シトロエン C3 エアクロス 2021年モデル

シトロエン C3 エアクロス 2021年11月モデル

シトロエンのSUV第2弾「C3 エアクロス」。ラインアップは、1.2L 直列3気筒ターボエンジン搭載の「シャイン」、「シャイン」に、パノラミックサンルーフ、グリップコントロール、17インチアロイホイール(215/50 R17)、マッド&スノータイヤ(スノーフレークマーク付き)搭載の「シャインパッケージ」を設定。電子制御6速オートマチックトランスミッション(EAT6)を組み合わせている。FFでありながらシトロエンのノウハウが生きた先進のトラクションコントロール機能、グリップコントロールにEuro NCAP5つ星獲得の多彩なセーフティ&ドライバーサポートなどを備えている。さらに、アクティブセーフティブレーキ、インテリジェントハイビーム、レーンデパーチャーウォーニング/ドライバーアテンションアラート、ヒルスタートアシスタンス、パークアシストなどいくつもの先進安全支援機能とドライバーサポートなどを装備。特別仕様車は、サーフブランドRIP CURLとコラボレーションした特別仕様車「サーフエディション・バイ・リップカール」と、鮮やかなキャメルカラーのレザーと千鳥格子のファブリックでインテリアをより上質にアップグレードした特別仕様車「キュイール」、「キュイールパッケージ」を設定。今回、各種装備を充実させ新世代ブランドフェイスへとモデルチェンジを行った。エクステリアは、シトロエンのマークであるダブルシェブロンからサイドにV字状に伸びるクロームのラインは上がデイタイムライトへ、下はLEDヘッドライトへと繋がっている。グリルは内部ルーバーの縦方向のラインを強調したデザインとすることによって、よりボンネットの存在感を高めてSUVらしいタフネスを表現。フロントバンパー下部のスキッドプレートをイメージしたバンパーはより直線的なものとなり、こちらもモダンでよりSUV的なものとなっている。インテリアは、クラス最高レベルの乗り心地、座り心地を実現するアドバンストコンフォートシートを採用したほか、インストルメントパネルにシート生地と同じ杢グレー(霜降りグレー)のファブリックを貼り込み、シートと統一された温かみあるインテリアを構成した。ボディカラーは新色「カーキグレー」、「ボルタイックブルー」、「ルージュペッパー」を含む全5色を用意。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
シャインパッケージ 1199cc FF 3,180,000円
シャイン 1199cc FF 2,935,000円