ベントレー フライングスパー 2016年モデル

ベントレー フライングスパー 2016年9月モデル

ベントレーの4ドアセダンモデルとなった「フライングスパー」。エンジンは、ツインターボW型12気筒6Lで、最高出力は460kW(625馬力)/6000rpm、最大トルクは800Nm、V型8気筒4Lで、最高出力は373kW(507馬力)/6000rpm、最大トルクは660Nmを発揮する2タイプ用意。トランスミッションは8速ATを搭載し、フルタイム4WDと組み合わせる。タイヤサイズは275/45ZR19を用意。今回、「S」を追加し、ベースグレードの価格など改良を行った。左右ハンドル選択可能。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 5998cc FULL4WD 24,350,000円
3992cc FULL4WD 21,000,000円
ベースグレード 3992cc FULL4WD 19,450,000円

ニュース - ベントレー フライングスパー

ベントレーの最新「S」、フライングスパー 新型に設定
ベントレーの最新「S」、フライングスパー 新型に設定
◆グロスブラック仕上げの外装 ◆レザーに「ダイナミカ」を組み合わせたインテリア ◆ベントレーのSモデル初のPHVも選択可能
ベントレー『フライングスパーS』新型、PHVも選べる初のS仕様
ベントレー『フライングスパーS』新型、PHVも選べる初のS仕様
ベントレーは6月13日、新型『フライングスパーS』(Bentley Flying Spur S)を欧州で発表した。ベントレーの「S」モデルで初めて、内...

試乗レポート - ベントレー フライングスパー

【ベントレー フライングスパーV8 新型試乗】V8とW12 この棲み分けが意図するものとは…渡辺敏史
【ベントレー フライングスパーV8 新型試乗】V8とW12 この棲み分けが意図するものとは…渡辺敏史
1950年代の「Sタイプコンチネンタル」をベースとしたスポーツサルーンから名前を戴く『フライングスパー』は、21世紀以降、新しいフェイズを迎えたベント...
【ベントレー フライングスパー 新型試乗】「コンチネンタルGTの4ドア版」からの脱却…大谷達也
【ベントレー フライングスパー 新型試乗】「コンチネンタルGTの4ドア版」からの脱却…大谷達也
◆存在感と華やかさが際立った新型フライングスパー ◆グランドツアラーの血統 ◆ワインディングロードでのパフォーマンスに感銘