BMW X3 2021年モデル

BMW X3 2021年10月モデル

第3世代モデルとなったプレミアムSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)に位置するBMW「X3」。ラインアップは、2L 直列4気筒BMWツインパワー・ガソリン・ターボ・エンジンを搭載した「xDrive20i」、2L 直列4気筒BMWツインパワー・ディーゼル・ターボ・エンジンを搭載した「xDrive20d」、「xDrive20d Mスポーツ」、プラグイン・ハイブリッド・モデル「xDrive 30e Mスポーツ エディションジョイ+」、日本初導入となる高性能3L 直列6気筒M Performanceツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンを搭載した「M40d」、直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載し、0‐100km/h加速は4.8秒を実現するMパフォーマンス・モデルの「M40i」を設定。限定車に、「xDrive20d Mスポーツ」をベースに、都市のナイト・ドライブをコンセプトとした「ミッドナイトエディション」(限定130台)を設定。最高出力184馬力(135kW)/5000rpm、最大トルク300Nm/1350‐4000rpmを発揮する2L 直列4気筒ガソリン・エンジンと、最高出力109馬力(80kW)/3140rpm、最大トルク265Nm/1500rpmを発揮するモーターを搭載し、システム・トータルで最高出力292馬力(215kW)を達成している。電気モーターのみでは、最高速度140km/hまで走行可能で、一充電あたりの航続距離は44kmを実現。安全装備は、アクティブ・クルーズ・コントロールや、ステアリング&レーン・コントロール・アシストを含む運転支援システムである「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備。今回、日本初認可のハンズ・オフ機能等の充実した安全機能・運転支援システムを搭載した。高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムが標準装備となり、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が装備され、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能となっている。エクステリアは、より精悍なフロント・デザイン、リア・デザインに進化。フロントにおいては、BMW特有のキドニー・グリルを左右一体構造にし、よりパワフルな印象とし、空力特性に優れたフロント・バンパーの採用、最新のヘッドライト・デザインを取り入れた。リアにおいては、新規にデザインしたリア・バンパーを採用。併せて、BMW「X3」の発売を記念した限定車「M40d Mスポーツ・エディション」を設定(30台限定)。特別装備として20インチMライトアロイ・ダブルスポーク・スタイリング699ジェットブラック、Mスポーツ・ブレーキ(レッド・キャリパー)等を設定。エクステリアにブラックのアイテム、インテリアには特別なブラック&ブルー・ステッチのスポーツ・シートとMシート・ベルトを採用し、鮮烈な走りをアピールする。ボディカラーは「フローズン・ディープ・グレーマット・ブラック」を設定。全車右ハンドル設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
M40d 2992cc FULL4WD 9,020,000円
M40i 2997cc FULL4WD 8,830,000円
xDrive 30e Mスポーツ エディションジョイ+ 1998cc FULL4WD 8,020,000円
xDrive 20d Mスポーツ 1995cc FULL4WD 7,660,000円
xDrive 20d 1995cc FULL4WD 7,190,000円
xDrive 20i 1998cc FULL4WD 6,990,000円