ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ
ミライース

新車価格 74~133万円
中古車価格 12124万円
実燃費(※) 22.90km/L(8位/267車種
2011年9月(平成23年9月)~販売中

4.1点(口コミ74件)外観3.6|内観3.3|走行性能4.1|乗り心地3.6|価格4.1|燃費4.3

ダイハツ ミライース 2017年5月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。今回、フルモデルチェンジを行った。バリエーションには、「L」、「L SA III」、「X SA III」、「G SA III」、ビジネス用途向け「B」、「B SA III」を設定。安心な運転に繋がる基本性能を向上させるとともに、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を同車で初めて採用。エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを低減し、エネルギー効率を改善。CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実施。また、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来型車より最大80kgの軽量化を実現し、JC08モード走行燃費で35.2㎞/L(L、L SA III、B、B SA IIIの2WD車)の低燃費を実現。高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的で存在感のあるバンパー造形で「安全・安心感」を表現。新開発のLEDヘッドランプを採用、反射板の最適な配置により、点灯時の輝きを増し、デザイン性を向上した。使い勝手の良い快適装備として、掘込み式インパネドリンクホルダー(運転席、助手席)など、手の届く位置にポケッテリアを充実配置。さらに、バックドアに軽自動車初となる電気スイッチ式バックドアオープナーを採用した。安全装備では、世界最小サイズの高性能なステレオカメラを採用した「スマートアシストIII」の採用により、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現。軽自動車で初めて、フロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーをグレード別に標準装備。ボディカラーは「スカイブルーメタリック」を新たに開発し、全9色を用意。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
658cc FULL4WD 972,000円
L SAIII 658cc FF 939,600円
B SAIII 658cc FF 907,200円
658cc FF 874,800円
658cc FF 842,400円
G SAIII 658cc FULL4WD 1,339,200円
G SAIII 658cc FF 1,209,600円
X SAIII 658cc FULL4WD 1,209,600円
X SAIII 658cc FF 1,080,000円
L SAIII 658cc FULL4WD 1,069,200円
B SAIII 658cc FULL4WD 1,036,800円
658cc FULL4WD 1,004,400円
ダイハツ ミライース 2015年4月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。今回、ダイハツ独自の工法によるカーボン調成型PVCルーフラッピングを採用した2トーンパックを「シャイニングレッド」、「フェスタイエロー」、「パールホワイトⅢ」の3色に設定。さらに、アイドリングストップ再始動条件を変更し、従来の「ブレーキペダルを離す」に加え、「ステアリングを切る」ことでエンジンが再始動。全車に坂道での再発進をサポートする「ヒルホールドシステム」を採用した。また、特別仕様車「XリミテッドSA」、「XfリミテッドSA」を設定。専用のダークメッキグリルや14インチアルミホイールを採用したスタイリッシュな外観に加え、プレミアムシャインブラックのオーディオパネルやブラックシート表皮による落ち着きのあるインテリアとして、内外装の魅力を向上。ボディカラーは、専用色「フェスタイエロー」を用意。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
L SA 658cc FF 966,857円
658cc FF 915,429円
658cc FF 766,286円
Gf SA 658cc FULL4WD 1,316,572円
G SA 658cc FF 1,213,715円
Xf SA 658cc FULL4WD 1,182,857円
Xf 658cc FULL4WD 1,131,429円
X SA 658cc FF 1,080,000円
Lf SA 658cc FULL4WD 1,069,714円
658cc FF 1,028,571円
Lf 658cc FULL4WD 1,018,286円
ダイハツ ミライース 2014年7月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。特別仕様車には、「L スマートセレクションSA」、「X スマートセレクションSA」、「G スマートセレクションSA」、「Lf スマートセレクションSA」、「Xf スマートセレクションSA」、「Gf スマートセレクションSA」を設定。今回、一部改良を行い「イース(e:S)テクノロジー」をさらに進化させ、より一層の低燃費化を実現。パワートレーンの進化として、高圧縮比化、アトキンソンサイクル化、デュアルインジェクタの採用などによる熱効率の向上、エネルギーマネジメントの進化としてエコ発電制御の改良による回生電力の増加などを行いガソリン車トップとなる、JC08モード燃費35.2km/Lの低燃費を2WD車全グレードで実現。また、「X」、「Xf」、「X SA」、「Xf SA」、「G SA」、「Gf SA」、にブラックシート表皮などをセットにした「ブラックインテリアパック」をオプション設定し、上質で落ち着いた室内空間を演出した。ボディカラーは、全10色を用意。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
L SA 658cc FF 966,857円
658cc FF 915,429円
658cc FF 766,286円
Gf SA 658cc FULL4WD 1,316,572円
G SA 658cc FF 1,213,715円
Xf SA 658cc FULL4WD 1,182,857円
Xf 658cc FULL4WD 1,131,429円
X SA 658cc FF 1,080,000円
Lf SA 658cc FULL4WD 1,069,714円
658cc FF 1,028,571円
Lf 658cc FULL4WD 1,018,286円
ダイハツ ミライース 2014年4月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」を用意。また、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。「e:Sテクノロジー」の3大要素である、パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントについてそれぞれ改良を行いガソリン車トップ33.4km/L(2WD車JC08モード)の低燃費を達成。停車前アイドリングストップ時のエンジン再始動の制御を見直すことで、停車前約11km/hからアイドリングストップが可能となった。また、フロントバンパーに「エアロコーナー」と称するデザインを採用。前方からくる風を素早く、スムーズに後方へと流すフロアアンダーカバー(2WDのみ)やタイヤディフレクター、ローダウンサスペンション(2WDのみ)の採用により空気抵抗を低減。4WD車では燃費向上の為、リヤデファレンシャルギヤを改良した。エクステリアは、フロントデザインを一新、特徴的なアッパーグリルが先進感を、ロアグリルの広がりが安定感を演出し、リヤコンビランプのクリアクリスタル化により先進感を表現している。インテリアでは、光沢あるライン加飾を施したブラックのオーディオフェイスや、「G SA」、「Gf SA」に用意されるオーディオパネルのピアノブラック加飾、エアコンパネルのシルバー加飾などブラックとシルバーのコントラストとシート表皮を落ち着いた色合いのグレーとすることで、高い質感を演出。ボディカラーは、「シャイニングレッド」を追加した全10色を用意。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
L SA 658cc FF 966,857円
658cc FF 915,429円
658cc FF 766,286円
Gf SA 658cc FULL4WD 1,316,572円
G SA 658cc FF 1,213,715円
Xf SA 658cc FULL4WD 1,182,857円
Xf 658cc FULL4WD 1,131,429円
X SA 658cc FF 1,080,000円
Lf SA 658cc FULL4WD 1,069,714円
658cc FF 1,028,571円
Lf 658cc FULL4WD 1,018,286円
ダイハツ ミライース 2013年8月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」を用意。今回、「e:Sテクノロジー」をさらに進化し、より一層の低燃費化を達成しながら、さらなる低価格化を実現。また、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。「e:Sテクノロジー」の3大要素である、パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントについてそれぞれ改良を行いガソリン車トップ33.4km/L(2WD車JC08モード)の低燃費を達成。停車前アイドリングストップ時のエンジン再始動の制御を見直すことで、停車前約11km/hからアイドリングストップが可能となった。また、フロントバンパーに「エアロコーナー」と称するデザインを採用。前方からくる風を素早く、スムーズに後方へと流すフロアアンダーカバー(2WDのみ)やタイヤディフレクター、ローダウンサスペンション(2WDのみ)の採用により空気抵抗を低減。4WD車では燃費向上の為、リヤデファレンシャルギヤを改良した。エクステリアは、フロントデザインを一新、特徴的なアッパーグリルが先進感を、ロアグリルの広がりが安定感を演出し、リヤコンビランプのクリアクリスタル化により先進感を表現している。インテリアでは、光沢あるライン加飾を施したブラックのオーディオフェイスや、「G SA」、「Gf SA」に用意されるオーディオパネルのピアノブラック加飾、エアコンパネルのシルバー加飾などブラックとシルバーのコントラストとシート表皮を落ち着いた色合いのグレーとすることで、高い質感を演出。ボディカラーは、「シャイニングレッド」を追加した全10色を用意。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Lf 658cc FULL4WD 990,000円
L SA 658cc FF 940,000円
658cc FF 890,000円
658cc FF 745,000円
Gf SA 658cc FULL4WD 1,280,000円
G SA 658cc FF 1,180,000円
Xf SA 658cc FULL4WD 1,150,000円
Xf 658cc FULL4WD 1,100,000円
X SA 658cc FF 1,050,000円
Lf SA 658cc FULL4WD 1,040,000円
658cc FF 1,000,000円
ダイハツ ミライース 2012年5月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミラe:S(イース)」。電子スロットルによるエンジンとCVTの協調制御を採用。バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「G」、「Xf」、「Gf」を用意。さらに今回の一部改良では、4WD車に新グレード「Lf」を追加し、100万円を切る価格設定としている。さらに「G」、「Gf」に、後席ヘッドレストを標準装備し、その他のグレードもディーラーオプションを設定可能とした。その他、ヘッドランプのデザインを一部変更、リヤコンビランプの彩度も向上させた。ボディカラーは、全8色を設定。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
658cc FF 32.0km/l 995,000円
Lf 658cc FULL4WD 30.0km/l 995,000円
658cc FF 32.0km/l 895,000円
658cc FF 32.0km/l 795,000円
Gf 658cc FULL4WD 30.0km/l 1,220,000円
658cc FF 32.0km/l 1,120,000円
Xf 658cc FULL4WD 30.0km/l 1,095,000円
ダイハツ ミライース 2011年9月モデル

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミラe:S(イース)」。電子スロットルによるエンジンとCVTの協調制御を採用。バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「G」、「Xf」、「Gf」を用意。パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントの観点から、既存技術を徹底的に磨き上げ、エネルギー効率の最大化を図った新開発「e:Sテクノロジー」の採用により、ガソリン車トップの低燃費を実現。世界初の「停車前アイドリングストップ機能」を装備。従来では完全停止と同時にアイドリングストップする仕様だったが、同機能ではブレーキを踏みながら車速が7km/h以下になるとエンジンが停止する。またeco IDLEによりエンジンを停止している時間やその積算時間、平均燃費などを表示するマルチインフォメーションディスプレイを採用。また、安全性や快適な乗り心地に必要なボディ剛性の維持を前提としたシェルボディの骨格合理化による軽量化、CVTケースの薄肉化や、オイルポンプカバーおよびプラネタリキャリアのアルミ化、セカンダリーセンシングギアとピストンの一体成型化などにより、アイドリングストップ用CVTユニットの軽量化を実現。フロントは、バンパーとフードを大きくラウンドさせ、空気抵抗を低減しながら、彫りの深い立体的にし、リヤは、バンパーのサイド部にエアロコーナー型のデザインを採用することで空気抵抗を低減。葉っぱをモチーフにしたデザインのe:S専用エンブレムやLEDのリヤコンビネーションランプで、エコロジー性や先進性を演出している。丸みのあるシンプルな形状のシートには、肌触りの良く上品なベージュのシート表皮を採用。さらに、先進性を感じさせる自発光式デジタルメーターや金属調のフラッシュパネルを採用したオーディオ(Dを除く全車に標準装備)が装備される。カラーバリエーションには、クリーンで親しみやすさを表現した新色2色を含む、全8色を設定。

ダイハツミライースの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
658cc FF 32.0km/l 995,000円
658cc FF 32.0km/l 895,000円
658cc FF 32.0km/l 795,000円
Gf 658cc FULL4WD 30.0km/l 1,220,000円
658cc FF 32.0km/l 1,120,000円
Xf 658cc FULL4WD 30.0km/l 1,095,000円

※直近90日以内の燃費データより集計。EV、PHV/PHEV、FCVを除く

ニュース - ダイハツ ミライース

【ダイハツ ミライース 新型】クラスで5番目くらいの人をどうやって目立たせるか‥‥エクステリアデザイナーインタビュー
【ダイハツ ミライース 新型】クラスで5番目くらいの人をどうやって目立たせるか‥‥エクステリアデザイナーインタビュー
ダイハツ『ミライース』がフルモデルチェンジし、2代目に進化した。そのエクステリアデザインは、先代よりも安全・安心感を強調し、フロント部分をしっかりと見...
【ダイハツ ミライース 新型】発売1か月で2万台を受注…月販目標の2倍超
【ダイハツ ミライース 新型】発売1か月で2万台を受注…月販目標の2倍超
ダイハツは、5月9日にフルモデルチェンジして発売した軽乗用車『ミラ イース』の累計受注台数が、発売後1か月で月販目標9000台の2倍を上回る約2万台と...

試乗レポート - ダイハツ ミライース

【ダイハツ ミライース 試乗】真面目が走っているようなクルマ!?…島崎七生人
【ダイハツ ミライース 試乗】真面目が走っているようなクルマ!?…島崎七生人
『ミライース』としては初のフルチェンジ。新プラットフォーム“DNGA”の第一弾で、最大約80kgの軽量化をはじめ、もちろんすべてが新しい。
【ダイハツ ミライース 試乗】真打ちは「ミラ」なのか、DNGAの“次”に期待…中村孝仁
【ダイハツ ミライース 試乗】真打ちは「ミラ」なのか、DNGAの“次”に期待…中村孝仁
ダイハツ『ミライース』が新しくなった。とはいってもこれ、現実的なフルチェンジのモデルではないような気がする。コンセプトにもある「超深化エコ&スマート」...