BMW X6 M 2011年モデル

BMW X6 M 2011年5月モデル

スポーツアクティビティクーペとネーミングされた「X6」。BMW M社が送り出す、そのハイパフォーマンスモデルがBMW「X6 M」となる。「X6」が407馬力の4.4L V8ツインターボと3L 直6エンジンに対して、「X6 M」の4.4L V型8気筒DOHCツインターボエンジンは、最高出力は555馬力を発揮し、6速MスポーツATトランスミッションが組み合わされる。これは、ギヤシフト特性を最適化し高い快適性を実現すると共に、素早いシフトチェンジを可能にし、マニュアルモード時では、シフトチェンジのごくわずかな間に、燃料噴射とイグニッションを停止する革新的なトルク制御機能も実現している。マニュアル操作によるシフトチェンジは、電子制御式ギヤセレクターレバー、あるいはステアリングホイールに装着されたアルミ製のシフトパドルにて行う。また、減速時に無駄に放出されていた運動エネルギーを電力に変換させる「マイクロハイブリッドテクノロジー(ブレーキエネルギー回生システム)」を標準装備することにより環境性能を高めた。今回、利便性を高めるために、これまで4名であった乗車定員を5名に変更し、一部の標準装備の見直しを行った。右/左ハンドル仕様。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 4394cc FULL4WD 14,900,000円