり買いたがらない時期でも売らなければならないのです。ボーナス直前や大型連休での散財を経てお財布の紐が固くなった消費者の間隙を縫って販売店に赴けば、それなりの値引きが期待できますよ。

月末

販売店に勤める人の営業成績は、月ごとに出ることがほとんどです。だから月末間近はその月のノルマを達成できるかできないかの瀬戸際。営業さんとしてもお店から怒られないぎりぎりまで値を下げてでも売りたいものなのです。この値段なら今月中に決めます!などは殺し文句としてはてきめんでしょう。
これも会社によって違いますが、年次の評価月などには「あと〇台売ったら昇進!」と意気込んでいる営業マンさんもいます。特に後数台のところでお手伝いをすることになると記憶に残り贔屓にしてくれるかもしれませんし、買った側にとってもいつもより気持ち値引きしてくれてラッキーということも。

決算期はそこまで安くはない

たまに「車を買うなら決算期!」と半ば盲目的に信じている人を見かけます。しかし値段は需要と供給の関係で決まるという大前提は、決算期だろうと他の時期だろうと同じ。決算期の一つである3月は、先ほども説明したように何もしなくても車が売れていく状態にあるので販売店もあまり頑張りません。新車ディーラーの場合はメーカーから出る報奨金の関係で他の月よりも安いこともありますが、基本的に中古車販売店が使う決算セールは集客のための名前だけ、と考えておいた方が実際に行ってみたときのショックは少ないです。ただ8月末~9月は大型連休直後ということもあり需要が低くなるので、ねらい目です。

賢く車を買うには手順がある

賢い車の買い方というのは、値段が安くなる時期を知るだけでは不十分。きちんと自分のペースで商談を進められるかというところも同じく重要です。営業さんと話す際に使えるテクニックを、流れに沿って紹介していきます。
thinkstock (67408)
まずはお店に行く前に欲しい車の目星をつけ、情報収集をしておきましょう。これをしてから行かないと相場もわからないまま営業さんの話に乗せられ、かなり高い値段でハンコを押す結果になります。ネットの購入体験談などで大体の相場を把握し、例えば100万円前後の価格なら、そこから10~20万円ほど低い値段を値引き交渉のスタートラインにしましょう。もっともこの値段で商談が成立することはありません。ここから営業さんと購入者
の、歩み寄りという名の交渉が始めるのです。
最初の訪問では、今すぐにでも買いたい!という意思は隠してください。いろいろ販売店を回りながら考えている、という体が肝心です。そうすることでこちらの満足いくまで交渉を行えますし、実際に複数店舗と交渉してみて一番条件のいいところで購入すればいいのですから。
実際に交渉が始まると、営業さんも様々な手段で妥協点を探ってきます。5万安くしてさらにコーティングもさせてもらいます、などなど。これに自分が納得できれば交渉を終わらせましょう。ただ営業さんにはお店の決めた予算というものがあり、それを割るわけにはいかないので当然限界はあります。なので、ただ自分の希望額を主張し続けるだけだと営業さんも諦めてしまいます。その時避けたいのが、最終提示された額は他の店舗ではありえないような望外の値引き額だった……というパターン。そんなことにならないよう、相手の表情などをよく観察しながら交渉を進めることがとても大切です。実際車を購入したらそのアフターフォローも担当営業さんに頼むことになるので、ここでお互いに気持ちのいい関係を作っておくことは意外と重要ですよ。

賢い買い方は、買って終わりではない

車の賢い買い方というのは、決して買う時だけのものではありません。一度車を買うと必ずセットでついてくるのが手放す時。どんな車にだって寿命はあるので当然です。そのため、賢い買い方とはこの車を手放すところまでを想定した買い方になります。例えば乗りつぶすつもりで購入する場合。その時にはとにかく整備状態がしっかりしている車を選びましょう。3年程度の使用を考えているのならまだしも、10年以上に渡って乗り続けたいというのなら、多少値段は張ってもきちんと整備記録のついている車を買ったほうが結果的には安上がりということもあります。
thinkstock (67409)
次はあくまで「つなぎ」として車を買う場合。これには車検の有無が重要です。次の車を購入するまでの車検が残っているかどうかを確認してからでないと、あと一年で買い替えよと思っていたのに途中で車検が来て無駄な出費をしてしまった、ということもあり得ます。
最後に特に決まっていない場合。この買い方が一番多いのではないかと思うのですが、特に決まった車種がないのなら、リセールバリューの高い車を買うことをお勧めします。今ですとSUVなどがその代表格ですね。欲しい車ができたりライフスタイルが変わって車を買い替えようとしたりした際にも、リセールバリューが高ければ元の車を売却したお金を頭金にして次の車選びに臨めるので安定したカーライフを営むことができます。
(まゆきち)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どっちがお得?カーリースと購入のメリット・デメリットを徹底比較!

どっちがお得?カーリースと購入のメリット・デメリットを徹底比較!

車を買いたい、乗り替えたいというとき、頭に浮かぶのは予算や支払いのことでしょう。購入せずにカーリースを利用したほうがよいのか、それとも新車・中古車を問わず購入したほうがよいのか。どちらにもメリット・デメリットがあります。リースか購入か、どちらを選べばよいかの判断基準にもなるので、まずは徹底比較してみました。
goo自動車&バイク | 38 views
これで完璧!冬に多い車のフロントガラスが曇らないマル秘テクニック

これで完璧!冬に多い車のフロントガラスが曇らないマル秘テクニック

寒い季節、車のフロントガラスや窓ガラスが曇るのを何とかしたい!エアコン操作以外にも対策はあるのか。簡単にできる曇り止めの方法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 12,844 views
痛い!冬の時期に車のドアを触ると毎回悩まされる静電気、放電方法や対策を紹介

痛い!冬の時期に車のドアを触ると毎回悩まされる静電気、放電方法や対策を紹介

空気が乾燥する冬になると車のドアに触るのが怖いという人、多いですね。そこで、今回は静電気がなぜ冬に起こるのか、その原因を解説。毎回静電気でビリっとしびれるのを何とかしたい人におすすめの対策や放電方法を併せてご紹介します!
goo自動車&バイク | 2,244 views
なぜ冬の寒い時期にエンジンがかからないの?バッテリーの問題や対処法

なぜ冬の寒い時期にエンジンがかからないの?バッテリーの問題や対処法

冬の寒い時期になぜかエンジンがかかりにくく、セルだけが回る症状が怒ることがあります。こうした事態がなぜ起こってしまうのか?冬だからこそ注意したいバッテリーやプラグの基礎知識をお伝えします。
goo自動車&バイク | 4,287 views
車のバッテリー、もし上がったらどうする?充電器のつなぎ方や操作手順を解説

車のバッテリー、もし上がったらどうする?充電器のつなぎ方や操作手順を解説

もし車のバッテリーが上がったら!?もしもの時に役立つ充電器とコンセントがあれば、一人でも簡単バッテリー充電が可能です。そのつなぎ方と手順を解説します。
goo自動車&バイク | 5,283 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク