ダイハツ アルティス 2020年モデル

ダイハツ アルティス 2020年8月モデル

トヨタからのOEM供給を受け、ダイハツ初のハイブリッド高級セダン、5代目「アルティス(ALTIS)」。新開発の2.5L エンジンを搭載したことで、燃費を大幅に向上させた。新開発のプラットフォームとパワートレーンを採用。エクステリアは低重心フォルムとワイドなスタンスによる、スポーティかつスタイリッシュなデザインへ進化させるとともに、インテリアも上質感を向上させ、広がり感のある空間を実現。また性能と居住性を両立したパッケージを実現し、ドライビングポジションの最適化による視認性の向上や、ハイブリッドシステム用のバッテリーをリヤシート下に配置したことで、ラゲージ容量を拡大。安全装備では、Toyota Safety Senseを採用。低速走行時の不意の衝突を防ぐため、前後方向の障害物を感知し、自動でブレーキをかける「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備し、安全性能を向上。さらに「LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(メッキ加飾・運転席側ワイドビュー・ヒーター付)」を採用し、利便性を向上させた。今回、一部改良を行った。隣接する車線の死角領域の車両を検知し、ドアミラー搭載のLEDインジケーターが点灯する安全機能、ブラインドスポットモニターを標準化し車両の安全性を向上させた。ボディカラーは、「エモーショナルレッドII」を含む全5色を用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2487cc FF 3,652,000円

ニュース - ダイハツ アルティス

ダイハツ アルティス 改良新型発売、フロントフェイス刷新…4WDを追加設定
ダイハツ アルティス 改良新型発売、フロントフェイス刷新…4WDを追加設定
ダイハツは、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良し、2月1日から販売を開始した。
ダイハツ、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良…ブラインドスポットモニターを標準化
ダイハツ、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良…ブラインドスポットモニターを標準化
ダイハツは、ハイブリッドセダン『アルティス』を一部改良し、8月5日から販売を開始した。