ダイハツ アルティス 2012年モデル

ダイハツ アルティス 2012年9月モデル

トヨタからのOEM供給を受け、ダイハツ初のハイブリッド高級セダン、4代目アルティス(ALTIS)。ラインアップは、2.5L 直列4気筒DOHCにハイブリッドシステムを搭載した「ハイブリッド Gパッケージ」。JC08モードは23.4km/Lの低燃費を達成。大柄なボディは全長4825mm×全幅1825mm、全高1470mm。エクステリアは、ワイド感を強調したアッパーグリルとヘッドランプ、メッキ加飾を施すとともに冷却効率を高めるため開口部を大きくとったアンダーグリルを採用し高級感と先進性を調和させたフロントビュー。リヤ部分には、コーナー部を外側に張り出したリヤバンパー、めっきのガーニッシュによりワイド感と安定感を表現、一目で高級感を印象づける存在感あるセダンスタイルとなっている。今回、クルーズコントロール、リヤプライバシーガラス(スモークガラス)等の快適装備を追加。ボディカラーは、「レッドマイカメタリック」を追加し、全8色となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ハイブリッド Gパッケージ 2493cc FF 3,220,000円
ダイハツ アルティス 2012年5月モデル

ダイハツの高級セダンとなる、4代目アルティス(ALTIS)。今回ダイハツ工業で初のハイブリッドシステムを搭載し復活を果たした。トヨタからOEM供給を受け、ベース車種はカムリとする。ラインアップは、リダクション機構付THSIIを搭載の「ハイブリッド Gパッケージ」。2.5L 直列4気筒DOHCにハイブリッドシステムを搭載したFF車。JC08モードは23.4km/Lの低燃費を達成。大柄なボディは全長4825mm×全幅1825mm、全高1470mm。エクステリアは、ワイド感を強調したアッパーグリルとヘッドランプ、メッキ加飾を施すとともに冷却効率を高めるため開口部を大きくとったアンダーグリルを採用し高級感と先進性を調和させたフロントビュー。リヤ部分には、コーナー部を外側に張り出したリヤバンパー、めっきのガーニッシュによりワイド感と安定感を表現、一目で高級感を印象づける存在感あるセダンスタイルとなっている。また全体的には、ルーフラインやショルダー部のキャラクターラインで前傾姿勢を印象付け、居住性と空力性能を確保しながら躍動感を感じさせる。本革のような質感のソフトパッドをはじめ各所に施した精緻なステッチ加工やサイバーカーボン加飾などにより、上質な本物志向のインテリアを実現。運転席シートのハイトアジャスターおよびチルトアジャスターにより、大柄な男性から小柄な女性まで、より適切なドライビングポジションを確保した。駆動用バッテリーなどをコンパクト化し、ゴルフバック4セットを収納できる440L(VDA法)のトランク容量を備えた。安全面では、衝突時における共存を追求した全方位コンパティビリティボディ構造、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和するため、エンジンフード、フェンダー、カウル部を衝撃吸収構造とした歩行者傷害軽減ボディ、むち打ち傷害軽減フロントシート(WILコンセプトシート)と合計7個のSRSエアバッグシステムを標準装備。ボディカラーは、標準色6色と有償色1色の全7色となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ハイブリッド Gパッケージ 2493cc FF 3,170,000円

ニュース - ダイハツ アルティス

ダイハツ アルティス 改良新型発売、フロントフェイス刷新…4WDを追加設定
ダイハツ アルティス 改良新型発売、フロントフェイス刷新…4WDを追加設定
ダイハツは、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良し、2月1日から販売を開始した。
ダイハツ、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良…ブラインドスポットモニターを標準化
ダイハツ、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良…ブラインドスポットモニターを標準化
ダイハツは、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良し、8月5日から販売を開始した。