ダイハツ タフト 2022年モデル

ダイハツ タフト 2022年9月モデル

DNGA第3弾となる、新型軽クロスオーバー「タフト」。「Tough&Almighty Fun Tool」幅広い年代のアクティブ志向層をターゲットに、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発。アウトドアでの使い勝手を重視するユーザーだけでなく、自分らしさの表現にアクティブなイメージや見た目を重視するユーザーにも応えられる商品を目指した。ラインアップは、「G」、「X」、「Gターボ」、「Xターボ」を設定。それぞれ2駆動、4駆動を用意。エクステリアデザインでは、スクエアボディと高い最低地上高、大径タイヤ等により、SUVらしいタフさや力強さを表現するとともに、前席上には大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。また新しいパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」を採用し、ワクワク感あるデザインと多彩な収容スペースのある前席「クルースペース」と、自由自在にアレンジ可能な後部フレキシブルスペース」により、日常からレジャーまでアクティブに活躍できるモデルとした。安全・安心面では、予防安全機能「スマートアシスト」を進化させ、全車標準装備とした。新開発のステレオカメラを採用し、衝突回避支援ブレーキ機能の対応速度を引き上げるとともに、夜間の歩行者検知を実現。またダイハツ初の「電動パーキングブレーキ」を採用するなど、安全・安心性能を向上させた。また、特別仕様車には、「G」、「Gターボ」をベースとした「Gターボ クロムベンチャー」、「G クロムベンチャー」を設定。エクステリアのメッキ加飾に加え、インテリアのアクセントカラーをダークシルバーとすることで、アクティブ感に上質感を加えた。今回、よりタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾を施した特別仕様車「G ダーククロム ベンチャー」、「Gターボ ダーククロム ベンチャー」を新たに設定。併せてベース車にも一部商品改良を行った。また、アースカラーに新たなセラミックグリーンメタリックと力強さを感じるクロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色をベース車も含め追加設定。他にも、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど利便性も向上。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gターボ 658cc FULL4WD 1,732,500円
658cc FULL4WD 1,611,500円
Gターボ 658cc FF 1,606,000円
Xターボ 658cc FULL4WD 1,567,500円
658cc FF 1,485,000円
658cc FULL4WD 1,479,500円
Xターボ 658cc FF 1,441,000円
658cc FF 1,353,000円

ニュース - ダイハツ タフト

ダークブラックで軽クロスオーバーSUV『タフト』の魅力を引き立てる!…東京オートサロン2023[詳細画像]
ダークブラックで軽クロスオーバーSUV『タフト』の魅力を引き立てる!…東京オートサロン2023[詳細画像]
ダイハツが東京オートサロンに出品した『タフト ダーククロームベンチャー』。軽クロスオーバーSUV、タフトの魅力を高めた特別仕様車だ。
ダイハツ、タフトなど8車種34万台をリコール…電動パーキングブレーキ解除不能のおそれ
ダイハツ、タフトなど8車種34万台をリコール…電動パーキングブレーキ解除不能のおそれ
ダイハツは1月19日、『タフト』など8車種34万台について、電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償...

試乗レポート - ダイハツ タフト

【ダイハツ タフト 600km試乗】日常の実用性はバッサリ、だけど遊びグルマとしてイケている
【ダイハツ タフト 600km試乗】日常の実用性はバッサリ、だけど遊びグルマとしてイケている
ダイハツの軽クロスオーバーSUV『タフト』で600kmほどツーリングを行ってみたのでインプレッションをお届けする。
【ダイハツ タフト 新型試乗】ハスラーとの競争を巧みに避けた実力車…渡辺陽一郎
【ダイハツ タフト 新型試乗】ハスラーとの競争を巧みに避けた実力車…渡辺陽一郎
ダイハツ『タフト』は全高が1600mmを上まわるSUV感覚の軽自動車だ。スズキ『ハスラー』と外観や商品の性格が似ている。