ベントレー アルナージ 1999年モデル

ベントレー アルナージ 1999年11月モデル

ベントレーシリーズのなかで、唯一の4ドアモデルがこのアルナージ。VW社の傘下となったベントレー自ら、「the worlds most exhilarating four-door motor car」と称するモデルだ。世界一過酷と言われるル・マン24時間レースの公道ステージ中にある屈指のテクニカルコーナーの名前から、このクルマのネーミングは取られている。本国ではグリーンレーベルとレッドレーベルの2種類のモデルが用意されるが、日本に輸入されるのはレッドレーベルのみとなる。このレッドレーベルに搭載されるエンジンは6747cc V8ユニットをもとに水冷インタークーラー付きターボを装着。405馬力の最高出力と84.7kgmの最高トルクを発生する。組み合わされるミッションは4AT。サスペンションはフロント、リヤともにダブルウイッシュボーンで、スタビライザーが装着される。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、トラクション&スタビリティコントロール、プリテンショナー付きシートベルト等を標準で装着。ステアリングは左右どちらの選択も可能。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
レッドレーベル 6747cc FR 28,800,000円