クライスラー・ジープ ジープ・チェロキー 2008年モデル

クライスラー・ジープ ジープ・チェロキー 2008年6月モデル

ミッドサイズSUVのリーダー的存在である、ジープ・チェロキー。7年振りにフルモデルチェンジされ、フロントマスクには、ジープ象徴の7本縦型スロットグリルが装備され、先代のモデルより全長は20mm小さく、全幅は10mm拡大。にもかかわらず、リアシートのレッグルームは38mm、カーゴエリアは84mm拡大させた。搭載される3.7L SOHC V6ガソリンエンジンは、最高出力は205ps/最大トルク32.0kg-mを発揮。車輪の空転が起きる前にそれを予測し防止する、新開発のセレクトラックIIフルタイムアクティブ4x4システムを採用し、坂道発進や急勾配の下りを補助する新システムのヒルディセントコントロール(HDC)、スムーズな坂道発進とするヒルスタートアシスト(HSA)なども標準装備する。また、メーカーオプションとして新採用されたSky Slider(スカイスライダー)フルオープン・キャンバスルーフは、スイッチの操作で数通りに動かすことができ、前席・後席の乗員にオープンエアの開放感を与える。一方、新デザインのツートーンインストルメントパネル、インストルメントクラスターは4ゲージタイプで、7型WVGAタッチパネルモニターを備えたHDDナビゲーションシステムは、様々な先進テクノロジーをひとつのパッケージに集約した。VICS光・電波ビーコンレシーバーの搭載により、道路状況の最新情報をリアルタイムで収集、またデジタルカメラや携帯電話、MP3プレーヤーなどにストックしている画像や音楽データを読み込み、内蔵ハードディスク保存することも可能。拡大したリアカーゴエリアには、数か所の収納ボックスと、左右のトリムパネルにはカーゴタイダウンループを取付け、荷物を固定することができる。さらに、フロア部中央に配置されたカーペット貼りの蓋の下には、泥の付いたブーツや苗木の箱を入れるのに最適な深さ約10cmの防水収納ボックスが確保されている。安全面では、ERM(エレクトロニック・ロール・ミティゲーション)付きESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)、フロント補助サイドカーテンエアバッグ、フォースリミッタープリテンショナーフロントシートベルトなども標準装備される。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
リミテッド 3700cc FULL4WD 7.1km/l 4,441,500円