シボレー シボレーカマロ 2018年モデル

シボレー シボレーカマロ 2018年11月モデル

新たなベンチマークを打ち立てる第6世代新型「シボレー カマロ」。「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げている。ラインアップは、新開発の2Lターボエンジン搭載のクーペ「LT RS」と「コンバーチブル」、および6.2L V8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「SS」の3モデル。8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッションが搭載され、DCTを凌駕する変速スピードながらDCTには無い走り出しと低速のスムーズな繋がりを実現。今回、フロント&リアを刷新し、より洗練されたエクステリアを採用。エアロダイナミクスを細部まで追求したデザインによりパフォーマンスを向上するとともに、力強くエキサイティングなカマロの存在感をさらに際立たせた。周囲をブラックアウトしたレンズがクールなリア外観を演出し、後続車両や街中の歩行者にカマロの存在感を強く印象付ける。また、トップグレードの「カマロSS」は、新開発パドルシフト付10速オートマチックトランスミッションを搭載。より洗練された走行性能を実現し、低速でも優れた加速性能を発揮する。さらに、カマロのパフォーマンスを最大限に発揮する機能として、発進時のエンジン回転数やリアタイヤのスリップ率を選択できるカスタムローンチコントロールや駆動輪のグリップを最大化するバーンアウトに必要なラインロック機能を標準装備している。より進化したテクノロジーとして、新採用のリアカメラミラーは新しいフレームレスデザインに変更し、ズーム/角度調整/明るさ調整の機能がボタン操作で可能な高機能型を搭載(SSのみ)。さらに、ニューカマロ誕生を記念した限定モデル「ローンチエディション」を「LT RS」と「SS」に設定。ヘリテージを象徴する鮮烈なオレンジのエクステリアカラー「クラッシュ」を採用。ブラックカラーのセンターデカールやブラックペインテッドホイールを装備し、ひときわスポーティでパワフルな印象に仕立てている。左ハンドルのみ設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
SS 6153cc FR 6,804,000円
コンバーチブル 1998cc FR 6,156,000円
LT RS 1998cc FR 5,292,000円

試乗レポート - シボレー シボレーカマロ

【シボレーカマロコンバーチブル 試乗】郷愁と現代的エッセンスの融合が新鮮…島崎七生人
【シボレーカマロコンバーチブル 試乗】郷愁と現代的エッセンスの融合が新鮮…島崎七生人
『カマロ』というと、V8エンジンをドロドロといわせ、フードのバルジを運転席と逆位相(!)で揺らしながら走る……そんな往年のイメージをお持ちの方が未だ多...