BMW 5シリーズ 2021年モデル

BMW 5シリーズ 2021年4月モデル

BMWの伝統あるアッパーミドルレンジ、第7世代目となる「5シリーズ」。ボディバリエーションは、4ドアセダンとツーリングワゴンを用意。ラインアップは、4ドアセダンは「523i」、「523i ラグジュアリー」、「523i Mスポーツ」、2L ターボエンジン搭載の「530i ラグジュアリー」、「530i Mスポーツ」、3Lの「540i xDrive Mスポーツ」、2L 直列4気筒エンジンとプラグイン・ハイブリッド・システムを搭載した「530e Mスポーツ」、「530e Mスポーツ エディションジョイ+」、「530e ラグジュアリー エディションジョイ+」、2L 直列4気筒ディーゼルエンジン搭載の「523d xDrive エディションジョイ+」、「523d xDrive ラグジュアリー エディションジョイ+」、「523d xDrive Mスポーツ エディションジョイ+」、走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルの「M550i xDrive」を設定。ツーリングワゴンには「530iツーリング Mスポーツ」、「540i xDriveツーリング Mスポーツ」、クリーン・ディーゼル・エンジン搭載した「523d xDriveツーリング エディションジョイ+」、「523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+」、「523d xDriveツーリング Mスポーツ エディションジョイ+」を設定。フロント・デザインにおいては、BMW伝統のキドニー・グリルをよりワイドに一体化すると共に立体的な造形にすることで、格式とエレガントさを際立たせた。ヘッドライトのデザインは、L字型のLEDライトを採用することで、BMW伝統の4灯ヘッドライトを表現しながら、モダンかつスポーティなイメージを強調。リヤ・デザインにおいては、BMW伝統のL字型リヤ・コンビネーション・ライトをより立体的な造形とした。高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムを標準装備。さらに、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」をBMW社が国内認可取得モデルとして初めて導入し全モデルに標準装備とした。今回、一部グレードの価格改定を行った。セダンの「530i」は左・右ハンドル選択可能、その他は右ハンドル設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
530iツーリング Mスポーツ 1998cc FR 9,180,000円
530i Mスポーツ 1998cc FR 8,800,000円
523d xDriveツーリング Mスポーツ エディションジョイ+ 1995cc FULL4WD 8,790,000円
530iラグジュアリー 1998cc FR 8,550,000円
530e Mスポーツ エディションジョイ+ 1998cc FR 8,500,000円
523d xDrive Mスポーツ エディションジョイ+ 1995cc FULL4WD 8,410,000円
530e ラグジュアリー エディションジョイ+ 1998cc FR 8,250,000円
523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+ 1995cc FULL4WD 8,240,000円
523i Mスポーツ 1998cc FR 8,070,000円
523d xDrive ラグジュアリー エディションジョイ+ 1995cc FULL4WD 7,860,000円
523iラグジュアリー 1998cc FR 7,520,000円
M550i xDrive 4394cc FULL4WD 13,350,000円
540i xDriveツーリング Mスポーツ 2997cc FULL4WD 11,560,000円
540i xDrive Mスポーツ 2997cc FULL4WD 11,180,000円