シトロエン C5エアクロス 2021年モデル

シトロエン C5エアクロス 2021年9月モデル

SUVにコンフォート(快適性)という価値を提案する「C5エアクロス」。ラインアップは、クリーンターボディーゼル2L BlueHDiと電子制御8速オートマチックEAT8を組み合わせた「シャイン」、「シャイン ナッパレザーパッケージ」、ガソリンエンジン仕様の「シャイン」、シトロエン初のプラグインハイブリッド仕様「プラグインハイブリッド」を設定。クリーンターボディーゼルは2,000バールの高圧燃料噴射と可変ジオメトリーターボチャージャーの組み合わせで、最高出力130kw(177馬力)、最大トルク400Nmというハイパフォーマンス。ガソリンエンジン仕様に搭載されるエンジンは定評あるPureTech 1.6Lガソリンターボエンジンで、ツインスクロールターボによって低回転域からのハイレスポンスと高いパフォーマンス(180馬力/5500rpm、250Nm/1650rpm)を発揮。電子制御8速オートマチックEAT8は、日本のアイシン・エィ・ダブリュと共同開発のもので、3つのドライブモードが選択可能。とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。「プラグインハイブリッド」は、110馬力の電動モーターを搭載し、システムトータル出力225馬力/360Nm(フランス本社公称値)を発揮。トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチと前述の電動モーターを用いたPHEV専用8速オートマチックe‐EAT8を組み合わせた。安全装備には、ハイウエイドライブアシストやパークアシスト&バックカメラなどを採用。その他、全グレードでLEDヘッドライトを標準装備。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
プラグインハイブリッド 1598cc FF 5,528,000円
シャイン ナッパレザーパッケージ 1997cc FF 4,784,000円
シャイン 1997cc FF 4,412,000円
シャイン 1598cc FF 4,221,000円
シトロエン C5エアクロス 2021年6月モデル

SUVにコンフォート(快適性)という価値を提案する「C5エアクロス」。ラインアップは、クリーンターボディーゼル2L BlueHDiと電子制御8速オートマチックEAT8を組み合わせた「シャイン」、「シャイン ナッパレザーパッケージ」、ガソリンエンジン仕様の「シャイン」を設定。クリーンターボディーゼルは2,000バールの高圧燃料噴射と可変ジオメトリーターボチャージャーの組み合わせで、最高出力130kw(177馬力)、最大トルク400Nmというハイパフォーマンス。ガソリンエンジン仕様に搭載されるエンジンは定評あるPureTech 1.6Lガソリンターボエンジンで、ツインスクロールターボによって低回転域からのハイレスポンスと高いパフォーマンス(180馬力/5500rpm、250Nm/1650rpm)を発揮。電子制御8速オートマチックEAT8は、日本のアイシン・エィ・ダブリュと共同開発のもので、3つのドライブモードが選択可能。とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。安全装備には、ハイウエイドライブアシストやパークアシスト&バックカメラなどを採用。その他、全グレードでLEDヘッドライトの標準装備。今回、シトロエン初のプラグインハイブリッド仕様「プラグインハイブリッド」を追加。ガソリンエンジン仕様の「シャイン」をベースに110馬力の電動モーターを搭載し、システムトータル出力225馬力/360Nm(フランス本社公称値)を発揮。トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチと前述の電動モーターを用いたPHEV専用8速オートマチックe‐EAT8を組み合わせた。また、バッテリーをリアシート下に搭載することで増加するリア荷重に対応するため、リアサスペンションはPHEV用のマルチリンク式にアップグレードした。インテリアでは、ナッパレザーを標準化。エクステリアは、パノラミックサンルーフ&運転席マルチランバーサポート&シートヒーター等のパッケージオプション標準化している。安全装備は、渋滞での完全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシストと前走車との車間距離を保つアクティブクルーズコントロール、さらに車線内の左右任意の位置を保持しながら走行するレーンポジショニングアシストを統合したシステム「ハイウェイドライブアシスト」の他、パークアシスト&バックカメラなどを搭載。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
プラグインハイブリッド 1598cc FF 5,500,000円
シトロエン C5エアクロス 2021年4月モデル

SUVにコンフォート(快適性)という価値を提案する「C5エアクロス」。ラインアップは、クリーンターボディーゼル2L BlueHDiと電子制御8速オートマチックEAT8を組み合わせた「シャイン」、「シャイン ナッパレザーパッケージ」、ガソリンエンジン仕様の「シャイン」を設定。クリーンターボディーゼルは2,000バールの高圧燃料噴射と可変ジオメトリーターボチャージャーの組み合わせで、最高出力130kw(177馬力)、最大トルク400Nmというハイパフォーマンス。ガソリンエンジン仕様に搭載されるエンジンは定評あるPureTech 1.6Lガソリンターボエンジンで、ツインスクロールターボによって低回転域からのハイレスポンスと高いパフォーマンス(180馬力/5500rpm、250Nm/1650rpm)を発揮。電子制御8速オートマチックEAT8は、日本のアイシン・エィ・ダブリュと共同開発のもので、3つのドライブモードが選択可能。とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。「シャイン ナッパレザーパッケージ」には、ナッパレザーシート、フロントシートヒーター、パノラミックサンルーフ(電動メッシュサンシェード付き)などを装備。また、12.3インチデジタルインストルメントパネルのフルデジタルメーター、ダッシュボード中央には8インチタッチスクリーンが配され、エアコン操作、メディア再生、ナビゲーション(オプション)など多彩な情報を指先で直感的にコントロールできる。安全装備には、ハイウエイドライブアシストやパークアシスト&バックカメラなどを採用した。今回、一部改良を行った。全グレードでLEDヘッドライトの標準装備化し、また「シャイン ナッパレザーパッケージ」のシートとトリムカラーをブラウン&ブラックからブラック&ライトグレーに変更。更に、ガソリンエンジンでは、欧州排ガス規制Euro6.3対応のエンジンマネジメントの見直しによりWLTCモードにおいて13.8km/Lから15.0km/Lへと約9%の燃費改善を行った。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
シャイン ナッパレザーパッケージ 1997cc FF 4,760,000円
シャイン 1997cc FF 4,390,000円
シャイン 1598cc FF 4,200,000円