シボレー シボレーカマロ 2010年モデル

シボレー シボレーカマロ 2010年9月モデル

2009年、7年ぶりに待望の復活を果たした「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。全長4,840mm×全幅1,915mmのアメリカンスポーツクーペボディに、3.6L V型6気筒DOHCエンジン(308馬力)と、6.2L V型8気筒OHVエンジン(405馬力)の2機種、ともに6速AT、P245/40R20 & P275/45R20の前後異サイズタイヤ+20インチ(ペインテッド/ポリッシュ)アルミホイールが組み合わされる。ラインアップは3.6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6.2Lを搭載し、フロントグリル・エアスクープ・リアディフューザーなど専用パーツを装備する「SS RS」の2タイプ。今回2011年型として、ドライバーの視線を変えることなく主要計器(速度、外気温、シフトインジケーター、ターンシグナル等を表示)を視認できるヘッドアップディスプレイを装備する他、ボディカラーに新色のレッドジュエル、インペリアルブルーの2色用意するなど変更された。同時に、特別仕様車として「スタイリング・スペシャル」をラインアップ。それぞれのモデルに、ラリーストライプ、フロントグリル、ドアシルプレートといったアイテムを追加装備した。電動サンルーフはオプション設定(120,750円高)、ハンドルは左ハンドルのみ。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
SS RS 6153cc FR 5,350,000円
LT RS 3562cc FR 4,300,000円

試乗レポート - シボレー シボレーカマロ

【シボレーカマロコンバーチブル 試乗】郷愁と現代的エッセンスの融合が新鮮…島崎七生人
【シボレーカマロコンバーチブル 試乗】郷愁と現代的エッセンスの融合が新鮮…島崎七生人
『カマロ』というと、V8エンジンをドロドロといわせ、フードのバルジを運転席と逆位相(!)で揺らしながら走る……そんな往年のイメージをお持ちの方が未だ多...